Notes

〝ふるいともかず 入荷/受注製作のお知らせ〟

2021.6.15
こんにちは。
東京も梅雨入りしましたね、
そして、今年もまもなく折り返しとなります。
後半も自宅で過ごす楽しみのひとつをご提供できれば、と思っております。

さて、表題にもございますが、
〝ふるいともかず 入荷/受注製作のお知らせ〟となります。
京都の工房より、
ふるい制作のものたちが、入荷して参ります。
まだ一部ですが、
・さざなみプレート各種
・丸盆Φ
・パスタ深皿
・カトラリーボックス
・ざぼん
・筒挿し
・帽子フック
・棚板
その他、となります。

ふるいさんは、
ジャンルが幅広い事と、
彫の細やかさ、
仕上げの精度(シミのできないうつわ)、
と大変時間の掛かるものが殆どなので、
制作数に限りがあります。

そこで、今回をふるいさんのご好意より、
一部の人気定番ものの★受注製作を承ることとなりました。
通年となりますので、
ごゆっくり、お買い物を楽しんで頂ければと思います。

詳細は、各アイテムページに記載いたします。
(現在準備中)

また、ブログでも改めてお纏めいたします。
引き続き、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

—————————————————————————————–
☑2021.6/25. fri. 21:00
・入荷item  ~6/30迄
・受注製作item     通年
☑online shopにて→
☑店頭休業中
☑ご注文が集中することもあり、発送に7日間前後頂く場合がございます。
☑ご注文後のお纏め、決済方法の変更はシステム上難しいので、予めご了承ください。
☑発送ミスを防ぐため、基本1会計毎に発送させて頂きます。
—————————————————————————————–

 

2021.6.4 web掲載のお知らせ

2021.5.29
こんにちは、
すこしずつ暑さを感じるようになりました。
マスク、むせますね笑。
昨年の夏の記憶がよみがえりそうです。

さて、5月に入荷予定のものが、
軒並み遅れております!
予定していたものは、7/7あたりになりそうです。
よって、今回はオリジナルのもののみ、先行販売いたします。

——————————–
web掲載 *オリジナルのみ
☑6/4  21時~
☑店頭休業中
☑発送に3.4日頂く場合がございます
☑ご注文後のお纏めや、決済方法の変更はシステム上難しいので予めご了承くださいませ

メインはクルミの折敷、
すこし深めのハチノス彫りと、


艶々した木肌になる乱彫り、


だいぶ雰囲気変わりますね!

どちらもおすすめなので、
お好みでよいと思います!

また、自宅で使用してみました、
クルミは初めてでした。


色んな食材、
うつわの土台となりますね、
クルミがどんどん好きになってきました。

大きさもあるので、折敷の彫りは結構大変なのですが、
その分永くお使い頂けるといいです。

続いて、
輪花の豆鉢。


草木染がようやく落ち着いてきました。
ブルー、グレー、ブラウン、ブラックが重なり合い、
サクラの色素や木目も感じて頂けます。

稜花コースターは、
ちいさなハチノス彫りにて、

山桜はほんとうに硬い、、
力をいれないと深く彫れないですが、
入れすぎるとフチまで削ってしまいます。

こちらはクリ(3列の右↓)もございますが、
爽やかでかなりいい感じです。

続いて、輪花盆Φ240、

 

入隅部分が、個人的にはお気に入りです。
彫り有は柾目、
彫り無は板目を使用しています。

花盆は今回ですこし落ち着き、
材の確保の為、次回は先となりそうです。

他にも、


サラダボウル、
ミニマルボード、
角コースター、
以外は1点ものとなります。

色んな樹種の生まれながらの色味でおつくりしております。

最後は丸盆Φ300、
山桜です。


上はハチノス彫小、
下は乱彫り、節有となります。
こちらも其々1点ものです。

いい感じに仕上がっております。

ではでは、
もうすこしつくって参ります、
どうじお楽しみにお待ちくださいませ。



木工市gw 4.29.21時~ 掲載のお知らせ

こんにちは、
程よい気候が続いており、おかげさまで撮影も順調にスタートいたしました。

4/29 thu 21時から開催予定の木工市gw、皆様にお楽しみいただけましたら嬉しいです。
概要はこちらにお纏めいたします。
—————————————————————————————–
☑2021.4.29.thu.21時~
☑online shopにて→
☑店頭休業中
☑ご注文が集中することもあり、発送に7日間前後頂く場合がございます。
☑ご注文後のお纏め、決済方法の変更はシステム上難しいので、予めご了承ください。
☑発送ミスを防ぐため、基本1会計毎に発送させて頂きます。
—————————————————————————————–

さて、現時点で揃っている木のものなどをご紹介してゆきます。
半分遅れが生じておりますので、その分はインスタグラムにてご紹介続けます。

❶トナリ木工/川口なおこさん(滋賀県)
・菓子きり
・プリン匙
・コーヒースプーン
・飾りデザート匙
・黒葉豆皿
・黒花小盆


今回も可愛い匙や小鉢など、
おつくりくださいました。

こちらは山桜のプリン匙、

ちいさくてすこし肉厚です。
トナリさんのものは、曲線がどれも美しいですね。
プリン匙は、1歳の娘がお気に入りで、スープ飲むのに愛用しております。
幼児スプーンにもぜひぜひ◎、でも噛みますからね!笑

こちらの黒葉豆鉢は、前回よりすこしだけサイズ大きくなりました。
裏面も彫りが入り、いい感じに仕上げてくださいました。


❷掘宏治さん(長崎県)
・深丸盆Φ280
・深丸盆Φ300
・深角盆
・まる匙

今回初登場となりました、
深盆とまる匙、


通常の丸盆の1.5~2倍くらい深さありますね、
囲まれ感といいますか、安心感ございます。

深さのある器や小鉢、急須などに合いますね、
存在感もあって、とてもおすすめです。

まる匙はスープ用にぜひぜひ、素朴で優しい匙です。

❸フナハシトモハル(愛知県)
・花小皿
・輪花皿
・輪花盆
・隅切角皿
・木瓜型皿
・亀甲皿
・角丸トレイ
・オーバルトレイ
・クルミのリム盆

個展以来の入荷となりました、
幅広くご用意いただきましたので、写真3つに分けております。

こちらは木瓜皿(左上)
オーバルトレイ(右)と梅皿
亀甲皿(左下、こちらは白太入りです)


輪花皿は大きいもののみ、
今回は其々1点ものとなります。
すこし節などもあって、アクセントとなっています。


こちらは新作の隅切皿と八角輪花盆、

ディテールとても美しいですね、
この輪花盆は深さもあり肉厚です。クルミなので軽くて優しい表情しています。
裏面などは、本ページにてご覧頂けます。

どんどんスキルがあがっていきますね~
毎度楽しませてくれます!

❹水村真由子さん(奈良県)
・れんげ ヤマザクラ/白漆

今回はじめてご縁となりました、
水村さんのれんげです。

ずっと気になっておりました、
スープ匙系はとても好きでして、やはり健康につながる道具に魅力を感じます。


凹凸のすくない優しい彫り跡が滑らかな口当たりにつながっています。

こちら山桜と白漆にて。


❺渡辺雅人さん(埼玉県)
・ちいさなフレブル
今回は18人の大家族で到着しております。
皆疲れているのかな、春だからかな、
半分くらい眠そうです笑

真ん中の黒い子がリーダーです!貫禄ありますが、どこか人情溢れる優しさも持っています(主観ですが)

顎つけて深い眠りに…、



おやつ頂戴のポーズか?

無防備なお腹、なでなで、

ぽっちゃりな背中、


甘えん坊な子もおります。

この子は目がくりくりですね、

寝床は杉村さんの棚へ


以前は海外を飛び回る仕事をされていたつくりての渡辺さん。
チベット、アフリカ、中東、アジア、中米など40ヶ国も過ごしたそうです。凄いですね、
そんなある日突然、木で何かを彫ってみたい衝動にかられ、削っているうちにワクワクして夢中に。
削っていきながら、特に目に色を入れた瞬間生命力がポッと出てきて、愛おしさがでてくるそうです。

いろんな表情、しぐさが魅力のちいさなフレブルたち。

何かを参考にすることもあれば、
何も見えないで最後まで仕上げてしまうこともあるそうで、、
センスと継続力を併せもったつくり手さんです。

❻森田孝久さん(岐阜県)
・花器円Φ200、φ280、Φ360
・輪花皿Φ240 クリ

約1年ぶりでしょうか、
円満、円滑、とげのないやさしい花器〝円〟3サイズ揃いました。

大きなクスノキから刳り貫かれたものです。
正円に近いものもあれば、乾燥でやや楕円のものまでございます。
木の自然の動きによるものですね。それもまたよしです、

こちらは置き型、上がひろくなるので、
枝が広がりやすいですね。

こちらはぶら下げにて、
風があたるとくるくる回ったり。
カベ付けでもいいですね。

ピンやつり糸、真鍮の筒、置き型▲もお付けいたします。
写真撮る時間なくて、以前のですみません!

