Notes

無垢材、ラウンドテーブルご納品。

2019.8.2
千葉県M様邸へ、
ラウンドテーブルをお届けいたしました。

樹種はチェリー材、
曲面がとくに合いますね。
丸テーブルにとても良い雰囲気が出てまいります。

今回、M様ご夫婦お二人にとって、
銀婚式の記念にお選びいただきご縁となりました。

好きな器を並べて、
お食事したり、お茶したり。

沢山の幸せな時間が詰まってゆくのが楽しみです。

ぜひ末永く、
お二人にとってかけがえのない場所としてお過ごしいただけますように。

svale furniture
店主より

オーバル型テーブル、ご納品。

2019.7.31
東京都T様邸へ、
オーバルテーブルをご納品いたしました。

写真はお届け前の家具職人、森井さんの工房にて。
樹種はチェリー材、こちらが天板の形です。


長手側はオーバルの曲線、妻手側は直線にしているので、
長方形や丸テーブルの間に位置した形となります。

それにしてもすばらしい木目、
今回はリップルマークと呼ばれる風に揺られたような光沢ある杢が入っております。

続いて脚ですが、

シェーカー様式のスタイルで2本脚です。
強度はもちろんのこと、出入りの自由さやすっきりさが特徴です。

普段から妻手側にも座りたい、
ということでしたら4本脚にもアレンジ可能。

こちらの脚は組手でつくり、
天板と脚フレームのみボルト固定となっております。

仕上げはオイル、
さらっとして気持ちがよいのです。

まだまだ暑さも続くようですし、
居心地の良い場所となりますように。。


蝶皿。

2019.7.8
木工作家 森田孝久さん制作の蝶皿。


分厚いウォールナットの一枚板を刳り貫き、
緩やかな縁が何とも美しい器です。

ここまでのもの、中々ございません。
制作数は僅かですので、ぜひ注目してみてくださいね。

スープカップはアトリエ・ドゥオル長谷川さんのものです。
9月の木工市にまた入荷予定です。

tvboardご納品

2019.7.8
先日ですが、東京都H様邸へtv boardをご納品させて頂きました。
写真はお届け前岐阜の工房にて、

樹種は最近希少性が高くなってきたウォールナット材、
総無垢材です。

最近疲れ目ではないですか?
無垢材オイル仕上げのものは光を吸収するので最適です。

手触り、質感、木目、佇まい。
ひとつでも無垢材家具があると、心がとても落ち着きます。
写真でのお伝えは難しいですが笑、ぜんぜん違いますよ~。

H様邸にてぜひ末永くご愛用頂けることを願っております。









無垢材チェスト。

2019.6.13
チェリー材のオリジナルチェスト、新たに入荷となりました!!


W900×D400×H800、
もちろんオーダーですので、
サイズ・仕様などアレンジ可能です。

取っ手は真鍮のツマミ、
抽斗がとてもスムーズなので、取っ手も真鍮のツマミにしてみました。
とても心地よいです。

制作は家具職人の森井さん。
いつもテーブルなどつくってくれています。

*抽斗の中にも木の小物が沢山、
ぜひご覧くださいませ。



椅子LK-14、ご納品

2019.5.18
程よい気候の中、長野県軽井沢S様邸へ椅子のご納品となりました。

光と緑に囲まれた、
素敵な空間。
吹き抜けも開放感あっていいですね。

椅子の座面はペーパーコード。
デンマークから取り寄せて、日本の家具職人 岐阜の石川さんが手編みしております。


ものが無い時代に生まれた知恵と工夫。
程よい弾力、通気性、強度、軽さを兼ね備えております。



樹種はオーク材にて。

楽しい時間の支えになることを願っております。

NEW!! オーバルテーブル。

先日、ダイニングテーブルの展示分が納品となりました。
無垢材、ブラックチェリーにて
形はオーバル型ですが、妻手側(短い方)は直線の新しいスタイルです。


目的は〝居心地の良さ〟の追求。
曲線を入れて、リラックスできる空間となるようにデザインいたしました。
ちょっと角度あると、穏やかな気持ちに。。
丸テーブルと同じですね。

脚もシェーカー式のもので、、
こちらは展示にてご覧いただけましたら幸いです←ちいさなお店なので撮影が難しくて…笑。

制作は家具職人の森井さん。
ディテールもつくりもとても良く、皆さまの暮らしにて活躍することと思います。



新たな暮らしの拠点に。
今までの暮らしをより快適に。

お気軽にご覧いただけましたら幸いです!

