Notes

gw限定入荷 〝木の器 カトラリー展〟

1か月前と比べると随分暖かくなりましたね。
gwお出かけの方も多いのではないでしょうか、、

さて、conoguさん(静岡県浜松市)制作の木の器、カトラリーが期間限定で入荷となります。
今回は個展でなく、色んな作品とともにご覧いただけます。

■店頭:4/28(土)~5/6(日)
■web:5/2(水)21時~  *conoguさんのものは6日まで掲載いたします。


<conoguさん制作アイテム>
・木皿(角、丸、大中小)
・スプーン、フォーク
・リム皿
・カッティングボード
・白漆丸盆
・漆のトレイ、ボウル

<入荷予想ラインナップ> 
・conogu 木皿、カトラリー、丸盆、漆器
・管原博之 花カベ
・酒井桂一 クリの丸盆
・真心のかご 白樺かご
・奥野健一 シェーカーボックス(ハンドルのみ)
・杉村 徹 クルミの手彫りスツール
・svale furniture  オリジナルボード

多少変わる可能性ございますが‥
皆さん制作頑張ってくれています。店頭でもwebでも、どうぞお気軽にご覧くださいませ。

gift wrapping

ご友人、ご家族へ、
感謝の気持ちを木と共に‥
以前からしておりましたが、ギフトラッピングをはじめました。

5種類のデザイン箱は竹内紙器さんにお願いして制作、、
プチギフトの袋は妻がてづくりしています。
詳細はこちらへ

ちょっとした贈り物に。
木や職人のてづくりしたものが、お相手の心へ届くといいです。

杉村 徹さん お取扱いはじまりました。

私にとってはとても憧れな存在の木工作家、杉村 徹さん。
スツールやベンチ、木の器や棚板などお取扱いをさせて
いただくこととなりました。

先日もお会いしましたが、物腰の柔らかな素敵なつくりてさんです。
ものを通してもその優しさを感じていただけます。


W900のちいさなベンチやスツール、
樹種・サイズ・高さ、など様々です。
脚のみメープル材となりますが、これは脚を補足しても強度が保てるからですね。

厳しい寒さに耐えた堅いメープル材の適材適所です。




座面は様々な工夫が詰まっています。
座った時に当たる場所、持ち上げた時の手の感触など‥

写真だけのお伝えではと思い、また数量も限定ゆえ今回は店頭のみにてご提供させていただきます。

ご興味ございましたら、どうぞおかけくださいませ。

 

椅子、展示再入荷いたしました。

2018.4.7
春の南風、看板が飛んでしまうほど風が強いですね。

さて、スヴェイルオリジナル椅子LK-14、
数㎝、確度や背板など全体の微調整を経て、岐阜の職人よりお店へ到着いたしました。

細やかなことを積み重ねた集合体。
常に進化しながら、ひとつの歴史が生まれていくような感覚です。

数か月、職人石川さんいつもありがとう。

店内にて、オーク材・チェリー材をご用意しております。

お気軽にお試しいただけましたら幸いです。

サイドテーブルご納品。

2018年も3か月が過ぎました。
サクラの開花も早かったですね、、個人的には新緑の5月が一年でいちばん好きです。

さて、先日ご納品したウォールナット材のサイドテーブル。
もちろん無垢材、工房にての一枚です。


何度かご紹介しています、キャスターつきのものです。
3人とも似ておりますが、いちばん左はリモコン置きの棚板をいれたオーダーものです。

移動も楽でとても使いやすく、リビングでは特に重宝いたします。

皆さんの使い勝手、ご用途に合わせてオーダーも可能です。その分お時間はいただきます、、

定番サイズはたまに在庫ございますので、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018 4月休日のお知らせ

いつもギリギリのお伝えで恐縮ですが、
4月の休日は以下の通りです。

3(火)、4(水)、8(日★)、11(水)
17(火)、18(水)、24(火)、25(水)

とさせていただきます。
一度だけ8日の日曜日お休みいたしますので、
どうぞお気を付けくださいませ。

今後、instagramではプロフィールに毎月更新いたしますので、
そちらもご参照ください。

3/30 online shop追加掲載、
白樺のかご


〝酒井桂一 クリ盆&漆のカトラリー〟
腕さらにあがっていますね、さすが酒井さん。いい道具をいつも送ってくださいます。

 