また、予定になかったのですが
輪花皿のクリ材も数枚はいりました。

しましまの木目で、ワイルドさもナチュラル感もありますね、
優しい木のうつわです。

❼古谷製陶所(滋賀県)
・りんご鉢小

前回の納品に間に合わなかった、
りんご鉢の小サイズ、


とても使いやすいです。
フチの感じもよくて持ちやすさもあります、
木工では中々難しい形ですね。

❼小川綾さん(東京都)
・ブルーボトル
花器ブルーボトルが先月から追加便となりました!
一番背の高いものです。

鮮やかで一瞬で華やかになりますね。
いろんな組み合わせもお楽しみ頂けます、

お花はお店から駅に向かって30mのところにある、
ROBINIERさん。
ig:@robinier.gdf
とても可愛いお花たちと、母娘さんが穏やかで大好きなお店です。

お近くお方はぜひお店に、オンラインカートもご準備中のご様子でした。

❽田澤祐介さん(神奈川県)
・キャニスターS/サクラ
・キャニスターS/ウォールナット
・キャニスターL/サクラ
・キャニスターL/ウォールナット
・珈琲杓長柄 サクラ、神代ケヤキ、ナラ
・珈琲杓短柄 サクラ

前回の個展での反響が多く、
コーヒーキャニスター/珈琲杓の再販となりました。
(田澤さん、ありがとうございました)

こちらは山桜、
さわやかですね。


こちらはウォールナット材、
落ち着いています。

使っていないときの佇まいもとてもいいですね◎

今回は、ウォールナットのホルダーは同材となります。


珈琲杓もすっきり上品に仕上げてくださいました。


左から、
神代ケヤキ
ヤマザクラ
ナラ
となります。

短い珈琲杓はサクラのみとなります。

豆いれてみましょうか、

豆以外にも、茶葉入れている方も多いようですね。
我が家もそうしています。

凸型蓋の彫りと、珈琲杓の組み合わせがいい雰囲気をだしてくれます。
其々別売りとなっております。



❾加賀雅之さん(岡山県)
・おにぎり皿

ひさしぶりの入荷となりました!
彫が深くすっきりしていますね、


3樹種です、
上から、
ウォールナット
ヤマザクラ
クルミ
となります。

今回はおにぎり皿だけでしたが、
加賀さんは7月に3人展ございますので、
その時にはパン皿など入ります。


❿小塚晋哉さん(京都府)
・十二角皿

ひさしぶりのご納品となりましたが、
こちらは新作の十二角皿Φ230です。


バランスがよくて、
十二角によって直線の中にも柔らかな印象を与えてくれます。

こちらは山桜、

濃い目で、色んな色素が絡み合っています。
山桜本来の姿ですね、山育ち過酷ですから、、

フチの細いライン状の彫りも、さりげなくて指触りがとてもいいです。

こちらはキハダ、


くすんだ色味で、
アンティークのような雰囲気もありますし、
大人っぽい艶やかさもあります。
サラダとか食材の色味は映えますよ~

すこし白い部分は白太です。
樹皮に近い部分で、天然の色となります。

小塚さん、節や色味などできるだけ木そのものの個性を活かして、
つくってくださっております。


⓫ivory⁺安藤由紀さん(徳島県)
・取手付きスープボウル
・パンプレートΦ200・藍染
・cupΦ80・Φ90
・サクラのボウルΦ100
・fogtray

安藤由紀さんより到着、
今回も沢山ご用意くださいました。


人気のスープボウルは3樹種、


上からチェリー、
クリ、
ウォールナットですね。
其々、生まれながらの天然の色合いで、
裏面は彫り×ホワイトがアクセントになっております。

水村真由子さんのれんげと、
とっても相性いいです↗ちょっと見えにくいですが、、


新たにcupも入りました、
形や樹種、彫りなどは当日ご覧ください、
とてもおすすめです。


ツートンの仕上げが可愛いですね↑
草木染、鉄媒染など、
木の色とのコントラストを表現しながら仕上げてくださいました。

安藤さん、仕上げへの拘りが光ります。


彫り跡が手に優しいですね。
お茶時間のお供に◎

こちらは藍染のリム皿Φ200、
しっかりと染め仕上がっております。


その時々で若干の濃淡はあるものの、
涼しげで落ち着きも感じられる木のうつわです。

まだこれから撮影ですが、
リム皿Φ200はサクラやクリなどもございます!

お楽しみに、、

●オリジナル製作もの
・箸置き/カトラリーレスト
・カクコースター
・稜花コースター
・輪花豆鉢
・ミニカッティングボード
・ミニ丸カッティングボード
・ハンドルボードs
・ハンドルボードΦ200
・オーバルボード
・サラダボウル
・パンプレート
・丸盆
・角盆
・輪花小盆
・輪花盆Φ240
・輪花盆Φ300

種類をたくさんつくりました肘パンパンです、、
かなり集中していました笑
ちいさなものからコツコツと、





オーバルボードは、今回深めの彫りで、

こちらは角盆のアップ↓
基本的に
柾目→ハチノス彫
板目→乱彫り
ですが、木の硬さの相性もあるので使い分けております。

 

丸盆はクルミ、
写真にないですがウォールナットの丸盆、
パンプレートも数枚仕上げ中、

もちろん、塗装入れるとサクラ色になります。


最後は輪花のお盆と豆皿たち、
皆様のもとへと旅立つ日を楽しみにしております。

ざっくりとではございますが、
ここで一旦ご紹介を落ち着かせたいと思っております。
まだ掲載のない作家さんは、後ほど追記させていただきます。


東京、大阪、兵庫や京都など、
緊急事態宣言下に入ります。

様々な背景が見え隠れもしますが、
変わらず、いつでも健康であることをが一番だと思っております。

そして、ちいさなお店でできることも僅かかもしれませんが、
楽しいイベントとなる事ことを願っております!

ぜひお気軽に、ご覧くださいませ。

スヴェイルファニチャー
三宅


木工市gw 4.29.21時~

2021.4.21
こんにちは、
だいぶ暖かくなってまいりました、暑いくらいの日もありますね。

さてさて、今月もやって参りました、
まもなくですが〝木工市gw〟開催させて頂きます!



☑2021.4.29.thu.21時~
☑online shopにて→
☑店頭休業中
☑ご注文が集中することもあり、発送に7日間前後頂く場合がございます。
☑ご注文後のお纏め、決済方法の変更はシステム上難しいので、予めご了承ください。
☑発送ミスを防ぐため、基本1会計毎に発送させて頂きます。

作家さん(敬称略)
・ivory+安藤由紀
・小川綾   *ブルーボトルのみ
・加賀雅之
・小塚晋哉
・田澤祐介
・トナリ木工 川口なおこ
・フナハシトモハル
・古谷製陶所  *りんご鉢のみ
・堀宏治
・水村真由子
・森田孝久
・渡辺雅人
+オリジナル製作もの

其々得意なものが揃う予定で、現在もぎりぎりまで製作準備してくださっております。
詳細は後日インスタグラム、ブログでご紹介してゆきます。



未だコロナ禍が続いており、
皆さまどこか疲れを感じている方も多いとご察しいたします。

すこしモヤモヤした心を、木のモノたちですこしでも穏やかになればとと思っております。
それでは、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。


スヴェイルファニチャー
店主

web展3.19 掲載のお知らせ

2021.3.13

皆様こんにちは、
すこしずつ春の気候となり、桜の開花も間近となってまいりました。

コロナ禍も1年が過ぎ、
すこし疲れもたまってきていることと思います。
緊張感を保つことはとても難しいですね、、

テレワークや外出もどこか控えめになったりという方も多いと思います。
木のものたちが、すこしでもストレス軽減のお役に立てれば…、と思っております!

ではでは、元気にいきましょうー!
web展の作家さん、アイテムをご紹介してゆきます。
今回かなりのボリュームなので、写真メインでお伝えしてゆきますね。
詳細はhp本文ご参照ください。

〝web展3.19〟
——————————————————————-
☑3.19  21時より~ 
☑online shopにて→
☑店頭休業中
☑発送に7-10日間頂く場合がございます
☑ご注文後のお纏め、決済方法の変更はシステム上難しいので、予めご了承くださいませ
☑発送ミスを防ぐため、基本1会計毎に発送させて頂きます

◆岡野達也さん(東京都)
・木皿/花皿
・ハンドルトレー
・ソーイングボックス NEW!!


木皿は今回草木染のものとなります!
くすんだグレーがとても美しい。
彫り跡もいい感じです。

こちらは人気のトレーたち、

ウォールナット(左)、オーク(右)、
写真なしですが、
チェリー、草木染もございます!

そして、今回お初のソーイングボックス。

貫禄ありますね~
自信が溢れているのです。

開いてみましょう。

両手を広げると、上/下収納となっています。
上の蓋はトレイにも。
スムーズな稼働がなんとも心地よいです。

曲げ木の技術、木組み、真鍮のアクセント、
色んな要素が詰まっております。

さすがです、岡野さん。
素晴らしいものをありがとうございます。

◆小川綾さん(東京都)
・花器
・マグ NEW!!
・お箸置き NEW!!
・小皿 NEW!!

まずは集まりましょう、

言葉いらずかもしれません、
可愛いもの、揃いました。

季節を楽しめるちいさな花器たち。
植物は本当に癒しです

普段ドライもいいですが、できれば生花で!
運気あがります◎

棚板にも載せてみましょうか、


ちいさくともパワーあります、
フレブル達も気持ちよさそうですよね?

こちらは新作のお箸置き、

シンプルな形で、
其々色味が可愛い5本セットです。

食卓のアクセントに◎

続いて小皿です、


やや深さのある小皿。
釉薬の感じがとってもいい感じ。

我が家も欲しい、、

マグ、ピッチャーのMidnightも落ち着きがあり、
きっとお好みの方、多いと思います。

季節のお花と共に、
お楽しみください!

◆アトリエデュオル長谷川誠さん(千葉県)
・青のスープカップ
・赤のスープカップ

殆どスープカップ専門につくられている長谷川さん、


カップ系は、分厚い材を必要とするので、
仕入れから全然違ってきます。
材厚があると乾燥も時間掛かりますし、

人気の白漆(右)、
と新たに山桜です(左)

生涯使っていこう、
というくらいのものです。

我が家でも1歳児の娘に使わせています!
(本当は奪われた)
ブロッコリーのポタージュが大好きなんです~

◆スナオナカタチさん(滋賀県)
sunawonakatachi
・木のブローチ

今回は植物をモチーフとしたものをおつくり頂きました。


其々の生態が面白いですよね、
植物って不思議です。

生きていくために必死なのですね。

どこか活力を感じるのも納得です!

ご自身のご褒美に、、
すこしのお出かけを充実させてください。

◆杉村徹さん(茨城県)
・木のトレイ NEW!!
・木の器/ボウル

杉村さんの器たち、


どこか個性があって、
そして木目の表情がとってもいいです。

木のうつわは、
木目が最大の魅力でもありますし!
生命力と癒しを感じると思います。

今回は、器にもなるトレイ、
ボウル系もございます。
シミなどできませんので、思い切ってお使い頂けます。

すべて1点ものとなります。

ちょっとロゴつけてみました笑


◆真心のかご(北海道)
・トートバッグ NEW!!
・編み針ケース NEW!!
・ハンドルかご
・白樺マット

まずは集合写真から、


今年もつくってくださいました、
白樺樹皮のかごたちです。

トートバッグは今回初です、


肩掛け/手持ちの2種類です、

いい表情してますね~
どんな風に育っていくか楽しみです。

コロンとちいさなハンドルと、

根っこかがりの流木丸かご、


みんな艶々しいですよね。
材料の調達から編めるようにする準備がしっかりされているからと思います。

編み針ケースも今回初ですね。


細やかな編み目が美しいです。

お部屋にあると、凄い雰囲気変わりますよ~
とてもおすすめです。

◆うだまさしさん(埼玉県)
・木の匙 


ひさしぶりの入荷なりました!
何年ぶりか‥、
うだまさしさんのスプーン、フォーク到着いたしました。

其々個性あって、面白いですね。
合計20点、すべて1点ものとなります。

普段は店頭のみの販売をされている中、
今回は特別に許可を頂き、online shopでのご提供となりました。

webではこれが最後となります、

どうぞお楽しみにです!

