Notes

杉村徹さん スツール online shop掲載いたしました。

梅雨入りでしょうか。
湿気には弱いですが、落ち着いた日々の雰囲気はとても好きです。
元々、家の中がとても好きだからですね。

さて、すこし前ですが、
杉村徹さんのスツールをお取扱いさせていただくことになり、
受注生産ですが、online shopからお求めいただけるようになりました。こちらです(写真同じで‥すみません!)☆彡


木の素朴なところと、
丁寧な手仕事のバランス、沢山つまっております。

座面は一枚板、
中央を削りおしりがおさまりやすいです。腿裏の当たる場所も緩やかに…→ここが一番ですね。
太い血管ありますので、すこしでもしびれにくくです。

裏面はこのように、

どこからでも持ちやすく削られております。
スツールは移動多いですしね。

樹種は3兄弟、
こちらはクリ材、

爽やかな山吹系です。
脚の接合部は目みたいで、表情あります。

こちらはクルミ材、

色素を沢山持っていますので、表情にグラデュエーションが生まれます。

最後はサクラ材。

一番華やかで、元気を感じる木ですね。
なんとなく女の子?のイメージあります。

表面は斜めに削りが入り、滑りにくくなっています。
脚は共通でメープル材。硬く強度があるので補強なしてすっきりですね。

いろんなところに、杉村さんの優しさが垣間見えてきます。

たまには木を添えて…


座面はフラットではありませんが、鉢なども置けちゃいます。使っていないときもインテリアとして、その佇まいもお楽しみ頂けましたら幸いです。


それでは、梅雨、夏、台風とお家インテリアで快適に乗り越えましょう。

お便り。

一通のお便りが届きました。

そのメッセージに、
心が癒されてゆきます。

ひとつのもので幸せを感じて頂けましたら、最上の喜びです。

I様、どうぞ末永く暮らしにお供させてください。

2018 6月 open day

まもなく梅雨ですね。
なんとなく我が家は大掃除をここでしています。
すっきりしたい…という本能があるのでしょうか。

今年の梅雨はロシアに注目。
そう、サッカーW杯がまもなく開催となります。
楽しみでなりません。きっと寝不足になりますが、もちろん仕事はきっちりです。

さて、6月の定休日はこちらとなります。
29日より個展がありますので、すこしだけイレギュラーとなります。


最近は体調を崩されたり、
というお話もよく耳にいたしますので
皆様、どうかお体気を付けてください。


個展はきっと皆さんお好きな方です。
また告知いたしますので、どうかお楽しみに…。

5.31 21時~ online shop 更新のお知らせ

皆さんこんにちは。
新緑から初夏をかんじるようになりました。

心地よい日はとても貴重ですね。
でもこの時期は自然から活力を感じるのでとても好きです。

さて、約1か月ぶりとなりましたが、
5/31(木)21時~よりonline shopを更新いたします。こちらです☆彡

今回も沢山のつくり手さんが集まっておりますので
ご紹介してゆきますね。

〝ふるいともかずさん 筒挿し〟


殆ど箱棚の写真ですが…
そうなのです、
今回筒挿しは
・チェリー
・ウォールナット
の2点のみで、数量も僅かとなっております。

ふるいさんは棚板のご注文も多く、製作にお時間を頂戴しています。

さて、続いては
〝森井隆介 一輪挿し〟

すこしボテッとしてる姿が人気です。
安定感もありますし、チェリー材はグリーンやどの色もよく合います。

試験管付き、
プチギフトにもいいですね。

〝酒井桂一さん カトラリー/丸盆〟

光を当てすぎて、すこし艶っとしていますが…
実際はマッドな仕上がりです。

左から、
黒、白、生漆(漆本来の色)
サクラです。

アイテムページにも記載有りますが、
スプーンは平ら系なのでご飯ものに向いています。
オーバル型珍しいです。おちょぼぐちの私はとてもしっくりきます。

中々カトラリーがここまで揃うことは少ないので、
ごゆっくりお選びいただます。

こちらはクリ材の丸盆。

仕上げに植物の灰成分をオイルにまぜて、
雰囲気をつくっています。(元々はもう少し明るいです。)