Φテーブル、椅子ご納品

2019.4.15
東京都N様邸へ、ラウンドテーブル/椅子LK-14を
ご納品させていただきました。(写真は工房です)

すこしフーッと深く呼吸できるような、
落ち着きあるウォールナット材にて、、


楽しいお食事と、
寛ぎの場所としての活躍を願っています。

椅子はN様ご夫婦のように仲良く見えます。

もうすこし大きくなったら、ベイビーくんも一緒に囲む賑やかな食卓となりそうです~。

チェストご納品

横浜市K様邸へ、
オーダー頂きましたチェストをご納品させていただきました。


樹種はチェリー材。
高さを800に調整し、抽斗・取手を仕様変更して
オリジナルのものとなりました。

仕舞って、
飾って、
ただただ眺めて、

木がお好きなK様邸にて、
今後の暮らしがとても楽しみです。

ベンチご納品。

2019.3.28
先日F様邸にご納品いたしましたペーパーコードのベンチ。
オーク材×ナチュラルです。

今回はW1300と長めのサイズに。職人がわかりにくいよう補強を入れていただきました。

見えないところへの工夫、に感謝です。

F様邸で可愛いおこさまたちに沢山座って頂ければ嬉しい限りです。

ラウンドテーブル。

東京都O様邸へ、
無垢材のラウンドテーブルをご納品させて頂きました。
材はブラックチェリー材、
Φ1100となります。

普段はご夫婦でゆったり、
家族で囲めば、楽しい時間がずっと続きます。

まだサクラ色ですが、
使うほどに飴色へ変わってゆく様も楽しみですね。

どうか末永く、O様邸での活躍を願っております。

オーダーデスク。

東京都Y様邸へ、
オーダー頂いたデスクをご納品させて頂きました。
写真は家具職人の石川さんより、工房で撮ったものです。

樹種はオーク材。
サイドシェルフとコーナーで合わせたもの。
サイズもcm単位で調整し、棚の位置や配線穴などもお付けし、天板は10Rで丸みを出しています。
4月より小学校に上がられるお嬢様、
リビングでPCなどされるご家族様、
そして生まれたばかりのE君にもいつか使っていただけるといいです。


制作には数か月、お時間を頂戴いたしますが、
長くお過ごしになられる場所を無垢材にておつくりしております。

ご相談などお気軽にお申し付けくださいませ。

スツールご納品 K様邸

数か月の製作期間を頂き、
ペーパーコードのスツール/LK-04、
オーク材をご納品させて頂きました。


まだ日も浅いのですが、
すっかりK様邸のウッドダイニングとも馴染み、仲良く暮らしています。
ちらっと見える椅子も可愛いですね。

スツールが末永くご家族の支えとなることを願っています。

K様ありがとうございました。

ラウンドテーブル。ご納品いたしました。

2018.8月、まだ暑さが厳しい頃ですが、
東京都T様邸へラウンドテーブルLK-02と椅子LK-14をお届けいたしました。

たまには正面から、、
岐阜の工房にて職人に撮影いただきました。

テーブルはウォールナット、
椅子はチェリー材です。
それぞれ経年しながら、
馴染んでいく姿が楽しみです。

椅子も約2年間改良を加えて
とても座り心地の良い椅子へ仕上がっています。

頼りになる職人と、
大切にしてくださる皆さまのおかげで木も幸せな暮らしがはじまっています。

T様ご家族にとって、良き時間がたくさん過ごせますように…。


ふるいともかずさん、ランプシェード新入荷。

京都の木工作家、ふるいともかずさんのランプシェードが
展示に加わりました。
サイズはΦ150とコンパクトで可愛いです。


本当は2灯並べて取りたかったのですが、
写真が難しく…!