3/30 online shop 更新のお知らせ

2018.3.28
思った以上に暖かい日々が続き、さくらが満開となりましたね。
まだ見に行けていませんが、桜並木などが通勤中にいくつもあって
やはり癒しの存在だなぁ、と感じます。

さて、何回かお伝えしております通り、
3/30 20時より online shop を更新いたします。こちらです

いつもざっくりとですが、ご紹介してゆきます。

〝ヤマザクラ 木のトレイ〟ふじい製作所さん



木のものは木目を見るのは楽しいですね。ヤマザクラ、滑らかで堅い木ですから淵が薄くても大丈夫です。ひとり膳のようにも◎

〝コーヒーキャニスター〟ふじ製作所さん


人気のキャニスター、
コーヒー豆や茶葉、などお好みでお使いいただけます。
サイズは左から、
S:約150g オーク
M:約200g  ウォールナット
L:約250g    ヤマザクラ
となります。
収納g数は目安です。

〝豆皿、菓子切〟ふじい製作所

淵は白漆でアクセントとなっています、、
ちょっとしたところで印象変わりますね。
サクラの菓子切りもいい感じです。コクタンもあります。

こちらは豆ボウル。

左から、
黒漆、
サクラ、
白漆、
どれも食材が映えます。軽くてスッキリの仕上げです。

〝白漆丸盆〟 conogu 湯浅ロベルト淳さん
静岡県浜松市から届きました。


φ270、ひとり膳でもよいのですが、細やかな豆皿達をまとめるのに重宝します。
ささっとまとめて運べて‥時短です笑。
我が家もほぼ毎日このような使い方をしています。

白漆は食材も映えていいですね◎陶器の器を沢山お持ちの方にもおすすめです。

〝丸型 お弁当箱〟ふじい製作所さん〟


黒漆、と白漆(右)、
ひとつの木を刳り貫き、安心の漆仕上げです。蓋のおさまりもよくお弁当箱の中では最高のものではないかと‥。

結構はいります、
内容量約400gです。漆はシミもできず、洗うのも通常通りもちろんOKです。

〝最後はハンドルボード〟 スヴェイルオリジナルものです。
毎日遠慮なく使えるもの、
としてお使いいただけましたら幸いです。


ハンドルは使い始めにサッと持てるところが便利です。

ケーキやピザなどのカットはもちろん、傷がついてもおかまいなし!
(そうはいってもはじめは気になりますね)

そんな方にはおにぎりプレート。

パンでも器やお鍋でもなんでも載せてくださいね。
木は使い込んだ方が愛着度増しやすいです。

まっすぐも使いやすいです。


最近好きになったラム肉。
そう、キレイというよりも日々ご遠慮なくがいちばんです。

〝リネン キッチンクロス〟Lino e Linaさん

今回撮影で敷いていたのはすべてキッチンクロス。
もちろん、洗った後に拭くものとしてもお使いいただけます。
柔らかく速乾性のあるリネンはマストですね。

他にもいくつか到着予定です。
それにしてもブログが告知ばかりで恐縮です‥笑、

ではでは、どうぞご興味ございましたらご覧ください。

最後に、

〝3周年記念モデル〟
気まぐれ店主の定番ものとなります。


毎日ホリホリしていますが、
なんとも楽しませて頂いております。

皆様の暮らしにそっと役立てるよう準備、準備をすすめております。



おかげさまで3周年。

2015年、3月19日お店をオープンいたしましたが、
おかげさまで満3歳、4年目を迎えることとなりました。

皆さんと、
つくりてさんと、
随分多くの方とお話しさせて頂きました。
木が好きな方は優しい方しかおらず、沢山助けられて今があります。

まだまだではありますが、
今後とも、どうぞ宜しくお願いいたします。

さて、3周年記念モデルとして、
スヴェイルオリジナルのカッティングボードが、まもなくデビューいたします!
気まぐれ店主の定番ものとなります。



御祝いに頂いたバームクーヘンを添えて。

色々と使ってみましたが、
とても良い感じです。
それもそのはず、随分沢山の方にヒアリングさせて頂きつくり手さんからもご指導いただきたどり着きました。

 