美しい木目、
個性ある木目、
今回は4点ですが、すべて画像入りです。
どうぞお好みとの出会いをお楽しみください。

〝杉村 徹さん 木皿〟

今回沢山つくってくださいました。


すべて一枚板です。
角皿、長皿、ボウル系もございます。

木の器にとって、
一番は〝木目〟が命だと思います。

自然の生き様が、
そのままデザインとなっていて、
杉村さんはその表情をとても大切にされています。
1点ものですので、一枚ずつ掲載いたします。

また、フォルムもシンメトリーではなく、
独自のフォルムのものもございます。

元々自然界には均等、という形は存在しないので、
よりナチュラルな雰囲気を感じられるかもしれません。

一部ご紹介いたします。
クルミの大皿、

板目(右側のたけのこのような杢)、
柾目(左側、まっすぐに近い杢)、
2つの表情がバランスよく、
その流れが美しいですね。

こちチェリー材のボウル。


さりげなく彫り跡があり、
光源によって食材を映えさせてくれます。

まるで、食べることの大切さを
語っているようにも感じますし、
活力を分けてくれることもあります。(主観です…元気になるので笑)

※杉村さんの器は、独自のオイルブレンド。
コーティングもすこしはいっておりますので、染みなどできません。
上品ですが、ご遠慮なくお使いいただけます。

さて、長くなってまいりましたね( ^^)

つづいては、
〝會田 竜也さん 茶筒/茶匙〟


非常に緻密なつくりの茶筒。
開封時はすーっと滑らかです。

今回は、
サクラ
クルミ
ウォールナット材でご用意しております。

また、茶さじも10数点入荷となりました。

ちいさいですが、薄いですし形もつくるの大変そうです。

毎日使える道具ですので、
お茶好きの皆さまには特におすすめです。

お伝えしたいことは山のようにありますが、
掻い摘みましてのご紹介でした。

ご覧頂いて、木や手仕事から何か感じるものがあるといいです。

それでは、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

また店頭でもご覧いただけますし、
ご質問などもお気軽にお声がけください、、!

無垢材デスク ご納品。

群馬県I様邸へ、
ご注文いただいておりましたデスクシェルフをお届けいたしました。

ウォールナット無垢材、
リラックスできるパーソナルスペースとなれば嬉しい限りです。


お仕事柄、普段忙しいI様にとって、
ささっと本を取り出せることやお気に入りのチェアのサイズに合わせてカスタム。

家具は昔から、一度置くとほぼfixしますから
細やかなところまで調整してつくることが、理想ですね。

配線穴も◎


ぜひ末永くご愛用いただけるといいです。

ふるいともかずさん。

先日ご納品いたしました、クリ材のベンチ。
制作は京都に工房を構える木工作家〝ふるいともかず〟さん。

普段は木の器、棚などがメインですが、
今回はベンチの制作をお願いいたしました。


天板は奥行に合わせて2枚矧ぎ。
手に収まるほどの豆鉋をつかい、
斜めに彫り跡をいれることで、座った時にすべりにくくなっています。

また、木目も立体的に感じ、
光によって、
例えば朝や夜など時間によって、
その表情が変わって見えるのも特徴です。


それにしてもふるいさんの手からは
とても貫禄を感じますね。

多くの方を幸せにする木工作家の手、憧れてしまいます。

せっかくの毎日ですから、
ふるいさんのような作家さんのつくるものをおすすめしてゆきたいと思います。

木のマグカップ入荷  /  5月お休みのお知らせ

長野県上田市より、
藤野 智朗さん制作のクルミのマグカップ、そば猪口カップが入荷となりました。

愛くるしいフォルムと、
手彫りならではの佇まい、持ちやすさ、
ひとつのカップに沢山のものが詰まっています。

珈琲好きの方にはとくにおすすめです◎

さて、2018年5月のお休みは以下の通りとなります。
1(火)、8(火)、9(水)、15(火)、16(水)
22(火)、25(金)、26(土)、30(水)