とりあえず1つで撮りました。

彫りも仕上げも美しく、
チェリー材、真鍮との相性も◎

お越しの際は一目ご覧くださいませ。
光が包まれていて、よい雰囲気でております。

まもなくonline shopにも掲載いたします。

椅子 LK-14 ご納品。

愛知県名古屋市K様邸へ、
椅子をお届けさせて頂きました!

高さのある窓から差し込む光、
緑に囲まれながらダイニングへ仲間入り。



なんとも心地よさそうです!

このような素敵な空間で暮らせることはとても羨ましいですね。
LK-14もご納品2日目とは思えないくらい、
すっかり馴染んでいます。




K様には、座り心地はもちろんのこと、
つくりや構造などの意図までじっくりご覧いただけました。

長くそして毎日の支えですので、
本当に気に入ったものに囲まれると幸せですね。


ご検討から制作ご納品まで数か月頂きました。
そしてこれから何十年となりますが、椅子と共にK様ご家族との幸せを願っております。

ちいさなテーブル、ご納品。

φ600×h600 オーク材、
リビング/サイドテーブルとしてつくらせて頂きました。

写真は工房にて。

正面からみると2本脚のように見えますが、もちろん4本です。
片手でも持ち運びできますので、ソファの前や横にラクラク移動。

T様、ぜひ末永く育ててくださいね。
いい味でてきますよ~

 

 