◆辻中秀夫さん(茨城県)
・ティーポット
・フリーカップ


ふっくらとしたティーポット、
3,4人分くらいの大容量700mlくらいはいります。

フリーカップも口当たりがとてもよいです。

最近だと1年に1度くらいの入荷となりますので、この機会にぜひご覧ください。

3本脚のざぼんは、ふるいともかずさん(京都府)制作のもの。
こちらは受注生産でおつくりしております!

◆藤野智朗さん(長野県)
・クリのスープカップ
・クルミの大椀
・クルミの蕎麦猪口

気持ちがすっきりするような、
見事な彫り跡のカップ/椀たちです。


体にスープやお味噌汁は欠かせないですよね、
軽くて、お手入れいらずの優れものです。

スープカップはキャンプにも◎
大椀は豚汁や小どんぶりにも◎
蕎麦猪口はちょっとしたスープや湯飲みにも◎

幅広くご愛用いただけます。

◆LE KLINT(デンマーク)
・キャンドルライト

遥々デンマークの工房より、キャンドルライトが入荷となりました。

ヒュッゲをご存知の方も多いと思いますが、
家で家族と過ごす時間を大切に、特にデンマークでは照明文化がとても暮らしに馴染んでいます。

心が癒されるもの、
として今回お取り扱いさせて頂くこととなりました。

オーク材/ガラス(は載せているだけ)、
LEDで簡単に充電できるキャンドルライトです。

詳細はアイテムページにて、
どうぞご覧くださいませ。

海外の写真お借りしていますが、
後ろのハンマーがワイルドですね笑

◆里見裕子さん(長野県)
◆オリジナルもの三宅達也(東京都)
・サクラの箸置き
・カトラリーレスト
・稜花のコースター *サクラ/クリ
・輪花豆鉢
・ハンドルボード
・サラダボウル
・カッティングボードΦ200
・カッティングボードΦ240
・オーバルボード
・丸盆      *クルミ/サクラ/ウォールナット
・角盆
・オーバル盆
・輪花盆Φ240 *ケヤキ/クリ
・輪花盆Φ300


里見裕子さんのサクラの箸置き、
花びらひとつひとつが彫り跡となっています。

可愛らしいですね。

私も山桜が大好きで、
日本人はサクラを楽しむのが当たり前で、
この時期は特にそうですよね。

年度初め、
また頑張ろうという気にさせてくれるのは、
サクラの力もあると思っています。

コツコツ削らせて頂きました。
最近は細やかな削りにしています、大きい方が映えますし早く仕上がるのですが、
ちいさなことを積み上げていくのが好きで、つかい手の皆さんが気に入ってくだされば、それで大満足です。

仕上げはすべてガラスコーティングです。

◆青庭製作所(岡山県)
・カトラリースタンド
・山桜のシェーカーボックス#0-#6
・Fixhandle #4-6
・Fixhandle #6 *鉄媒染    NEW!!
・スウィングハンドル#4-#5
・シェーカーくずいれ     NEW!!

昨年末よりご準備され、沢山ご用意くださいました。
山桜のシェーカーボックス、


各サイズ揃っております。
毎度お伝えしていますが、柾目のすっきりした木目でつくられています。
本当に凄いことですね、
木の表情、そして技術があってこその美しい佇まいとなっています。

人気のカトラリースタンドも種類が増えました、


左から、
ナラ、鉄染、ヤマザクラ
と揃いました。

また、こちらは固定式のハンドル、

マッドですっきりしています、
籐のアクセントもいい感じです。


山桜はもいい表情しています。


最後に集合しましょうか、
左端のくずいれもかなりおすすめです。

カトラリースタンドですが、
中にガラスのコップを落として花器にしてみました。



駆け足でのご紹介となりました。
まだもう少しあるかもしれませんし、ないかもしれません笑。


3.19は私達夫婦にとっては特別な日。
夢への第一歩を踏み出した時は不安でたまらなかったですが、
その不安を楽しみにかえてくださったのは、皆様ですし、作家さんのお力添えのおかげです。

個人で営んでいても、
結局は誰かとつながり、支え合っているのだと実感しています。

世の中が、いがみ合うのではなく、
助け合って、ありがとうが溢れるようになれば、と願っています。

ではでは、
どうぞお気軽に、お楽しみくださいませ。

スヴェイルファニチャー
三宅達也・晋子

web展3.19

2021.3.12
こんにちは、
blogもおひさしぶりの更新となりました!
約3週間、オリジナル制作に没頭し、
そして次なる企画展に向け、撮影を進めておりました。

さて、まもなくですが、
3.月19日をもちましてお店は7年目に突入を記念し、
web展開催させて頂きます。

今までお店にお越しくださった皆様、
また、webを通じてご縁となりました皆様へ、
感謝御礼申し上げます。
そのお気持ちを込めて、盛大に行いたいと思っております。



〝web展3.19〟
——————————————————————-
☑3.19  21時より~ 
☑online shopにて→
☑店頭休業中
☑発送に7-10日間頂く場合がございます
☑ご注文後のお纏め、決済方法の変更はシステム上難しいので、予めご了承くださいませ
☑発送ミスを防ぐため、基本1会計毎に発送させて頂きます

コロナ禍から1年、
いつも以上に気をつかい、お過ごしのことと思います。
すこしモヤモヤしたこの世界を、
一瞬でも忘れるような楽しいweb展になるよう尽力させて頂きます。

インスタグラムとブログにて、
随時ご紹介させて頂きます。

どうぞお楽しみに、お待ちくださいませ彡

店主

追加便。

2021.2.11
春の兆し、過ごしやすい気候となってまいりました。
花粉もはじまりましたね、すこしきています笑

さて、本日21時より田澤祐介さんのweb展となります。
いくつかご追加いただきました。

・隅切皿、
写真は以前撮ったもので失礼しております!
1枚でも多くご提供する為なのです。


ヤマザクラが追加となりました。

我が家でも愛用しています、

写真は以前撮ったもので失礼しております!
1枚でも多くご提供する為なのです。

こちらは白漆のサラダボウル、


彩り野菜を優しく包んでいるような感じになります。

陶器みたいな質感ですが、
物凄く軽いです。


最後は漆のトレーと、
オークの朝顔盆。


このくらいのサイズ(トレーは300×240)はワンプレートに丁度良いです。

田澤さんのもの、すこしお値段いいですが、
長くご愛用頂けます。

ではでは、
どうぞ皆さまお気軽にご覧頂けましたら幸いです。

onlineshop、21時ですー!












田澤祐介 web展

2021.2.6
こんにちは、
2月上旬と言えば1年で1番寒い時期と思いましたが、
春めいておりますね。

さて、まもなく★2/11 21時~ですが、
web展の準備をしております。
ざっくりとですがご紹介してゆきますね。

☑掲載期間:2/11 21時~ 2/18   web shopにて
☑店頭休業中
☑発送に3.4日頂く場合がございます
☑ご注文後のお纏め、決済方法の変更はシステム上難しいのでご了承くださいませ。

・コーヒーキャニスター

木とガラス、
素朴さとすっきりさの相性がいいです。

木蓋のホルダーに★別売りの珈琲杓をお付けいただけます。

こちらはヤマザクラ、

左:S/コーヒー豆100g、
右:L/コーヒー豆200g、
となります。

こちらはウォールナット、
今回初の制作となりました。

雰囲気落ち着きましたね。
透明のパッキンもついているので密閉性もよいです。

蓋を上から見てみましょう、



上と側面は彫り跡がはいっています。
ホルダーは綺麗に木組みされ、サクラとウォールナットのそれぞれの組み合わせとなります。

珈琲杓はこちら、

ヤマザクラと奥のブラウンは神代ケヤキ、
茶道でつかう柄杓から生まれました。
この薄い本体に、よくぞ木組みを…
さすが田澤さん、
この精度は凄いです。

またすくう部分の底板が僅かに凸型で…
これは写真ではお伝え難しいので、お届けに上がった皆さま、ぜひ見てみてください。

続いてこちらはナラ材、


ナラは個人的にはウォールナットの蓋と合うと思います。
お好みですが笑

ではでは、最後は豆入りにて、



使っていない時間の方が長いですので、佇まいも大事ですね。

・スクエア型パン皿
165角のヤマザクラとなります。


裏表、全面彫りです。

表情はなんとすべて柾目です。
中々ないですよね、形と表情のすっきりさがリンクしております。

・隅切皿
つづいては以前から定番の木皿、


拭き漆と白漆は、
細雨彫り。
㎜単位の削りで、通常の何倍も彫られています。
凹凸がでて立体的な表情のうつわとなりました。

一番下はオーク材、
やや色付けされていて、とても落ち着いた懐かしさを感じる山吹色です。

・トレー
300×240の大きな木皿です。


上はチェリー、
下は節有拭き漆(1点もの)です。

ワンプレートにいいですね。
中々大きい木が取れにくくなっていると、材木屋さんがおっしゃっておりました。

・山桜のサラダボウル
Φ210×h45


薄くすっきり削られています。
シンプルな丸型ですと精度を求められますよね、
表情もすっきりなものをお選びくださっています。

別サイズで、
Φ180×h55もございます。

・蒔時漆鉢

まるで満月のような斑な雰囲気、
田澤さんらしいですね、

重厚感ありますが、木なのでとても軽くそのギャップがいいです。

漆のもの、他にもいくつかございます。

・折々脚付き、隅切盆270角

樹種はオーク材、
隅切部分に脚がピタリと収まります。

外してみましょう、

ぽんと載せるだけです。
脚をたたむと、


中央のネジでくっついており、手で脚を回すだけで工具など必要なしです。
すぐにできるので、お盆単体でも脚をつけてもお使い頂きやすいです。

お酒のお供に、
ほっと一息お茶時間に。


今日は陽気のせいか、吉祥寺は凄いひとです。
平時より多いくらい笑

緊急事態宣言下と思えないくらいですが、歩くのはいいことですね。

まだまだ続きますし、家の中でのお時間を充実させ、快適な暮らしのお役に立てましたら…、と思っております。

それでは、どうぞお楽しみに…!