毎年5月の気温が上がってきていますね、
どうか皆さま体調などお気を付けくださいませ。

杉村 徹さん 〝棚板〟展示いたしました。

木工作家 杉村 徹さん制作の〝棚板〟が数点入荷いたしました。
この業界ではキャリアも長く、私たちにとってはレジェンド的な存在で、お取扱いできることに感謝しています。
といいましても、とても温和で優しい方です。

svaleのような、まだ3,4年のお店にも快くお受けくださいました。
杉村さんのような歳の取り方をしたい‥。そう思うほどでした。

さて、棚板はこちら。
1点もので、ほんの一部ですが高さや長さがすべてかわります。
たった2本のピンで簡単にとりつけています。


棚板の場所はすこし光足らずで‥いやいや技術不足で写真まだまだですが、本当に素敵なディテールなのです。

ぜひこちらもご覧いただけましたら幸いです。

4/28より展示いたします。

白樺のかご 追加便。

北海道、真心のかごさん制作の〝白樺かご〟
樹皮を採取し、丁寧に編みこまれたかご達です。

今回は少量といいますか、前回間に合わなかったものを仕上げていただきました。
つくり手の真弓さんは、ひとつひとつに拘り手間を惜しまない情熱を持った方。
かごを通して、何かを感じて頂けたら嬉しい限りです。


今回は、ワンハンドルかごがメインとなります。キレイなアーチ型、手にもしっくり馴染みます。

佇まいもいいですね。
人気の流木かごも2点ございます。小さい方は、カトラリー入れにピッタリ。おさまりよく、取りやすい。持ち運びにも便利。

4/28より店頭へ、
在庫次第で5/2 online shopへ掲載予定です。

GWは天気もほぼほぼ良いみたいで‥気持ちの良いお出かけができるといいですね。

ご来店こころよりお待ちしております。

無垢材ベンチ、ご納品。

F様邸ご新居へ、
ふるいともかずさん制作のベンチをご納品させていただきました。

約1年以上前からご思案いただき、
お持ちのテーブルに合わせて‥とお選びいただきました。
といいましても、クリ材の実物もなく、サイズもカスタムでしたので、
きっと到着までドキドキされていたのではと‥。


そしてご新居の完成に合わせて、
(すこし遅れてしまいましたが‥)無事ご納品。

光あふれる素敵なダイニングへ
お仲間入り。早速馴染んでいる姿にこちらまでホッとしてしまいます。

ここで家族の幸せな時間が溢れます。

ぜひF様の食卓を支えるベンチとして
活躍を願っています。

F様、お引っ越しの最中お写真を頂きましてありがとうございました。


gw限定入荷 〝木の器 カトラリー展〟

1か月前と比べると随分暖かくなりましたね。
gwお出かけの方も多いのではないでしょうか、、

さて、conoguさん(静岡県浜松市)制作の木の器、カトラリーが期間限定で入荷となります。
今回は個展でなく、色んな作品とともにご覧いただけます。

■店頭:4/28(土)~5/6(日)
■web:5/2(水)21時~  *conoguさんのものは6日まで掲載いたします。


<conoguさん制作アイテム>
・木皿(角、丸、大中小)
・スプーン、フォーク
・リム皿
・カッティングボード
・白漆丸盆
・漆のトレイ、ボウル

<入荷予想ラインナップ> 
・conogu 木皿、カトラリー、丸盆、漆器
・管原博之 花カベ
・酒井桂一 クリの丸盆
・真心のかご 白樺かご
・奥野健一 シェーカーボックス(ハンドルのみ)
・杉村 徹 クルミの手彫りスツール
・svale furniture  オリジナルボード

多少変わる可能性ございますが‥
皆さん制作頑張ってくれています。店頭でもwebでも、どうぞお気軽にご覧くださいませ。

gift wrapping

ご友人、ご家族へ、
感謝の気持ちを木と共に‥
以前からしておりましたが、ギフトラッピングをはじめました。

5種類のデザイン箱は竹内紙器さんにお願いして制作、、
プチギフトの袋は妻がてづくりしています。
詳細はこちらへ

ちょっとした贈り物に。
木や職人のてづくりしたものが、お相手の心へ届くといいです。

杉村 徹さん お取扱いはじまりました。

私にとってはとても憧れな存在の木工作家、杉村 徹さん。
スツールやベンチ、木の器や棚板などお取扱いをさせて
いただくこととなりました。

先日もお会いしましたが、物腰の柔らかな素敵なつくりてさんです。
ものを通してもその優しさを感じていただけます。


W900のちいさなベンチやスツール、
樹種・サイズ・高さ、など様々です。
脚のみメープル材となりますが、これは脚を補足しても強度が保てるからですね。

厳しい寒さに耐えた堅いメープル材の適材適所です。




座面は様々な工夫が詰まっています。
座った時に当たる場所、持ち上げた時の手の感触など‥

写真だけのお伝えではと思い、また数量も限定ゆえ今回は店頭のみにてご提供させていただきます。

ご興味ございましたら、どうぞおかけくださいませ。

 