皆さんのお力を形に変えて‥
ありがとうございます。

デビュー間近、もう少々お待ちください。

白樺かご 入荷販売のお知らせ

はるばる北海道より、
〝真心のかご〟さんがつくってくださった白樺のかご達が到着いたしました。

3/28(水)より店頭にて、
その後一部を3/30(金)20時より online shop更新時に掲載予定です。

大自然の北海道、
まもなく冬を超えて春の到着ですね。
厳しい寒さのあとだからこそ、春の心地よさは格別に感じそうです。




さて、白樺の樹皮が生まれるのはここから。
つくりての真弓さんは自ら森に入り樹皮を採取。

大地からのおすそ分け、必要な分だけをありがたくつかわせていただきます。

太陽を浴び、寒さにも耐えながら逞しく育った木々。
樹皮は身を守る為堅くなり、その分編むのは大変ですが、使い込むと柔らかくしっとりとしてゆきます、、
育てていく様がとても楽しみですね。




こちらは今回はじめての入荷
〝大地のかご 流木のバケツ〟です。
いい表情していますね、いかがでしょうか?

持ち手の木がとても握りやすく、手にしっくりと馴染みます。
技術もさることながら、いろんなアイデアが盛り込まれていて楽しくなってきました!

ちいさなコたちもおります、


〝森の宝箱〟
〝こぎん刺しのクッション〟
〝かぐや姫のおうち〟
〝ミニワンハンドルかご〟

優しい雰囲気で癒しの存在に。
インテリアとしてもお楽しみいただけます。

さて、最後に集合写真です。




同じ森でも育ってきた環境で様々な表情を見せてくれます。
天然ものならではですね、、

ぜひ店頭にてお手に取っていただき、
スケジュールお忙しい皆さま、hp上にてご覧いただけましたら幸いです。

ふじい製作所 際立つ漆器。

数か月の製作期間を経て到着した木の器、漆器。
現在個展中のものたちが、その一部をそっとご紹介いたします。

まずは全体の雰囲気から、、


オイル制作のものと、漆仕上げのものがございます。
ちいさま木皿からφ300の丸盆まで、色々と揃っています。
人気のコーヒーキャニスターも健在!


こちらが、豆皿と豆ボウル。

下段は豆リム皿。
左からヤマザクラ←とても硬く滑らか!
漆・茶←珍しい!そしてかっこいい!
漆・黒←王道です!我が家は毎日キムチ食べるので、キレイに映えています!
漆・淵白←淵の白漆がアクセント!何層にも重ねる漆だからこそですね。

上段の豆ボウルは、淵が薄く仕上げられちいながらも非常に精度の高い!
でも漆は強度がありますし、サクラやウォールナットも硬い木ですから安心です。

我が家は和食がメインなので、薬味などで毎日愛用中。
今回残ればこちらの白をゲットします!

すこしざらつきある手触り。
漆は海水に1年付けても染みができないほど、優れた仕上げです。
作家さんの手間は何倍もかかりますが、その分使い手さんにはお手入れなしです。

また、陶器よりも軽いのが特徴ですね。
お盆などにいくつも載せても軽い、軽いです!

さて、こちらは漆の角皿と菓子切。

最近年を重ねたせいか、和菓子が多くなってきました。
志向も好み、味覚も変化を感じたりします。

菓子切は特に人気のアイテム。
黒いのはコクタン。とても硬い木です。

さて、こちらは漆の平皿。
写真だとわかりづらいのですが、茶色です。黒もございます。

陶器のような質感と、木ならではの軽さ、漆による強度、
いろんな要素が絡み合ってできた木皿です。

食材が映える絵が見えてきますね。

こちらは1点もの、ナラの文箱。
小箱の精度も藤井さんお手のもの。

0.何ミリの仕上げによって生まれた生涯使える道具箱。
何をいれようか、考えるのも開閉も楽しみですね!

最後はこちら。
漆のカップ、お弁当箱、コクタンお箸、コーヒーキャニスターS、M、Lです。

お弁当箱、ちょっとお値段しますが、
毎日つかうものと考えるとそうでもないですね。
頻度の高いものはいいもの使うと幸せ度が高い!←持論です笑、、

ということで、お仕事・学業頑張っている方にお使いいただきたい。
丸は小さめなので女性向きです。

木の活かし方、は作家さんによってそれぞれで、
色んな考えのもと生まれた道具たちです。

共通しているのは、木が癒しの存在で使いやすいものが多いということ。
ぜひ居心地の良い暮らしをお届けできたら‥と思っています!

店頭販売は~25日(日)までとなります。

PAGE TOP