田澤祐介 web展

2021.1.30
今年もあっという間に1か月が過ぎてゆきますね。
さてさて、
来月のイベントのお知らせです。

〝田澤祐介 web展〟
木工作家 田澤さん、おひさしぶりのイベントとなります。


☑掲載期間:2/11 21時~ 2/18   web shopにて
☑店頭休業中
☑発送に3.4日頂く場合がございます
☑ご注文後のお纏め、決済方法の変更はシステム上難しいのでご了承くださいませ。

主なラインナップ
・コーヒーキャニスター
・珈琲杓
・お盆
・木皿
・ボウル
・花器
など、ひとつひとつ拘りながらつくられた個性あるものが揃います。
制作数はあまり多くないとのことですが、きっとお楽しみ頂けると思います。

2月もどうぞ皆さまのお楽しみとなりましたら幸いです。

 

木工市2021

2021.1.3
新年あけまして、おめでとうございます!
皆様いかがお過ごしでしょうか?
本年も、どうぞ皆さま宜しくお願いいたします。

さてさて、
早速ですが初売〝木工市2021〟を開催いたします。

☑web展
☑店頭休業中です
☑1/8 21時~  
☑発送に3.4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにて宜しくお願いいたします。
☑オーダーものは3月末~4月上ごろが目安となります。

それでは、サササッとご紹介してゆきます。

❶〝ivory⁺安藤由紀さん〟
まずは集合写真から、

曲面のものを中心とした、
柔らかな雰囲気がでていますね。

湯飲みは掌におさまる小さなサイズ、
コロンとふっくらしていて可愛いです。
お盆の中にも載せられますね、

山桜/ハチノス彫↓

カバザクラ/縦彫り↓


ちょっと深めです、

エンジュ/ハチノス彫↓

ツートンのコントラストがいいですね~

こちらはスープボウル↓
安藤さんよりお写真拝借いたしました。
写真はウォールナットですが、
オークやチェリーもございます。

リムプレート↓
も深さがあるので、スープなどにもお使い頂けます。


Φ300fogtray、
ホワイトカラーとの組み合わせが樹種により変わります。
こちらは1点ものとなります、

寒い時期の彫り作業はとても大変だったと思いますが、いろんな木のものつくってくださいました。
安藤さんはとてもガッツがあって、
木に対する情熱がとても溢れている方です。
いろんなバリエーションをお持ちなので、すこしずつ揃えていくのもおすすめです。

❷〝 -フレル- 山田哲也さん 〟
山桜のカトラリーに惹き付けられ、
今回ご縁をいただきました。


210×205のサクラのリム皿、
さりげなく楕円皿なのがとても好みです。

ケーキ皿に◎
楽しい時間のお供にぜひぜひ。

すこしアップにしてみましょうか、

細やかなディテールと、
全体的にはいった彫り跡、厚みと、
木の良さが惹きだされています。

こちらは幅300の長皿、

副菜など数種盛り付けてもいいですね、
四隅と刳り貫かれたフチの雰囲気がいいです。

こちらはスープスプーン、
やや深さがって、口当たりも◎

仕上げは拭き漆、
漆本来の色味となります。

同じものをつくり続けることはとても根気がいることと思います。
精度を保ちつつ、いいものご用意くださいました。

❸〝アトリエ・ドゥオル長谷川誠さん〟
青のスープカップ、



漆を何層も重ねてできた木のカップ。
内部の青さと、外側の細やかな彫りが特徴です。


自宅で愛用していたら、
1歳の娘が興味を持ち、ちゃんと握って愛用しています。
親がつかうもの、欲しくなりますよね。
大人になっても、お嫁に行っても(考えたくないですが笑)、寄り添うものになるといいです。

❹〝馬場勝文陶工房〟
福岡県の作陶家 馬場勝文さん、はじめてのお取り扱いとなりました。
凄く丁寧な方で、対応もよくて人気があるのがわかります。

持ち手がチークの急須黒と、

白。
茶こしつきなのがいいですね。


こちらはミルクパン、白と黒もございます。

どこかいびつなフォルムが心地よく、
チークの角度、太さ、
ちょっとしたところの工夫がとてもいいですね。

スープマグもふっくらです。

普通サイズのマグもございます。

今回発注してから約2年待ちでしたので、
ぜひこのご機会にご覧くださいませ。

❺〝菅原博之さん〟
壁面挿し、花カベ。
もうお持ちの方も多いかもしれません。


壁に画鋲をさし、
本体にあるマグネットをあてて、取り付けています。
写真はオークとカエデ、
人気の組み合わせのように感じます。

棚板は現時点での納期が3月末、
ちょうどサクラの開花時期となります。

壁面インテリアをぜひお楽しみいただきたい、
そう、空間に木の活力を!
と常々思っています~

*ちいさなフレブル、
今年中には入荷します。
お楽しみに…!

❻オリジナルもの
昨年はかなりの時間をつかって制作に集中しておりました。その分、いつもよりすこし多くなっております。

まずは新作から、

こちら稜花のコースターです。

Φ120です、
ずいぶん前から描いていたのですが、
ようやく形に。。

こちらは山桜、
向きによってだいぶ印象変わりますよね、


続いてクリです、


彫りを斜めに入れています。
光の加減で表情少し変わるのが好きなのです。

次は輪花豆鉢、

入隅部分が中央で繋がります。

裏面はこのような感じに、


底部分のみ、
浅めに彫っています。

我が家は薬味がすきで、
小ねぎや刻んだ生姜などは毎日食べています。
ちょうどいいサイズが欲しいね、
と話していました。

たまに内部が花柄の木目のものも、

深さがある花型ならではの表情、
こういった自然のものをそのまま活かしてつくりました。

〝内部花型木目〟でお選び頂けるようにいたしますね。

続いてはオーバル盆。
山桜、凄く硬かったです!
都度違うので毎回新鮮なのです。

やや丸よりのオーバル型、
フチを5㎜にして立ち上がりを斜めにしています。

他にも、丸盆やサラダボウル、カトラリーレスト、小枝挿し、

中々これだけの量は私にとっては珍しいです笑

最後になりましたが、
集合写真。

輪花盆各サイズ、ハンドル系のカッティングボードもご用意しました。
自宅でも毎日使っています、、

昨年1年を振り返って、
結局は自分のできることをどのくらい精いっぱいできるかな、
と思いながら削りました。

2021年も優しい作家さんたちと共に、すこしでも皆様の心や体の支えとなるものをお届けしたいと思っております。

どうぞお気軽にご覧くださいませ。


*だいぶ長文になりましたねー!
最後までご覧くださり、ありがとうございますー!
まだあと2名の作家さん、
入荷待ちですー!

店主

萩原英二 web展12.11.21時~

2020.12.8
こんにちは、
寒さがすこし和らぎ、ぎっくり腰からも復活してきました。
12/11 21時~萩原英二さんのweb展、
なんとかなりそうでホッとしています笑。

来週から寒さ戻るそうなので、
どうか皆さま、体調などお気をつけ下さいませ。


さて、大まかなラインナップのご紹介してゆきますね。
解説、サイズ、価格は当日アイテムページにてご確認頂ければと思います。

・ハンドル型テーブルbox 小と大、

曲げ木、木組み、
いろんな技術がつまっていますが、
とてもシンプルな木の道具。

カップや調味料入れ、小物入れなど、
ご自由にお使い頂けます。

正面からも見てみましょう、
上段です。

ここにございませんが…、
同じような仕様で、カトラリーbox/レターboxもございます。

ちなみに、
萩原さんはクルミやウォールナットをメインでつくられています。

・花器、キャンドルスタンド、壁面はしご花器
其々の個性感じられますね、


クルミの花器、
中に鉄製の針山があり、生けやすいです。

キャンドルスタンド、
ガラス付き。
火つけてみましょうか、

クルミの質感、
高さがあるのと、ガラスがいい雰囲気をだしてくれます。

こちらは梯子花器、


お部屋でのインパクトとてもあります。
真鍮との相性もいいですね、

中の筒も真鍮となります。


・白漆/クルミの菓子台

Φ250あります、
クリスマスケーキ、タルトやフルーツなど、
楽しいひとときの道具ですね。
安定感もあっていい感じです、、

・たまご型カッティングボード


クルミです、
ふっくら可愛らしい感じです。

こちらは持ち手、アクセントいいですね。

カッティングボードは厚みが20mmくらいでないととても反りやすい。
そうするとすこし重くなりますので、このようなハンドル仕様はとてもおすすめです。

・ちいさな木箱、バターケース
小箱はチーク材で刳り貫いたもの、


山桜のバターケースは、
木を組んだもの。ちいさなヘラ付きです

同じ箱物でも、
まったくつくりが変わりますね。

日本の箱もの文化、ぜひ残してゆきたいです。

・木の匙、白漆の八角皿
今回数種類の匙をつくってくださいました。

コーヒー豆スプーン、


八角皿/表白漆・裏クルミ木地


フォークは別の作家さん、
コースターはオリジナル開発中のもの、
りんごのタルトは妻へのお土産です。

細やかな彫り跡、
すこし荒々しさがあるのも味わいです。

漆なので、気兼ねなくお使い頂けます。


集合してみましょうか、

大きな匙はカレーやシチュー用の匙です、
スープスプーンもございます。

萩原英二さんのイベントは今回初となります。

師走のお忙しい時期に恐縮ですが、
どうぞお楽しみながらご覧くださいませ!

