Notes

森田孝久 web展

2020.5.31
森田孝久さんのweb展に向け、準備をすすめております。

☑6/4(木)21時~14(日)迄
☑店頭は暫く休業中
☑発送に3,4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてお願いしております
*システム上、後から一緒にできませんので予めご了承ください
☑はじめの1時間は大変混雑する可能性がございます

まずはじめに、
森田孝久さんのつくられるものは、
非常に手間のかかるものが多く、制作量はさほど多くありません、、!

その中で、いい出会い・ご縁となりましたら嬉しい限りです。

ぜひご覧になられてください。

さて、いくつかご紹介してゆきますね。

◆ 花器〝円〟
・Φ200
・Φ280
・Φ360
樹種はクスノキ(やや赤み)、ホオノキ(やや深めでくすんだグリーンイエロー)の2種です


付属品は、
真鍮の筒と、置き型▲、ぶら下げよう紐、虫ピン
となります。

こちらはΦ360クスノキ、


厚みがあり、存在感があるのですが、
丸がぬけているのですっきりさんです。

お花に立体感がでるのがよいところでしょうか。

続いてΦ280クスノキ、

花を大きく広げられるのが特徴です。
ひっくり返して、▲置くだけなので簡単でいいですね。

最後はΦ200ホオノキ、


ぶ厚い材を90%近く刳り貫いてできた花器。

シンプルですが、
どこか奥深さのある佇まいとなります。

1年に一度、くらいの入荷となりますので、
どうぞこのご機会にご覧いただけましたら幸いです。


◆ クリ盆。
・八重盆(左上)
・稜花盆(左下)
・輪花盆(右)


今回のメインとなりますでしょうか。
大きなクリの木から、
3種のお盆が揃いました。


いい表情しています。
森田さんのディテールはとても上品で優雅です。

クリはガラスや陶器など、
異素材、どんな色でも合わせやすいのが魅力です。

ひとり膳として最適です。

実例は簡単なイメージ程度で恐縮ですが、、


輪花小皿も今回初ですね、
フチの緩やかなディテールがとても良い感じです。

◆ 木の器
・木瓜型×2種
・八寸蕾皿
・8角皿
・7寸輪花皿
・輪花オーバル皿
・蝶型四角皿

木瓜型皿↓


輪花オーバル皿↓


纏めますと、


ほぼほぼ全部です。
樹種はクリとウォールナット、其々2種ございます。

作家の森田さん、数か月でご用意くださいました。

ではでは、
お気に入りがございましたらお早めに…!

どうぞお楽しみに、
お気軽にご覧くださいませ。

店主

リム皿。

2020.5.31
こんにちは。
先月、部屋を片付けていたら、随分昔に購入したすき鋏をみつけ、
自分で髪を切り始めました。

楽しいものですが、やはり難しいですね。
美容師さんの鋏の音は、とてもリラックス効果が高い!
手に職、素晴らしいです。


さて今日の気分はリム皿、
我が家もよく使う器です。パスタに最適です~


フチをいれるか、
彫りをいれるか、
でさんざん悩みました。

どちらもいいですが、
Φ270あるので、優雅な木目を感じられる器、
として、続けてゆきます。

まだ木取り中なので、
次回は暫く先となります彡

杉村徹 棚 No.6

2020.5.31
今年ももう5か月が経ちましたね。
新たな暮らし方、働き方も見えてきました。

緊急事態宣言、
が解除されましたが、お店は当分お休みとさせていただきます。
もし、お楽しみにされている方がいらしたら、
申し訳ございません。


理由は様々で、
解除後の2週間でどうなるかの様子見と、
狭い店舗での営業でご迷惑をかけないか不安が残っております。

また、木の器は毎回拭いてしまうと油分が取れていくので…
やはりダイレクトに通販でお届けした方が安心・安全と思っております。

また、私自身もちょうど喘息の発作時期で、
喘鳴でヒューヒューしているのと、
左肺に基礎疾患があるので今は無理をしない方がよさそうです。

すこぶる元気ですが笑。


さて、前置きがだいぶ長くなりました!