制作は岐阜の工房より、家具職人の石川寛之さん。

スヴェイルのオリジナル家具の殆どをつくっていただいています。
こちらの意図やニュアンスが明確に伝わり、ベストパートナーです。


安心して、皆様の暮らしのお供を制作することができます。

サイドボード、ご納品。

2018.7.15
西東京市F様邸へ、オーダーのサイドボードをご納品いたしました。

できたてのブラックチェリー材です。

幅、深さなどをアレンジして、
扉内はミシンや本を入れたりと具体的にイメージしながらオーダーを頂きました。

まだ薄いサクラ色ですが、
深みを増してゆくのが今からとても楽しみです。


取っ手の真鍮もピカピカですが、
暮らしに馴染むとともに落ち着いてゆきます。

天板の上や壁面など、インテリアとともにお楽しみいただけるといいですね。

無垢材テーブル、ご納品。

茨城県K様邸のご新居へご納品いたしました、無垢材テーブル。
オーク材にてつくらせていただきました。

こちらは工房にて、
完成時の写真です。


お持ちの低めの椅子に合わせ、
高さを50㎜低くし制作。
脚元はすっきり、美しく。できる限りシンプルに。



お嬢さんはとても勉強が好きで、←凄いやる気でした!
店でも色々と書いてくれたり、お話ししてくれたり。

テーブルでも頑張ってくれるかな、、と期待しています。

K様ご家族にとって楽しい食卓、
幸せな時間が毎日過ごせる場所となりますように…

無垢材デスク ご納品。

群馬県I様邸へ、
ご注文いただいておりましたデスクシェルフをお届けいたしました。

ウォールナット無垢材、
リラックスできるパーソナルスペースとなれば嬉しい限りです。


お仕事柄、普段忙しいI様にとって、
ささっと本を取り出せることやお気に入りのチェアのサイズに合わせてカスタム。

家具は昔から、一度置くとほぼfixしますから
細やかなところまで調整してつくることが、理想ですね。

配線穴も◎


ぜひ末永くご愛用いただけるといいです。

杉村 徹さん お取扱いはじまりました。

私にとってはとても憧れな存在の木工作家、杉村 徹さん。
スツールやベンチ、木の器や棚板などお取扱いをさせて
いただくこととなりました。

先日もお会いしましたが、物腰の柔らかな素敵なつくりてさんです。
ものを通してもその優しさを感じていただけます。


W900のちいさなベンチやスツール、
樹種・サイズ・高さ、など様々です。
脚のみメープル材となりますが、これは脚を補足しても強度が保てるからですね。

厳しい寒さに耐えた堅いメープル材の適材適所です。




座面は様々な工夫が詰まっています。
座った時に当たる場所、持ち上げた時の手の感触など‥

写真だけのお伝えではと思い、また数量も限定ゆえ今回は店頭のみにてご提供させていただきます。

ご興味ございましたら、どうぞおかけくださいませ。

 

椅子、展示再入荷いたしました。

2018.4.7
春の南風、看板が飛んでしまうほど風が強いですね。

さて、スヴェイルオリジナル椅子LK-14、
数㎝、確度や背板など全体の微調整を経て、岐阜の職人よりお店へ到着いたしました。

細やかなことを積み重ねた集合体。
常に進化しながら、ひとつの歴史が生まれていくような感覚です。

数か月、職人石川さんいつもありがとう。

店内にて、オーク材・チェリー材をご用意しております。

お気軽にお試しいただけましたら幸いです。

サイドテーブルご納品。

2018年も3か月が過ぎました。
サクラの開花も早かったですね、、個人的には新緑の5月が一年でいちばん好きです。

さて、先日ご納品したウォールナット材のサイドテーブル。
もちろん無垢材、工房にての一枚です。


何度かご紹介しています、キャスターつきのものです。
3人とも似ておりますが、いちばん左はリモコン置きの棚板をいれたオーダーものです。

移動も楽でとても使いやすく、リビングでは特に重宝いたします。

皆さんの使い勝手、ご用途に合わせてオーダーも可能です。その分お時間はいただきます、、

定番サイズはたまに在庫ございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

オーダーデスク、ご納品いたしました。

2018.3.11
ご納品少し前の工房で撮った写真となりますが、
オーダーいただいていたデスクの制作、ご納品をいたしました。

ご長男くんのデスクとして、
オーク材、シンプルで気持ちの良い仕上げです。



真鍮の取っ手もいい感じですね。
全体的な直線のディテールに合わせて、角取手をお選びいただきました。

お好きな椅子やスツールと合わせて、



沢山の学びの場として、
頑張ってね!と期待を込めた、親から子へのプレゼント。無理しても大丈夫。木がきっと癒してくれます、、


おこさんのデスクを
ご両親が引き継いでお使いになられる方も無垢では多いと感じています。

ぜひぜひ末永くお供させてください。

無垢材サイドテーブル

2018/03/10
ひさしぶりにカメラを手に取って、
目に入ってきたのはちいさなサイドテーブル。

本当はソファやパーソナルチェアに合わせた方がいいですが、
今回は椅子にて。
こちらウォールナット材。

真鍮のテーブルランプともよく合います◎

チェリー材、明るく元気な印象が魅力です。
時間の経過とともに、落ち着いた飴色へと変化してゆきます。


オークも負けじといい感じです。
光が当たると爽やかですし、夜は穏やかに落ち着きます。

どの素材もよいので、
店頭にて見比べていただけます。

キャスター付きなので、そのあたりの動作もぜひぜひご覧ください。

 

テーブル、チェアご納品。

2018.2.27.
2月も僅かとなり、春の気配を感じる季節となりました。
まだまだ寒暖差、そして花粉症、私は喘息がでやすいので気を付けないとですね。

さて、埼玉県D様邸へ、
先日オーク材のダイニングテーブル、ペーパーコードのチェアをご納品させて頂きました。

配送時間とスケジュールが合わず、
今回は工房にて職人さんに撮影いただいた1枚。

制作には数か月、
いきものを扱ううえ多少遅れたりもある中で、
快くお迎えくださいました。

毎日家族と食事ができること、
あたりまえのようで、とても幸せなことです。

テーブルや椅子は、その場所や時間を長く支える土台のようなもの、
ご遠慮なくお使いいただきたいです。

仕上げは〝オイル仕上げ〟
オスモさんのノーマルクエイアーというオイルを使用しています。ウレタンのような薬品は使っておりません、、木であって木でなくなってしまうので‥。