スヴェイル
店主

萩原 英二 web展開催のおしらせ

2020.12.4
こんにちは、
今年もあと1か月を切りました。

コロナ禍の中で、大変な1年だった方も多いと思います。
私達も個人のお店なので、
当初はどうなることやら…と心配が尽きませんでしたが、
お陰様で、健康を維持しながらご提供させて頂いております。

改めて感謝申しあげます。

さて、今年最後のイベントとなります、
〝萩原英二web展〟

どこか個性が光る萩原さんのものづくり。
繊細なところとクルミの素朴さ、たまに見せる荒々しさなど、
妙に懐かしく感じるものたちです。

主なラインナップ
・テーブルbox 
・カトラリーbox
・レターbox
・八角皿
・オーバル皿
・カトラリー(スープスプーン、ジャムスプーン、バターナイフ、ケーキサーバー、シチュー用匙等>
・キャンドルスタンド
・カッティングボード
・菓子台
・花器
・はしご花器
・バターケース
・刳り貫き小箱

などとなります。
上からも見てみましょうか、


今回は個別のご紹介を割愛させていただきます、すみません、、!
価格、サイズなど当日ご覧頂けましたら幸いです。

ではでは、
年末お忙しいかと思いますが、
息抜きを兼ねてぜひご覧くださいませ。

——————————————————————–
萩原英二web展
☑2020.12.11 fri –  12.19 sat  
☑店頭休業中です
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
☑ご注文後のお支払い変更はシステム上お受けできませんので、
予めご了承くださいませ。


2020.11.19 21時~ web更新

2020.11.15
こんにちは、
今年は秋晴れが多く、気候としてはとても過ごしやすいですね。
2020年も1か月半となりました。

先日まで、フナハシトモハルさんのweb展をご覧頂き、
またお求めくださった皆様、誠にありがとうございました。
メールやインスタのDM,タグ、プレビューとお声がけいただいたり、お見かけするととても嬉しい気持ちになります。
ぜひ、沢山お使い頂き、美味しいごはんで心も体もなるといいです。


さて、そんな余韻もありますが、
クリスマスものが絡みますので、月末web更新を1週間早めます。

☑11/19 thu 21時~
☑店頭休業中
☑発送に3,4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
☑ご注文後のご決済変更はお受けできませんので、予めご了承くださいませ。

ラインナップ、いきましょう!

・ギザギザの針葉樹、モミの木、サンタさん


コロナ禍で心配でしたが、
遥々ドイツよりやってまいりました。
ベティーナ・フランケ工房さんのサンタたち。

モミの木は、S,M,Lと3サイズ。

ギザギザ針葉樹は、5サイズもございますが、
詳細寸法はwebshopにてご覧ください。

こちらは、正面よりもやや上からの眺めがいいです。


今年はゆっくり、
おうちでクリスマスがいいですね。

・青庭製作所(岡山県)川本知史さん
今回クリスマス限定のシェーカーボックス、
ホワイトカラーボックスをおつくりいただきました。
メープルの木肌が滑らかすぎて、気持ちがいいです。

人気のカトラリースタンドも再入荷となりました!
オーク材左とチェリー右です、

また、マグカップも新たにおつくりいただきました。


こちらはオーク材ですが、
ウォールナットもございます。

すこし肉厚で木の感触を存分に味わえます。
川本さん、素晴らしいものに仕上げてくださいました。
いつも試行錯誤を繰り返す姿がとても懸命で、印象的な作家さんです。



・藤野智朗さん(長野県)
久しぶりの入荷となりました!
人気のカップたち、
スープカップ、
お椀、
マグカップ、
山桜のコースター、カッティングボードΦ240、
大き目のピックフォーク
盛りだくさんです、

心も体も暖まるカップたち、
ケーキやパンなどにも使えるカティングボード、
コースターもひさしぶりですね!

特にお椀は我が家でも大活躍、
豚汁やお茶漬け、丼ものと頻繁に愛用しています。

藤野さん、いつも気持ちよくつくってくださるので、
こちらも嬉しくなってしまうくらい気持ちの良い方です。

・ふるいともかずさん(京都府)
ちいさなテーブル〝ざぼん〟が再入荷となりました。



Φ330→チェリー、ウォールナット、クリ
Φ300→ウォールナット

となります、
数点ずつですのでご希望の方お早めに…、

クリは初めてですね、

表面もさりげない彫りがあってとても雰囲気があります。

年末年始はお茶にお酒と、
こちらでゆっくりお過ごしいただけます。

・ハンドルボードs、サラダボウルΦ200、輪花盆Φ240/Φ300
今月のラインナップとなりますが、
サラダボウルがデビューとなります、


栃の木ですね、
色んな色素を持った木ですが、基本明るめの爽やかな感じです。

ずっとつくりたかったので念願です、
仕上げはガラスコーティングにしました。
撥水効果、高いですね。
それでも完璧なコーティングではないので、
表面はオイルを軽く塗ったり、経年変化も楽しめます。
素晴らしいですね、ガラス塗料。

我が家もサラダボウルは毎日愛用しています。

輪花盆Φ240、
こちらは彫り有、無しと数点ずつとなります。


最近はお茶時間を大切にしているので、
Φ240もつくりたかったです。

Φ300はひとり膳にぜひぜひ、、

ささっとご紹介させて頂きました!
其々の特徴がとても感じられると思います。

ぜひお楽しみ頂きながら、ごゆっくりご覧くださいませ。


追加便。

2020.11/5 21時~のフナハシトモハルweb展に向け、追加の木瓜皿、亀甲皿が入荷となりました。

こちらは亀甲皿、

流線的で山桜とも相性良く、とても美しいです。

こちらは木瓜皿、
入隅が深くてメリハリありますね、
どこか動物的な柔らかさを感じます。

フナハシさん、
最後まできっちりつくってくださいました。
とても真面目で誠実な方です、集中力・継続力が凄いですね。こんなにたくさん、中々つくれないと思います。

それでは、web展ぜひぜひお楽しみに…!!

———–

世の状況は以前コロナ禍、
北海道、大阪など全国的に感染増えているようですね。gotoしましたから、予想の範囲内でしょうか。

いつの間にか慣れてきた風潮をすこし懸念しています。経済との両立もあるので、難しい局面です。

個人的な経験ですが、15年前入院時に人工呼吸器の経験があります。
ほんとうにくるしかった、
もういい、と思えるほど嫌な記憶。
その後ショックからか2か月原因不明で声がでなくなりました。

その時の後遺症は今も体に残っていて、うまく付き合うようにしています。
ぜんぜん元気ですが笑。

一度病にかかると、とても、とても面倒です。
ですので、皆さんどうかお気をつけて、、
ご自身とご家族と、大切な方を普段の行動からお守りくださいませ。
最後は自分次第、そう感じております。

一度本気でお伝えしたかったので、
この場をお借りして。

店主

フナハシトモハル web展 11/5 21時~

2020.10.30
朝晩とだいぶ気温が下がってきましたね。
今年も残りわずか、1日1日を大切にしながら…ですね。

さて、〝フナハシトモハルweb展〟開催いたします。
——————————————-
☑2020.11.5.thu 21時~ onlineshopにて
☑店頭休業中
☑発送に3、4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
☑ご決済後の支払方法変更はシステム上承れませんので、予めご了承くださいませ

では、ラインナップのご紹介をしてまいります。
まだ第一便のみです!

まずは大まかに、
サイズや価格は当日のアイテムページにて、ご覧くださいませ。

・輪花皿

なんと7サイズ(本当は1番ちいさなサイズがもう1枚、忘れました笑)、
揃いました。

輪花のディテールが美しいですね、
木目の優雅さは大きいほど感じて頂けると思います。
樹種は、サクラ、チェリー、クリ、ウォールナットが混在します。

一番小さなサイズはΦ123~大きいものはΦ305迄、
こちらはΦ184、


実例はできるだけ、
同じものを使用しました。

比較しやすいのと、
時間の余裕がないのと…両方です!


・角丸トレイ/オーバルトレイ



こちらも沢山揃いました。
曲げ木の技術を活かしたトレイ、

このように銅の釘で仕上げられています。
すっきり軽やかですね、
この写真以外のサイズや樹種もございます。

こちらは、オーバルトレイの大サイズ、
(一番大きいのは特大というのもあります)


お茶セットがゆったり、
ひとり膳としてもお使い頂けます。

・輪花小皿、彫り有3種。


其々の個性、溢れていますね。
裏面はこちら、


フナハシさん、
裏面も素敵にけずってくださいました。
見た目も手触りも◎

・生木のボウル、


生木というのは、
乾燥前の材を使用し、乾くにつれ木が動くのでその自然の動きをそのまま形にしたもの。

つくってみて、
どのような形になるかが見えてきます。

こちらはクヌギ、木目が個性的で可愛いですね彡


4人家族様~に丁度良さそうです。

奥は山桜の大きくて、深いボウル。
このサイズは初めて見ましたが、素晴らしい存在感。

こちらは一番ちいさなサイズ、


我が家はこのくらいかな、
3人家族ですし。

ちいさいのも、使い勝手良さそうです。


・シェーカーボックス
オーバルボックスとも呼ばれますね、
まさか今回入荷するとは…!


オーク、
オーク鉄媒染、
ウォールナット、
曲げ木の小箱、
といったラインナップです。

ほぼ1点ものとなります。

あ、右端にコンポート皿(台皿)もございます。

表情はどれも穏やかでいい感じです。
写真はすこし反射しましたけど!