杉村徹さんの棚板、No.6が定番の仲間入りとなりました。


すっきり美人さんです、
互い違いで、左右の長さも違いその変化がいいですね。


webshopにサイズや樹種がでておりますので、
ご参考ください。

ではでは、
6月は恵みの雨、元気に参りましょう。


箱棚。

ふるいともかずさん制作の箱棚、
オーダーものの棚板ですが現在納期を3か月~程頂いております。


7月にこちらで個展があるのと、
ご注文が増えておりますので、予めお伝えとさせて頂きます。

今週は涼しいくらいですね、
寒暖差もございますので皆さまどうかお気をつけてお過ごしくださいませ。

2020.5.21 21時~ web掲載のお知らせ

こんにちは。
すこしずつ、街の活気がでてきたように感じます。
再開するお店も増えているようですが、、
もうすこし様子見です。

さてweb掲載ですが今月は、5.21 21時~とさせて頂きます。

入荷は少ないのですが、
6月上に森田孝久さんのweb展もあるので、かなりタイトなスケジュールで必死です笑。

こちらは作陶家 村上直子さんの〝蕾鉢〟


可愛くて使いやすいのでとてもおすすめです。
色は黒もございます。

また、こちらは里見裕子さんのティースプーンとジャムスプーン。
どちらも山桜です。


オリジナルからは、
リム皿
パンプレート、
カッティングボード、
小盆Φ150、165、
コースター、
となります。

木工市が終わってからひたすらつくりました笑。
どうしても時間かかりますね、でも楽しんでいます。

最後はオーバルボード、

ささっとですみません、
どうぞご覧いただけましたら幸いです。

クルミの丸盆。

2020.5.18
先日お届けいたしましたクルミの丸盆、
兵庫県N様邸にて、
新たな暮らしがはじまりました。

テレワークの中、
ご自宅でのゆったりランチ。
焼きたての鮭とヤングコーンご飯、
とても美味しそうですね。

クルミの丸盆も喜んでいるようでうれしいです。

今後も、
日常のちいさな幸せがとても有難く感じると思います。

体が喜ぶごはん。

日々大切にしたいと改めて感じます。
*N様、唐突なお願いにも、
お写真頂きありがとうございました。

森田孝久 web展のお知らせ

2020.5.15
新緑の季節、
気持ちの良い日々が続くようになりましたね。

さて、今回はじめてとなりますが、
木工作家 森田孝久さんの個展をwebにて開催いたします。


☑6/4(木)21時~14(日)迄
☑店頭は暫く休業中
☑発送に3,4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてお願いしております

木のうつわ、お盆各種、花器、茶托、1点ものなど、
個性あるものが揃います。

はじめてご覧頂くものもあると思いますので、
ご覧頂くだけでも、お楽しみとなりましたら幸いです。

また後日、いくつかご紹介いたします。


*5/14  一部緊急事態宣言の解除となりました。
東京ももし月内に解除されても、様子をみながら暫くはwebのみとさせて頂きます。

すこしずつ、すこしずつ、
と思っております。

店頭休業中のお知らせ。

2020.5.11
東京は本日30度超え、もう初夏のようです。

お店は、3/23より新型コロナウィルスの影響で、
店頭のみ自粛を続けております。
家具・インテリア業界はホームセンターと同じ括りである為、
都の休業要請には入っておりませんが、
やはり皆さまの安全・安心が確信してからと思っております。


その間、webshopはオープンしておりますが、
発送は2,3日ほど頂く場合がございます。

また家具などもお問い合わせなどございましたら、メールにて、どうぞお声がけください。

 

 



少し長い戦いになることを、覚悟してきました。

どうしようもないことにモヤモヤしてもですね笑、自分でできることをコツコツの日々です。

いずれ、落ち着きましたら、
皆さまと気軽にお会いできる日を楽しみにしております!

店主


オーダーボード、ご納品。

2020.5.7
春前からご注文頂いておりましたK様邸へ、
リビングボードのお届けとなりました。

写真はお届け前の工房にて、、

オーク材の5枚扉、ピタッとおさまり、
真鍮のツマミがアクセントとなりました。

オーク材の山吹色、
どこか懐かしく穏やかさを感じます。
幅1700なので天板もゆったり、、飾りも楽しめそうす。


続いてこちらはO様邸へお届けいたしました、
ウォールナット材のチェスト。

抽斗がピタッとおさまっています。
左から右へ、
木目も通しているので、優雅な木目の流れが癒しとなります。

ウォールナットは何万色のブラウンが重なり、とても深みがありますね。

いい佇まいです。

収納がしまうことが目的ではありますが、
そのどっしりと構えた存在が逞しくも感じます。
ひとつ、本当に気に入った収納があると毎日が穏やかになります。




巣ごもり暮らしも長くなってきましたね。
見えない敵、ストレスをうまく発散していかなければなりません。

どうか落ち着き、穏やかな心が溢れた世の中となりますように…

木工市 web展 開催のお知らせ

2020.4.24
青空と緑のカーテン


こんにちは、
気持ちの良い天気が続くようになりました。
すこし眺める程度ですが、
心がすっきりします。

さて、今年のGWも木工市開催いたします。
web展、こちらからご覧いただけるようになります

☑4/28(火)21時~ onlineshopにて
☑店頭は休業中です
☑発送に2,3日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてお願いしております。
*