10年後、20年後、オイルの無垢材はその家族にしか出せない〝味〟がでてきます。
お嬢さんがつけた傷は、結婚するころには涙がでるものに変わるのではないでしょうか。
ものを通し記憶がよみがえったり、そんな経験はございませんか?

ぜひ、ご家族の皆さまとともに木も逞しく成長していっていくことを願っています。



無垢材、テーブル。

2017.12.05
すっかり寒さも定着してきましたね。
来春に向けて、新たな準備をされる方が増えてきました。

環境だけでなく、実際触れる家具が変わるとお引っ越しの実感がとても湧いてきますね。

スヴェイルでは、間取りのご相談やレイアウトプランを無料で行っております。
ごゆっくりのご相談はご予約いただけますと打合せ場所をご準備いたします←お店が狭いので笑。

テーブルに関しては、
・樹種、
・サイズ、
・天板仕様(形や彫り入れ)、
・場合によっては足の仕様、
・高さ、
など意外と選択肢が多いものです。

というのも、体やお部屋にあっているかどうか、
この先何十年とお使いになるうえで微調整は欠かせないものとなります。

こちらは丸テーブル、オーク材です。
φ900~1300くらいまで制作いたします。


丸はリラックス度も高く、1~4名様に最適でしょうか。たまには増えても囲めます。

サザエさんのような団らんを思い浮かべるとイメージしやすいでしょうか。
オーク材は空間があかるくなり、表情も穏やかに感じます。

続いてこちらはウォールナット材。
時間をゆっくりと感じる落ち着きあるダイニング空間をつくれます。
上のオーク材とガラッと印象変わりますね、光の吸収率も変わります。



よく量販のものと何が違うのですか?とご質問をいただきますが、とても簡単なことです。

それは、〝材料費〟と〝加工費〟です。

天板の接ぎ目を見ていただくと、板幅が均一なものとランダムなものが出てきます。

悪いことではありませんが、
ランダムのものは端材のような板も使えてしまうので、格安です。

しっかり揃っているものは、職人が一枚一枚セレクトしてその目にかなった板に厳選しておつくりいたします。考え方の違いですね。材を余すことなくつかうこともよいですし、毎日目を合わせる表情に拘るのもよいと思います。スヴェイルは後者となります。もちろん材は大切に、最後までありがたく使わせてもらっていますが…、、

もう一点は加工費。
家具業界における安さはほぼアジアの安い人件費、職人ではないですし分業制でつくられたもの。効率重視ですね。安心なのは、誰がどこでつくっているかということ。お洋服でも食材でもみ~んな同じです。食品偽装などよく見かけますが、家具はニュースになりません。
安くていいものも多いですが、いちばんの違いは〝メンテンナンス〟できないことですね。

10年後、日本はゴミだらけになるといわれています。
皆さんはどんなビジョンを持って家具を選ばれていますでしょうか。

職人は自身がつくったものを子供を送り出すような気持ちになるといいます。
だからこそ、何かあれば必ず直す、削り直す、など必ず何十年と心地よく使えるようにいたします。

できれば、皆さんにはその家具たちに、
思い出を刻んでほしいのです。

例えば、おこさんが20歳に成人し、
就職し、
結婚するとき、
お孫さんが生まれ、
笑って、泣いて、などなど。

テーブルに触れて幼い記憶が戻るような、
そこにひとつのものがあることで、かけがえのないものになることを願っております。

ほぼ独り言のようなお伝えですが…
とにかく毎日を共に過ごすもの。いい出会いのお役に立てましたら幸いです。

長文失礼しました。


PAGE TOP