小箱は、このような蓋や、

こんな貫禄も、

こんな可愛さもございます。
其々1点ものとなります、


・丸盆


シンプルな丸盆。
Φ260→クリ、
Φ300-310→栓、カツラ

フチの丸みに厚みがあり、
とても優しい持ちやすさ。

どこかさりげなく気のきいたところが
フナハシさんらしいつくりです。

続いては、
・リム盆/隅切盆


大きな一枚板を深く刳り貫いてできたお盆たちです。

正方形はややリム仕様、


これは凄い、、
はじめてですね。

ひと手間どころではありませんね笑

長方形の盆もとてもいい感じで、
其々鉄媒染なので、木目が活きるのがいいですね。

そう、木は木目が命です。


最後に、
・山桜の五角小鉢

裏面が星形で…、、


素敵すぎます。

もちろん正面も、


見事な美しさ◎、
言葉いらずですね、

眺めるだけで十分癒されます。




さてさて、
現在hpを制作中ですが、
今回はページ数が多く、見ごたえあると思います。

今年はコロナ禍の影響で、
少なからず皆さま大変な思いをされた方も多いと思います。

でも、色んな気づきもあったはず。
家族や大切な人とのひと時、
普段当たり前におもっていたことの有難さ、
すべてを糧に、
と思えばなんてことないと思ったりもします。


ではでは、
美味しいごはんを食べると自然と力も湧いてきますね。
ぜひ、今回のweb展も楽しいご飯を想像しながご覧いただければと思います。


店主

10.15.thu 21時~web・二人展

2020.10.12
こんにちは。
10月も半ばに入り今年も2か月半となりました。
街の活気もでてきたように思いますが、
やはりマスクがないほうが、皆さんの笑顔が見えていいですよね。

表情ってほんと大事、
常々、そう感じています。

さて、web展まもなくとなります。

〝トナリ木工/川口さん ×平野日奈子さん(陶器)〟
—————————————————————————————-
・期日:10/15(木)21時~10/24(土)0時 webにて
・店頭休業中です
・発送に3,4日頂く場合がございます
・ご注文はお纏めにて宜しくお願いいたします。
・ご注文後のお支払い方法変更は承れません、予めご了承くださいませ。


まずは陶芸家 平野日奈子さん(岐阜県)のご紹介から。

・豆鉢

ちょっと深さのあるちいさま鉢、
サイズ感も形も可愛いですね。

イエローはやや白が斑に入ります。
組み合わせてもいいですね、
大きい器にも。お盆にも合わせやすいです。

・オーバル耐熱皿

元々この形がすきで、平野さんと出会いました。
耐熱皿で、そのままオーブンにも使えてしまう優れもの。

両サイドの立ち上がりが持ちやすくて使いやすい。
普段使いも◎

・耐熱手つきパン

こちらも耐熱、
オーブンレンジ、直火可能ですが、
浅めなので火にかけるより、スープやカレーなどいれるのにおすすめ、
と作家さんも申しておりました。

いいですね、我が家も欲しい…、、

・スクエア耐熱パン

今回耐熱シリーズの中で、いちばん大きなサイズで深さもあります。

オーブン料理をお楽しみになりたい方にぜひおすすめ。
上と下でやや雰囲気が変わります~

いいな、いいな。

・蓋つきマグ

容量多めのマグカップ、
計量しなくては…!

蓋つきでリム皿になっているので、小皿にも使えます。
妻が好きそうだなぁ、、

・輪花ボウル



小鉢よりの輪花ボウル、
全体のバランス美しいですよね、
足もとすっきりさんです。

こちら、3色ご用意くださいました。


上から見るとこのような感じです。
組み合わせてもいいです。

・ボトル

カトラリー入れや、花器の様にもお使い頂けます。

口が広くていいですね。
ちょっと傾いた方が匙がよく見えます。

・一輪挿し/ピッチャー

一輪挿しは大きい1点ものやちいさいものなど、
数点ございます。

ピッチャーは様々な用途有りますが、
花器にもいいですね。

今回の撮影は数点の草花でお撮りしました。

この時期ドライもありますが、できれば生花がおすすめ。
運気上がります~!

ささ、つづいてトナリ木工/川口なおこさん(滋賀県)

・カレー匙、サラダフォーク



平野さんの大きなリム皿に合わせて。
欅の飾りいり匙。
凄いですね、川口なおこさん。
欅凄い硬いですので、、
この1本に色んなものが詰まっているように感じます。

持つと、
どこか懐かしい気分。

マイお箸があるなら、
カトラリーもあっていいですよね。
木の匙、とてもおすすめです。

・プリン匙



白漆のちいさな匙、
プリン匙なんて、可愛い名前です。

暫く食べていないなぁ、プリン。
葵葉ははじめてのプリン、どんな顔するんだろうか、、と想像したり。

上からで分かりづらいですが、
うつわは、アイススタンド。
高さがあって、こちらもおすすめ。

・白漆のお匙とフォーク

ふっくら匙、
可愛らしいですね。

平野山野ケーキ皿と合わせてみました。
幅広の柄が持ちやすくていいです。

・コーヒースプーン


珈琲の湯気が、この球体の形の様に見えた、
とおっしゃっていました。
けむりの形、なんて考えた事なかったです。
色んなフォルムは普段の暮らしから生まれるのですね。

ふっくらマグと合わせましたが、
もう少し高さのあるマグでもいいですね笑。

・コーヒーメジャー

内部の刳り貫きも、
この形までの削りと仕上げ。

あぁ、いいですね。いいですよね。

木の実のようにも、
小動物の様にも見えてしまいます。

・サーバースプーン


大きすぎず、
程よい大きさのサーバースプーン。
うつわでも滑りにくく持ちやすい、
細やかな彫りが心地よいです。

・欅の飾り盆
大きな幅広のお盆、一枚板です。
ディテール、フチのデザインがとても素敵で、目を惹きます。

テーブルの真ん中にどんとおいて、
器や果物など、置きたくなります。

裏面も◎


裏面も素敵すぎますので、
こちらもご活用ください。
陶器のうつわなど載せたらいい感じに映えます。

ちいさいサイズも1点ものでご用意、
形も変わります。

花型など、
ちいさなうつわもございます。
すこし背の高い湯飲みは平野日奈子さんものです。

すこし夏の疲れなど、
も皆さんでてくるころかと思います。

お茶で一息。
心と体、休めてくださいね。

 



駆け足でのお伝えとなりました、いつもです笑
まだhp制作中で、かなり時間を要しています。

続きはweb展にて、
どうぞごゆっくりご覧くださいませ。

いつもありがとうございます。

店主

10月制作分、オリジナルもの

こんにちは。
最近は1日が長い、

それもそのはず、
娘が早朝から布団で跳ねたり、急に演説はじめたり。もちろん何を言っているかはわかりません(1歳2か月)
活力をいただいて、、

さて、そんな朝の時間を活かして
今月も制作しておりました。

其々数枚です、15日のweb展にご一緒しましょうか、
今月は月末更新がないです。

・Φ200 カッティングボード
・φ270     リム皿 
 彫り無し:クルミ、ウォールナット、
 彫り有り:サクラ、ウォールナット×1)
・φ200     輪花小盆
・φ300 丸盆(フチ彫り有:サクラ、ウォールナット)
・Φ300 欅の輪花盆 (彫り有、無し)

木工はできるまでがとても長い道のり、
だからこそ、できたものが旅立つときは優しく包んであげたくなります。

木目、節、天然の色、手づくり感などから、
心地よさや癒しにつながればと思っています。


2020.10.15~ web展のお知らせ

2020.10.9
心地よい気候が続きましたが、台風きておりますね。
また過ぎ去れば程よくなるそうですので、どうかお気をつけくださいませ。

ロベルトさんの個展、
ご覧くださった皆様、ありがとうございました。
また来年もあるので、どうぞお楽しみに…、、

さて、web/二人展を開催いたします。



〝トナリ木工/川口なおこさん × 平野日奈子さん(陶器)〟
—————————————————————————————-
・期日:10/15(木)21時~10/24(土)0時 webにて
・店頭休業中です
・発送に3,4日頂く場合がございます
・ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
・ご注文後のお支払い方法変更は承れません、予めご了承くださいませ。

陶器の個展、二人展、そしてお二人とも初めてとなりました。

平野さんの代名詞、コバルトの器と、
トナリさんのケヤキやサクラの個性的な匙や器がとても相性良く、
今回お願いするにいたりました。

ぜひごゆっくりお楽しみ頂けましたら幸いです。

店主


web展 9.25~

こんにちは、
4連休、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか。
多くの人出を感じながら、web展の準備すすめております。

今回は先日も告知いたしましたが、
木工作家 湯浅ロベルト淳さんのイベントとなります。
アイテム数、というよりひとつひとつのものを渾身に、そして制作数を多くしてくださいました。

☑9/25(金)21時~
☑店頭休業中
☑発送に3、4日頂くことがございます
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
*システム上後から一緒にすることができませんので、
予めご了承くださいませ。


さて、ちょっと駆け足でのご紹介、
まいります↓

・ミニカッティングボード


こちらはちいさなサイズですが、
大きいサイズ、
丸型、
コースターなど、
木地のものもいくつかございます。

ささっと使いやすいもの、
いいですよね。

・スープボウル



これからの時期は特に活躍してくれます、
スープはもちろん、
ボウルとしてフルーツやサラダにも盛り付けて頂けます。

重ねても納まりよいです~

・漆のカトラリー×角皿


どちらも個人的にもかなり重宝しています、
カトラリーはすっかり手に馴染み(一生使うつもり!)、
角皿は6年目に入りましたが、いい艶に育ってきています。

木のいいところ、
〝軽さ〟と〝経年〟ですね

・リム皿Φ250


こちらもおすすめ、
ロベさんいいものばかりで大変です笑

Φ250、リム幅をアクセントにしているのがとてもいいです。

フチの黒は鉄媒染、
こちらは全体を薄くコーティングしながらのオイルなので、
染みなどできません。

お好きなお料理、気兼ねなくいただけます。


・漆の豆皿×小鉢



花型、彫り、漆、
ほんとうに手間の掛かることをやり通す力、
ここがロベルトさんの凄いところです。

6年前からのお付き合いですが、
お会いするたびに進化しています。

向上心、
大事ですね。見習わないとです笑。

小鉢は白と黒、

 

深さがあるので、
ボウルとして、スープなども大丈夫です。

漆、天然素材でとっても優秀ですね~安心です


・おうちバターケース



持ち手が豪邸のおうちで、
食卓でも気持ちよくお使い頂けます。

木のケースはもちろんそのまま冷蔵庫へ、
バターが硬くなりすぎないのがよいところです。

パンなど溶けやすいほうがいいですね。

・リム皿Φ270


今回新作のリム皿、
Φ270、ゆったりとしたサイズで、
彫り仕様、漆、と抜け目ない逸品に仕上げてくださいました。

食材映えそうな雰囲気、溢れていますね。

間違いなくいいうつわ、さすがロベルトさんといった印象です。

あとは私の写真技術が…おいついていないですね笑、
すこし反射してしまいます。

でも実際は落ち着いていて、上品なのです


さて、ずいぶんな走り書きで恐縮です。

今日は祝日とあって、多くの方が気持ちよさそうに歩いている姿、
ちいさな子供たちの声には、活力を感じさせてくれました。

我が家も娘は5時か6時に目覚め、
妻か私にダイブしてきますので、朝から活を頂き励んでおります笑

そして、web主流の活動から半年。
遠く離れた皆さまのお名前は、私たちに大きな元気を分けて頂いております。
ご購入云々に関わらず、木のものをご覧頂き、
気持ちが楽に、癒しの時間をお届けできたらと常々思っています。