椅子、展示再入荷いたしました。

2018.4.7
春の南風、看板が飛んでしまうほど風が強いですね。

さて、スヴェイルオリジナル椅子LK-14、
数㎝、確度や背板など全体の微調整を経て、岐阜の職人よりお店へ到着いたしました。

細やかなことを積み重ねた集合体。
常に進化しながら、ひとつの歴史が生まれていくような感覚です。

数か月、職人石川さんいつもありがとう。

店内にて、オーク材・チェリー材をご用意しております。

お気軽にお試しいただけましたら幸いです。

サイドテーブルご納品。

2018年も3か月が過ぎました。
サクラの開花も早かったですね、、個人的には新緑の5月が一年でいちばん好きです。

さて、先日ご納品したウォールナット材のサイドテーブル。
もちろん無垢材、工房にての一枚です。


何度かご紹介しています、キャスターつきのものです。
3人とも似ておりますが、いちばん左はリモコン置きの棚板をいれたオーダーものです。

移動も楽でとても使いやすく、リビングでは特に重宝いたします。

皆さんの使い勝手、ご用途に合わせてオーダーも可能です。その分お時間はいただきます、、

定番サイズはたまに在庫ございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018 4月休日のお知らせ

いつもギリギリのお伝えで恐縮ですが、
4月の休日は以下の通りです。

3(火)、4(水)、8(日★)、11(水)
17(火)、18(水)、24(火)、25(水)

とさせていただきます。
一度だけ8日の日曜日お休みいたしますので、
どうぞお気を付けくださいませ。

今後、instagramではプロフィールに毎月更新いたしますので、
そちらもご参照ください。

3/30 online shop追加掲載、
白樺のかご


〝酒井桂一 クリ盆&漆のカトラリー〟
腕さらにあがっていますね、さすが酒井さん。いい道具をいつも送ってくださいます。

 

3/30 online shop 更新のお知らせ

2018.3.28
思った以上に暖かい日々が続き、さくらが満開となりましたね。
まだ見に行けていませんが、桜並木などが通勤中にいくつもあって
やはり癒しの存在だなぁ、と感じます。

さて、何回かお伝えしております通り、
3/30 20時より online shop を更新いたします。こちらです

いつもざっくりとですが、ご紹介してゆきます。

〝ヤマザクラ 木のトレイ〟ふじい製作所さん



木のものは木目を見るのは楽しいですね。ヤマザクラ、滑らかで堅い木ですから淵が薄くても大丈夫です。ひとり膳のようにも◎

〝コーヒーキャニスター〟ふじ製作所さん


人気のキャニスター、
コーヒー豆や茶葉、などお好みでお使いいただけます。
サイズは左から、
S:約150g オーク
M:約200g  ウォールナット
L:約250g    ヤマザクラ
となります。
収納g数は目安です。

〝豆皿、菓子切〟ふじい製作所

淵は白漆でアクセントとなっています、、
ちょっとしたところで印象変わりますね。
サクラの菓子切りもいい感じです。コクタンもあります。

こちらは豆ボウル。

左から、
黒漆、
サクラ、
白漆、
どれも食材が映えます。軽くてスッキリの仕上げです。

〝白漆丸盆〟 conogu 湯浅ロベルト淳さん
静岡県浜松市から届きました。


φ270、ひとり膳でもよいのですが、細やかな豆皿達をまとめるのに重宝します。
ささっとまとめて運べて‥時短です笑。
我が家もほぼ毎日このような使い方をしています。

