Notes

銘木、オークという木

幼き頃、きっと誰もが手にしたドングリが成る木、
オーク(ナラ)材がどこか懐かしさを感じやすいのも、その頃の思い出が
詰まっているからかもしれません。

「King of Forest」
ドイツでの呼び名、”森の王様”という意味です。

最大の特徴は、地球に貢献している木ということ。
光合成が好きで、栄養たっぷりの葉は肥沃な土をつくり、川から海へと栄養を届けます。
生き物の生態に大きく絡み、動物が集まり、森の活性化に貢献している代表的な木です。

ナラナラ

 独自の放射組織は世界最高と言われ、根から吸収した「水」を上手に使用し
ほかの木と共存できる、群れの中のリーダー的存在です。

健康かつ長寿で、樹齢1000年を超える木も存在するほど…。
ゆっくり時間を掛けて成長するため、硬く強く、家具としても適材です。
また、ナチュラルな風合いは異素材ともうまく調和してくれるのも魅力のひとつです。

…、ハードな話は尽きませんが、
個人的には、そんな周りに気を使えるような、優しい性格をもったナラ材は、
まさに日本人の性格とリンクします。

“優しい子に育ってほしい…”
“平穏で豊かな暮らしがしたい…”
という願いにお応えできる木と、思っています。

PAGE TOP