ではでは、
コロナや気候にも負けず、
美味しいご飯食べて元気に、元気にいきましょう。

どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

svale furniture
店主

 

 

2020.9.25 湯浅ロベルト淳 web展

2020.9.17
朝晩と涼しくなり、秋の気配を感じる季節となりました。
梅雨の長雨、猛暑とつづきましたので、すこし落ち着くといいですね。

さて、約1年半ぶりとなりましたが、
木工作家 湯浅ロベルト淳さん(静岡県)のweb展を開催させて頂きます。



☑9/25(金)21時~
☑店頭休業中
☑発送に3、4日頂くことがございます
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
*システム上後から一緒にすることができませんので、
予めご了承くださいませ。

主なラインナップ(おそらく!)
・スープボウル
・リム皿
・丸、角皿
・新作のうつわ
・漆のカトラリー
・漆のサーバースプーン
・よつ葉の小皿、小鉢
・バターケース
・カッティングボード
等、様々です。

ロベルトさん、
おひとりでここまでそろえられるのは本当に凄い、、
山の上の工房で、日々籠りながら制作に集中されています。

木工品はうつわの中でも特に手間の掛かるもので、
数量とクオリティ、
そして継続する力が求められます。

その中で、今回新作も添えて数か月ご準備くださいました。

それでは、また改めてご紹介してゆきます。

どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

店主


20220 8.27 木工市 開催いたします。

こんにちは。
すこしだけ、朝晩の風がかわってきたような感じがします。
たまに鈴虫も鳴きますし、秋の気配がでてきました。

さて、夏の木工市開催いたします。
————————————————————-
☑8/27(木)21時~
☑web掲載にて (店頭は休業中です)
☑発送に3,4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにて、
システム上後から一緒のお会計にできませんので、
予めご了承くださいませ。
☑主なラインナップは以下の通りです。

❶岡野達也さん(東京都)
・花皿
・オーバル皿(レギュラー、花型、花型大←1点もの)


チェリーは華やかさを、
カエデの鉄媒染は落ち着きを与えてくれます。

鉄媒染は、鉄の成分とカエデの持つタンニンの化学反応で、
自ら色をだしたものです。
塗っていないので、木の質感が残り素朴さがあります。
ガラスコーティングで仕上げています。

オーバルのレギュラーものはこちら、

シンプルですっきりさんです。

岡野さんのうつわ、活力が湧いてきます。

❷青木郁美さん(長野県)
・萼三片
・雪雲多角プレート
・花弁はしおき
・りんごの木の楊枝

美しい可憐な白いうつわたち。

無垢材にとても合いますね。

青木さんのつくられるものは、
デザインも使い勝手も良くいつも惹き付けられます。

こちらは自宅にて、


パンプレートとして程よいです。
萼三片は、お塩やジャム、薬味、漬物など。
時にエッグスタンドや大きさによってはスプーン置き、
自由にお使いいただけます。

上の花皿とスープボウルは水谷和音さんのもの、
爽やかな組み合わせでほっこりです。

❸杉村徹さん(茨城県)
・うつわ *1点もの
・箱オブジェ *1点もの
・棚、スツール *オーダーもの

いろんな形、樹種のうつわが入荷となりました。
この暑さの中、さすが杉村さんです。

うつわは船底のようなエッジのきいたもの、
深さのあるもの、
左右非対称のもの、
など、個性揃いです。

こちらはクリのうつわ、
残れば我が家にも…!

棚板、スツールもとっても元気です。


すっきりしていて、
こころが落ち着きます。
置時計なんかもいいですよね、見るたびに幸せな気持ちになるといいです。

一応、納期は3か月が目安となります。

❹村上直子さん/白井隆仁さん(滋賀県)
・三つ葉の小鉢
・鳥ブローチ


ちいさな小鉢、
薬味などにとても最適で、我が家でもよく使わせて頂いています。
鳥のブローチは1点もので、
嘴のながい子やちいさな雀みたいな子もおります。

他にもお願いしているのですが、
お忙しそうでまた先となります。

❺オリジナルもの
・サクラの折敷
・クルミの角盆
・ケヤキの花盆Φ300
・丸盆Φ300
・花小盆Φ200、220
が揃いました。



お盆、折敷の4種はずっと頭に描いていましたが、
樹種の仕入れやデザインなど、結局2年位かかりました。

その分、永く定番ものにしようと思います。

 



↑あっ、森川雅光さんの鬼おろしも入荷しております!
おろしで体調整えてくださいー!

花盆はうつわが入るとこのような雰囲気に、、


撮影用なので小さめの器たちですが、
実際はもうすこし大きな小皿で丁度良いです~。


ケヤキは日本生まれの、日本育ち。
昔から大事な場所に使われ重宝されてきた木ですね。

花小盆ヤマザクラが殆ど、


なんだかつい、バード置きたくなります。

妻がバスクチーズケーキつくってくれたので、
花小盆で一休みしてみましょうか。


カップとケーキで丁度いいくらいです。
ぜひ、お茶時間を癒しに、、

❻山葡萄籠
まもなく1か月、8・31までの期限となりました。
まだまだお選びできます~!

私は愛用するようになってから丸2年、
外では目立つのか、いいねぇとお声がけいただく事が多いです。


❼青庭製作所 川本さん(岡山県)
・シェーカーボックスNo.0~6
・カトラリースタンド 

今回初となりました、オークのカトラリースタンド、

川本さんにお願いして、
試行錯誤の上、おつくりいただきました。
径は上の方がやや広め、
底板は無垢で厚くし、重みをだしています。

念願でとても嬉しいのです。

また、ヤマザクラのシェーカーボックス、
N0.0~2が新たに加わりました。

積みたくなりますよね。
サルも座りたそうでした。

本当に美しいです、
上品な山桜のしかも柾目仕様、
川本さん凄すぎます。

シェーカーボックスは陰影がでると
いい佇まいになります。
ぜひ、おひとつ。そしてすこしずつ揃えていってください。


今回も走り書きで恐縮ですが、
木工市のご参考にしてくださいませ。



まだまだ暑い中での家事育児、仕事にとお疲れ様です。
しっかり食べて、寝て、体調等どうかお気をつけてくださいね。

ではでは、どうぞお楽しみに…!




2020.7.30 21時~ web更新のお知らせ

2020.7.25
こんにちは。
中々梅雨があけませんね、
早くこの湿気からのがれたいです!そのあとは猛暑ですが!

さて、今月末のweb更新、
以下のものとなります。

◆山葡萄籠 ― 山からの贈り物 ―
前回のブログですこし特集しましたが、
1年に1度のご紹介となります。

歳を重ねてきて、このよさがじわじわとはいるようになりました。
個人的にはこの感じが好みです。

全部で10種類、


いろんな編み方で其々個性光ります。


◆小川綾 -ちいさな花器とぶら下げオブジェ ―

相変わらずの可愛さ、
もう普遍的ですね、掌におさまる花器です。


今回は雨続きで、
自然光がたりない…笑。

陽射し、はやはり大事ですね~心にも体にも。

植物は生花で◎
枯れた木は運気を下げるらしいので、
ドライもたまにはいいですが、ぜひお花や植物いれてみてください。

◆真心のかご ― 北の大地から生まれた白樺かご-

真心さん、いつも1年に一度ですが、
今回特別におつくりくださいました。

 

白樺の幹は白く、細くて背が高い。
でも風雪に耐え、逞しく成長していますね。

樹皮がすばらしいのではないかと思います。人間では耐えられないですしね。

自然にはかないません。

 

森の中には危険もいっぱい、
作家の真弓さんも、カサカサと音がするとすぐ振り向いてしまう、
とおっしゃっていました笑

こんな可愛いこもいますが、

最近、動物好きです。
疲れてるのかな、、とても癒されます。

今回、大きな籠が3点と
その他ちいさなものなど基本、1点ものとなります。

今回、大きなかごの撮影は外で。
杉村徹さんのスツールにお力添え頂きました。


◆水谷和音さん ― 淡いブルーグリーン陶器のうつわ ― 

ひさしぶりに陶器のうつわが入荷となりました。
水谷さん、穏やかで素晴らしい方です。

しっかりと考えられたディテールと
すこしの遊び心、釉薬の自然な出方など、いろんあ要素が程よく合わさったうつわたち。

こちらのガーデンシリーズも◎


可愛らしいですね~、
小皿。

すこし深さがあって、使いやすいです。
季節問わず、ご愛用いただけます。

◆菅原博之  -  ちいさな壁面挿し  花カベ  ―

もうご存知の方多いですね。


左から、
カエデ
ナラ
サクラ
クルミ
神代カツラ
と揃っています。

まずはご自身に。
そしてしばらく会っていないお友達にもおすすめです。
元気づけてあげましょう。

プチ袋でのラッピング、承っております。

◆里見裕子さん - 木のマドラー ―

今夏も到着しました、
こちらでデザインしたマドラーを里見さんにアレンジいただき、
つくっていただきました。


うんうん、いいですいいです。
先端のオーバルたまご型がアクセントです。

柄はポッキーより細いくらい、
縦に厚みを出して強度にしてくださいました。

今年は家で、スペシャルドリンクのお供にしてください!

◆気まぐれ店主の制作もの

今月もつくらせていただきました、有難いですね。働けること。


・カエデのコースター
・ハンドルボードs
・小枝挿し
・Φ200ハンドルボード
・パンプレート
・Φ150小盆
・オーバルボード

其々すこしずつとなります。


そして初となりますクルミの角盆。


5mmフチ、浅めの乱彫りです。

クルミらしく、ちょっと荒削りにして雰囲気出しています。

こちらは対照的な、サクラの折敷。

できる限り均等に彫っています。
中央に妖艶な表情がありますが、きっと木のコブの方ですね。
凄い硬くて、いい手ごたえでした。

折敷は今回一枚、中々手いっぱいで…笑

まだまだ頑張らないといけません!