白漆は食材も映えていいですね◎陶器の器を沢山お持ちの方にもおすすめです。

〝丸型 お弁当箱〟ふじい製作所さん〟


黒漆、と白漆(右)、
ひとつの木を刳り貫き、安心の漆仕上げです。蓋のおさまりもよくお弁当箱の中では最高のものではないかと‥。

結構はいります、
内容量約400gです。漆はシミもできず、洗うのも通常通りもちろんOKです。

〝最後はハンドルボード〟 スヴェイルオリジナルものです。
毎日遠慮なく使えるもの、
としてお使いいただけましたら幸いです。


ハンドルは使い始めにサッと持てるところが便利です。

ケーキやピザなどのカットはもちろん、傷がついてもおかまいなし!
(そうはいってもはじめは気になりますね)

そんな方にはおにぎりプレート。

パンでも器やお鍋でもなんでも載せてくださいね。
木は使い込んだ方が愛着度増しやすいです。

まっすぐも使いやすいです。


最近好きになったラム肉。
そう、キレイというよりも日々ご遠慮なくがいちばんです。

〝リネン キッチンクロス〟Lino e Linaさん

今回撮影で敷いていたのはすべてキッチンクロス。
もちろん、洗った後に拭くものとしてもお使いいただけます。
柔らかく速乾性のあるリネンはマストですね。

他にもいくつか到着予定です。
それにしてもブログが告知ばかりで恐縮です‥笑、

ではでは、どうぞご興味ございましたらご覧ください。

最後に、

〝3周年記念モデル〟
気まぐれ店主の定番ものとなります。


毎日ホリホリしていますが、
なんとも楽しませて頂いております。

皆様の暮らしにそっと役立てるよう準備、準備をすすめております。



おかげさまで3周年。

2015年、3月19日お店をオープンいたしましたが、
おかげさまで満3歳、4年目を迎えることとなりました。

皆さんと、
つくりてさんと、
随分多くの方とお話しさせて頂きました。
木が好きな方は優しい方しかおらず、沢山助けられて今があります。

まだまだではありますが、
今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、3周年記念モデルとして、
スヴェイルオリジナルのカッティングボードが、まもなくデビューいたします!
気まぐれ店主の定番ものとなります。



御祝いに頂いたバームクーヘンを添えて。

色々と使ってみましたが、
とても良い感じです。
それもそのはず、随分沢山の方にヒアリングさせて頂きつくり手さんからもご指導いただきたどり着きました。

 


皆さんのお力を形に変えて‥
ありがとうございます。

デビュー間近、もう少々お待ちください。

白樺かご 入荷販売のお知らせ

はるばる北海道より、
〝真心のかご〟さんがつくってくださった白樺のかご達が到着いたしました。

3/28(水)より店頭にて、
その後一部を3/30(金)20時より online shop更新時に掲載予定です。

大自然の北海道、
まもなく冬を超えて春の到着ですね。
厳しい寒さのあとだからこそ、春の心地よさは格別に感じそうです。




さて、白樺の樹皮が生まれるのはここから。
つくりての真弓さんは自ら森に入り樹皮を採取。

大地からのおすそ分け、必要な分だけをありがたくつかわせていただきます。

太陽を浴び、寒さにも耐えながら逞しく育った木々。
樹皮は身を守る為堅くなり、その分編むのは大変ですが、使い込むと柔らかくしっとりとしてゆきます、、
育てていく様がとても楽しみですね。




こちらは今回はじめての入荷
〝大地のかご 流木のバケツ〟です。
いい表情していますね、いかがでしょうか?

持ち手の木がとても握りやすく、手にしっくりと馴染みます。
技術もさることながら、いろんなアイデアが盛り込まれていて楽しくなってきました!

ちいさなコたちもおります、


〝森の宝箱〟
〝こぎん刺しのクッション〟
〝かぐや姫のおうち〟
〝ミニワンハンドルかご〟

優しい雰囲気で癒しの存在に。
インテリアとしてもお楽しみいただけます。

さて、最後に集合写真です。




同じ森でも育ってきた環境で様々な表情を見せてくれます。
天然ものならではですね、、

ぜひ店頭にてお手に取っていただき、
スケジュールお忙しい皆さま、hp上にてご覧いただけましたら幸いです。

ふじい製作所 際立つ漆器。

数か月の製作期間を経て到着した木の器、漆器。
現在個展中のものたちが、その一部をそっとご紹介いたします。

まずは全体の雰囲気から、、


オイル制作のものと、漆仕上げのものがございます。
ちいさま木皿からφ300の丸盆まで、色々と揃っています。
人気のコーヒーキャニスターも健在!