すこしずつですが、
ご紹介してゆきますね。

❶トナリ木工さん(滋賀県)
・すくい匙
・飾りカレー匙
・コーヒースプーン
・茶匙

ひとつひとつが渾身の木の匙。
つくりての川口なおこさんの形はとても個性的でしかも使いやすいのが魅力です。
其々違う樹種でつくってくださいました。
詳細はitemページで後ほどご覧いただけます。

❷青木青木郁美さん(長野県)
・花弁小皿S/L
・花弁スプーン
・花弁箸置き
・りんごの木の楊枝3種



今回はじめての入荷となりました。
まるで雲のようなふわっとした花弁小皿。真っ白というより淡く仄かに表情があり素敵です。
スプーンは裏面の一部が平らですので、平置きできます。
ちいさな器間隔でもぜひ。

こちらはお箸置き、
蝶のような花のような、とても収まりがよいです。



りんごの木の楊枝、帽子つき。
木の部分は一荷さん(家具職人さん)が細く削ってくださったもの。
すこし緩やかにカーブしているのもあります。

実はりんごの木のものははじめてです。
長野ならではですね、
フルーツなどのピックにお使いいただけます。

❸湯浅ロベルト淳(静岡県)
・スープボウル
・Φ250リム皿
・漆カトラリー


いつもながら精度の高いモノづくりをされているロベルトさん。
温厚で努力家で。
継続するバイタリティーがあって、とても魅力ある作家さんです。

スープボウルとリム皿、
は薄くコーティングされているので、
オイルのような質感ですが、ご遠慮なくお使いいただけます。

漆カトラリーは、
すこしマットな仕上がりに。
我が家でも愛用していますがとてもお気に入り。
口当たりが優しく。軽くて持ちやすい。
猫舌の私にとってはまさに相棒のような存在。

フォークを洗うときは気をつけなくてはいけませんが、それが大事に大事に、という心を育ててくれます。

❹フナハシトモハルさん(愛知県)
・隅切盆
・角丸盆
・花小皿2種


今回初めての入荷となりました、
フナハシさん。
刳りもの、一枚板の大きなクリのオーバル盆と隅切盆。
とてもとてもキレイに仕上がっています。
凄い作家さんですね、花小皿も◎

ちょっとアップにしてみましょうか。

彫り跡も深くパキっと気持ちがよいです。
持ち手の内側も削られ指が滑りにくく仕上がっています。

❺atelier dehors 長谷川誠さん(千葉県)
・山桜/スープカップ
・白漆/スープカップ

ぶ厚い山桜の材、
この厚みがとれることが凄いですね。
とても硬い木ですので大変だったと思いますが、
その分いい仕上がりとなっています。

こちらは白漆。
すこしブルー掛かった色合いが上品です。

気温が上がってきましたが、
体によいスープで免疫あげましょうね。

我が家は毎日生姜、スープやお味噌汁にもいれています笑。

❻小川綾さん(東京都)
・花器
・マグカップ


ここまで揃うのははじめてでしょうか。
陶器のちいさな花器、
精鋭揃いいたしました。
掌サイズの定番ものから、
すこし大き目の1点ものまで。


形も色も美しくて、このままでも元気がでてきます。
植物を挿してさらに癒されてくださいね。

⑧気まぐれ店主より
・サクラの折敷
・クルミの丸盆Φ300
・ウォールナットの小盆Φ200


今回は大きめのものをつくらせていただきました。

折敷はハチノス彫り、
丸盆は乱彫りにて。
木が食卓の支えとなりましたら、と思いながら彫り彫りしました。

娘の葵葉は木の削るガッガッガッという音が好きみたいです。
よかった。


こちらは以前撮りました写真ですが、、
ご参考までに。


それでは、皆様お家で家族と、
GWゆっくりとお過ごしくださいませ。

svale furniture
店主

PAGE TOP