でも、健康第一ですね。
体さえ元気でしたらなんとでもなります。

8月も共にがんばりましょう!


☑山葡萄籠展 7/3o 21時~8/31迄
 web更新  7/30 21時
☑店頭は自粛休業中となります。
☑発送に3,4日頂いております。
☑ご注文はお纏めにて、後から一緒にすることができませんので、
予めご了承ください。

どうぞお楽しみ頂きながら、ご覧くださいませ。

店主

山葡萄籠 展

2020.7.22
もうすぐ梅雨明けでしょうか。
今年初めて蝉の鳴き声が聞こえております。

さて、今年もやってまいりました、
長野県北アルプスの山育ち〝山葡萄籠〟web展を開催いたします。

ひとつ渾身のものですので、
数量は僅かとなりますが、きっとお好きな方いらっしゃると思います。
素晴らしいものです。

つくり手の籠作家 才木良隆さんから、
お写真いただきましたので、ご紹介してゆきますね。

さぁ、おでかけです。
澄み切った青空、気持ちがいいですね。


もう山に入ります。

まるで歓迎してくれてるよう木漏れ日、

神秘的ですね。
心が浄化されてゆくようです。

標高1200付近、
道なき道を。

中央のチョタローさん(才木さんの相性)を
パートナーの方が撮ってくれています。
お二人で力を合わせて…!

歩き続けるとこんなことが…
ま、まさかそこにいるのは、

ヤックル?
もうすでにもののけ気分です笑

こちら様は山の中での古株でしょうか、
老いてもなお。
苔やちいさな植物が寄り添っていますね。

探し回って、歩き回って。
ようやくたどり着いた山葡萄、
細く長い蔦が他木に寄り添い、天高く誰よりも高く陽ざしを浴びようとしています。

賢いのですね。
自分でできること、
生きていく術をもっています。

樹皮を頂いて、、

取れる樹皮は僅かなもの。
幹と呼べるほど太くはないのです。

ん~貴重ですね。

採取は雨季の3週間のみ、
水分を含んでいないと写真のようにとれないのです。

ささ、大変な作業後、
帰り道もお気をつけて…!

憧れですね、後ろ姿。
この樹皮は約2年乾燥します。

道のりはまだまだです。


眺めのよい景色で一休み。
新鮮な空気と青い空、緑。
他になにもいらないのでは…

山を下りながら、
車道に黒い塊…、動いています

こぐまさん、
迷子でしょうか。
お母さんと会えます様に。。

こちらから新たな視線が…

お猿さん、エサ探しですね。

帰ってポストを開けば、

カエルさん。
どうやって飛び乗ったのか、、

山では多くの癒しと沢山の生き物たち。

常に危険ともとなりあわせですが、
才木さんたちはその中でもとても楽しんでおられました。

今回お会いできませんでしたが、
来年は長野にお出かけしてお会いできないかなと思っています。



それでは、
大自然の中から生まれた山葡萄籠、
どうぞご覧いただけましたら幸いです。


————————————————-
☑期間:7/30  21時 ~8/31迄
☑web掲載にて *店頭自粛中です
☑すべて1点ものとなりますが、
乱れ編み籠以外はおつくりもできます。
都度、お声がけくださいませ。

お楽しみに…!

 

ふるいともかず web展

2020.7.7
今日は七夕でしたね、
もし短冊に願いを書くなら皆さん、いかがでしょうか。

今でも十分幸せですが、
このモヤモヤした世界が穏やかになるといいです。
話大きすぎますね笑

さて、7/10(金)21時よりはじまります、
ふるいともかずさんのweb展、

最後まで、沢山つくってくださいました。
とはいえ、おひとりでの制作なので、アイテムによって少ないのもございます。

その中でお楽しみ頂けましたらと思います。

①筒挿し、

今回3種、しっかり揃いました。
画鋲で壁面に取り付けています。
左から、
クリ、
チェリー、
ウォールナット、

となります~。
ラッピングも承ります。(箱、袋どちらでも)

②帽子フック、

今回クリ材も加わりました、
単体でも、専用のバーと組み合わせてもお使いいただけます。


③さざなみプレート各種

もうご存知の方も多いですよね、
細やかな彫り跡がさざ波の様に見える木のプレート。

長方形は3サイズございます、
詳細はアイテムページにて、後日ご参照ください。

今回こちらΦ150の丸型がはじめてとなります。
数量僅かですが、、
使い易そうです。

 

一番大きなものは、
305角。

折敷の様にお使いいただける人気もの。



陶器のうつわはまた次回、
ご紹介いたしますね!

④丸盆
クリ、

ウォールナット、

チェリー、


と3樹種ございますが、
サイズも其々で、クリは1点もののような感じとなります。

ここまで揃うのも個展ならではですね。


⑤ざぼん
小テーブル、
お茶時間や晩酌など。
ゆっくり過ごしたい時にいいですね!

家具づくりの経験のある、
ふるいさんならではの木の道具です。


⑥棚各種
今回の新作、ベンチの棚板。

w300とコンパクトで可愛らしいです。

個人的には、置き型もいいかなと思っています。


タナ心に火が付きまして笑、
↓タナ角450、撮ってみました。

 

すっきりさんで、飾りも多くお楽しみいただけます。

個性あるさざなみ2段も健在です。


棚板、ランプなど
受注生産のものは約90日を目安にして頂けましたら幸いです。
ご注文数次第で変わるかもしれませんが…、

 

ではでは、
だいぶ走りながらのご紹介となりました。

まだ世の状況は落ち着いておりませんが、
どうか家の中だけは心地よく。

リラックスできる環境づくりとして、お役に立てればと思っております。


お気軽にご覧くださいませ。

svale furniture
店主

 

ふるいともかず web展のお知らせ

2020.7.2
今年も半年が過ぎましたね、

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

ここにきて、連日ウィルス感染者が増えてきてしまいました。
世界中で拡散し続けていますし、
歴史から見てもすぐに終息するはずないですよね、、

ひとりひとりの意識、
だけでは中々対策としては不十分のように感じます。

個人的には、お店に皆さまをお呼びするのは、
まだまだ心苦しい状況ととらえています。
移動や蜜を促してしまうこと、を避けなくてはなりません。

安全の確保、
を最優先事項とし暫くはweb活動に専念してゆきます。


さて、表題の通り〝ふるいともかず展〟を開催いたします。


・筒挿し
・一輪挿し
・帽子フック/バー
・タナカド
・新作棚板
・蓋物
・さざ波プレート各種
・パスタ深皿
・お盆各種
・ざぼん
などとなります。

———————————————————–
☑7/10 21時~7/19 (日)web掲載にて
☑店頭休業中
☑発送に3,4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてお願いしております。

*一旦準備の為、一部を除いてアイテムページを非公開とさせて頂きます。

それでは、7月からも元気に生きましょう、
よく笑いましょうね!半沢直樹もはじまりますし。

店主

6.25 webshop更新のお知らせ

2020.6.16
こんにちは、
6月も半分が過ぎ、今年も半分が過ぎようとしております。

皆様、すこしお疲れではありませんか。
この湿気や暑さに耐えられますよう、どうか体調管理などお気をつけてください、、!

さて、今月末のweb更新ですが、
ラインナップは以下の通りです。

・岡野達也さん ハンドルトレー

アーチ型の持ち手が美しいですね。
曲げ木、真鍮との組み合わせがとてもいいバランスです。


ひさしびりに家で撮影していたら、
葵葉がよってきました。

りんごどうぞといったら、
ふたつも…!

よくばりさんです笑

つづいて、
・藤野智朗さん マグカップ、スープカップ、ミルクピッチャー、お椀

お椀がデビューとなりました!
Φ120×h70、小どんぶりとしても◎
藤野さんのものは日常使いにとてもいいです。


・會田竜也さん 茶筒、茶匙


1年半ぶりです!フタのおさまりがとても心地よいです。
木っていいな、と感じます。

こちらは茶匙、


茶筒の中にいれますので、無塗装となります

・後藤睦さん 蛇腹ランプ

3年半ぶりの復活となりました!
相変わらず動きがよくて、3か所可動の壁面ランプです。
ソケット(傘ナシは)は、
サクラ・クルミ・ウォールナットでご用意しております。
ちなみにこちたはサクラ↑

 

こちらはクルミ↓
シェードタイプデス。

注意点など、
細やかなことはアイテムページにてご確認ください。


・里見裕子さん スパイス匙
・隅切コースター
・ハンドルボードs
・φ200カッティングボード
・オーバルボード


オリジナルはサクラがメインとなります、
隅切のコースターはすこし色が濃いサクラとなります~。



例年より暑い梅雨時期となりましたね、
冷房などで冷えた体に温かいもので整えていきましょう、!

それでは、ごゆっくりとご覧くださいませ。

☑6/25 21時~start
☑発送に3,4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします
*後から一緒にすることがシステム上できませんのでご了承くださいませ。

 

輪花皿8寸 バックオーダー終了いたしました。

*ご注文の集中により、終了とさせて頂きました。
お選びくださった皆様にはお時間頂きますが、どうぞお楽しみにお待ちくださいませ。

また、次回は暫く先となりますが、
今後とも森田孝久さんの作品をご紹介してゆきます。

———————————————-
2020.6.4 21時~web展に伴い、
今回制作ができなかった森田孝久さんの輪花皿8寸ですが、
6.4~14日までの10日間限定にて、受注生産をお受けすることとなりました。



元々、1年に1度か2度しか手に入らない、
とても制作に時間の掛かる木の器となります。

◆対象:輪花皿8寸のみ
◆期間:6/4 21時~6/14  23時
◆数量:おひとり様2点まで
◆樹種:クリかウォールナット
◆手続:webshopより通常と同じようにご手続きください、代引きも可
◆納期:材料の確保、制作スケジュールを加味して秋ごろ(曖昧ですみません!)、
また、ご注文数によっては年内迄となる事もございます。

上記の内容で、
もしご希望でお時間もお待ちいただけるようでしたら、
ぜひぜひ、ご検討くださいませ。

 


今までも、
online shopではどうしても早くなくなってしまう、
などのお声も多かったので、今回森田さんと相談しこのような対応となりました。

それでは、
web展どうぞお楽しみ頂けましたら幸いです。

PAGE TOP