こちらが、豆皿と豆ボウル。

下段は豆リム皿。
左からヤマザクラ←とても硬く滑らか!
漆・茶←珍しい!そしてかっこいい!
漆・黒←王道です!我が家は毎日キムチ食べるので、キレイに映えています!
漆・淵白←淵の白漆がアクセント!何層にも重ねる漆だからこそですね。

上段の豆ボウルは、淵が薄く仕上げられちいながらも非常に精度の高い!
でも漆は強度がありますし、サクラやウォールナットも硬い木ですから安心です。

我が家は和食がメインなので、薬味などで毎日愛用中。
今回残ればこちらの白をゲットします!

すこしざらつきある手触り。
漆は海水に1年付けても染みができないほど、優れた仕上げです。
作家さんの手間は何倍もかかりますが、その分使い手さんにはお手入れなしです。

また、陶器よりも軽いのが特徴ですね。
お盆などにいくつも載せても軽い、軽いです!

さて、こちらは漆の角皿と菓子切。

最近年を重ねたせいか、和菓子が多くなってきました。
志向も好み、味覚も変化を感じたりします。

菓子切は特に人気のアイテム。
黒いのはコクタン。とても硬い木です。

さて、こちらは漆の平皿。
写真だとわかりづらいのですが、茶色です。黒もございます。

陶器のような質感と、木ならではの軽さ、漆による強度、
いろんな要素が絡み合ってできた木皿です。

食材が映える絵が見えてきますね。

こちらは1点もの、ナラの文箱。
小箱の精度も藤井さんお手のもの。

0.何ミリの仕上げによって生まれた生涯使える道具箱。
何をいれようか、考えるのも開閉も楽しみですね!

最後はこちら。
漆のカップ、お弁当箱、コクタンお箸、コーヒーキャニスターS、M、Lです。

お弁当箱、ちょっとお値段しますが、
毎日つかうものと考えるとそうでもないですね。
頻度の高いものはいいもの使うと幸せ度が高い!←持論です笑、、

ということで、お仕事・学業頑張っている方にお使いいただきたい。
丸は小さめなので女性向きです。

木の活かし方、は作家さんによってそれぞれで、
色んな考えのもと生まれた道具たちです。

共通しているのは、木が癒しの存在で使いやすいものが多いということ。
ぜひ居心地の良い暮らしをお届けできたら‥と思っています!

店頭販売は~25日(日)までとなります。

ふじい製作所 〝木の器、漆展〟

先日もお伝えした通り、
3/16(金)~〝木の器、漆展〟を開催いたします。

作家のふじいご夫妻のお気遣いもあり、
すこしずつできたてのものから作品が到着しております。


木目、仕上がりともに最高に美しいものが
揃い始めました。

どの道具たちからも、木の表情が活かされ大切につくられているのを感じます。

今回は、サクラ材と漆のものがメインとなります。
黒、赤、そして白漆もまもなく到着予定です。

薄く丁寧に削られたディテールも、漆がしっかりと強度をつくってくれています。

あぁ、惚れ惚れします。

私もいくつか欲しいですが、個展終了までガマン、ガマン。

どうかご覧いただくだけでも手にして頂きたいものです。

オーダーデスク、ご納品いたしました。

2018.3.11
ご納品少し前の工房で撮った写真となりますが、
オーダーいただいていたデスクの制作、ご納品をいたしました。

ご長男くんのデスクとして、
オーク材、シンプルで気持ちの良い仕上げです。



真鍮の取っ手もいい感じですね。
全体的な直線のディテールに合わせて、角取手をお選びいただきました。

お好きな椅子やスツールと合わせて、



沢山の学びの場として、
頑張ってね!と期待を込めた、親から子へのプレゼント。無理しても大丈夫。木がきっと癒してくれます、、


おこさんのデスクを
ご両親が引き継いでお使いになられる方も無垢では多いと感じています。

ぜひぜひ末永くお供させてください。

無垢材サイドテーブル

2018/03/10
ひさしぶりにカメラを手に取って、
目に入ってきたのはちいさなサイドテーブル。

本当はソファやパーソナルチェアに合わせた方がいいですが、
今回は椅子にて。
こちらウォールナット材。

真鍮のテーブルランプともよく合います◎

チェリー材、明るく元気な印象が魅力です。
時間の経過とともに、落ち着いた飴色へと変化してゆきます。


オークも負けじといい感じです。
光が当たると爽やかですし、夜は穏やかに落ち着きます。

どの素材もよいので、
店頭にて見比べていただけます。

キャスター付きなので、そのあたりの動作もぜひぜひご覧ください。

 

ふじい製作所 個展開催 2018/3/16fri – 25sun

この冬は比較的おとなしく過ごし、
時間がゆっくりと流れていくように感じていました。
ひさしぶりのお伝えですが、皆さんお変わりないでしょうか。

すこしずつ風の冷たさや朝晩の冷え込みなども変わり、
荒れ模様も含めて、あぁ、春来るな‥と感じている方も多いと思います。

さて、気温と共にテンションもあがります。

〝ふじい製作所〟さん個展開催いたします!
まだまだ荷物の到着がないのでこの1枚でのご紹介となります。

ヤマザクラのトレイ、
ツルツルでとても滑らかなに仕上げられています。

やっぱり日本人。
サクラは華やかで落ち着きもあって、美を感じる素晴らしい材です。

他にも、
木皿、
コーヒーキャニスター、
お盆、
トレイ、
お箸、
お弁当箱
豆皿、
など多数ご覧いただけます。

せっかくのよい気候になると思いますので、
散策がてら、お手に取ってご覧いただけましたら幸いです。

2018年 3月営業日時のお知らせ

気分を新たに、3月のお休みをお伝えさせて頂きます。


1(木)、6(火)、7(水)
14(水)、15(木)、20(火)、26(月)、27(火)

とさせて頂きます。
16-25日に個展を予定しおりまして、イレギュラーとなりますが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

テーブル、チェアご納品。

2018.2.27.
2月も僅かとなり、春の気配を感じる季節となりました。
まだまだ寒暖差、そして花粉症、私は喘息がでやすいので気を付けないとですね。

さて、埼玉県D様邸へ、
先日オーク材のダイニングテーブル、ペーパーコードのチェアをご納品させて頂きました。

配送時間とスケジュールが合わず、
今回は工房にて職人さんに撮影いただいた1枚。

制作には数か月、
いきものを扱ううえ多少遅れたりもある中で、
快くお迎えくださいました。

毎日家族と食事ができること、
あたりまえのようで、とても幸せなことです。

テーブルや椅子は、その場所や時間を長く支える土台のようなもの、
ご遠慮なくお使いいただきたいです。

仕上げは〝オイル仕上げ〟
オスモさんのノーマルクエイアーというオイルを使用しています。ウレタンのような薬品は使っておりません、、木であって木でなくなってしまうので‥。

10年後、20年後、オイルの無垢材はその家族にしか出せない〝味〟がでてきます。
お嬢さんがつけた傷は、結婚するころには涙がでるものに変わるのではないでしょうか。
ものを通し記憶がよみがえったり、そんな経験はございませんか?

ぜひ、ご家族の皆さまとともに木も逞しく成長していっていくことを願っています。



森井隆介さん。カッティングボード入荷のお知らせ

今回初となる家具職人〝森井隆介さん〟のカッティングボードが、
初の入荷となりました。

長く家具製作を経験され、昨年東京青梅市にてご自身の工房を構えられました。
確かなスキルに加え、温和で優しく力持ち。そんな印象を感じ、ぜひお願いすることとなりました。
そうなんです、いつもお人柄から‥なのです。

今回は、まずカッティングボードをつくっていただきました。
大きめのサイズを希望しており、切ったパンや食材がそのままプレートとして
置けるものです。



我が家は毎朝アボガドレモン、
気に入っています。



持ち手のRが握りやすく、手にかかり運びやすいです。
もっとおしゃれな使い勝手も沢山あると思いますが‥!
実用面でも活躍してくれます◎


木取りも好みで、
面取り、仕上げもよくて安心してお使いいただけます。

こちらもonline shop・店頭にてご覧いただけますので、
どうぞお気軽にお声がけください~!

PAGE TOP