Notes

山葡萄籠。

2019.7.15
梅雨明け間近、
夏の暑さをすこしずつ感じるようになりました。

さて、
新たに〝山葡萄籠〟のお取り扱いをさせていただく事となりました。

令和に入ってからの出会い、
長野県 北アルプスの麓より山葡萄籠のつくりて〝才木良隆〟さん(IG @chotaroyamabudo)
この度お付き合いくださいます。

2.3年前から、
ずっと山葡萄籠の作家さんを探しておりました。日本のつくりてさんは高齢化が進んでいますし、かといって海外のものは‥やはり不安笑。

そう、つくりてさんは中々おりません。

お会いしてからは一瞬、
そう、私の決断はすべてお人柄から笑。
なんとも自然体で、
生き様がとても素敵な方です。

さて、ここから森の中へ入りましょうか。
目の前の山めがけて、長旅ですよ笑

空と太陽とキレイな空気、気持ちがいいですね。

さて、とても険しい山道?
すでに道はないですね。

標高1200あたりまで、ひたすら進みます。
経験も体力も、いろんな判断力と必要なスキルが多いですね。

さて、出てまいりました、
山葡萄です。
周辺の木々へ数メートルにわたり蔓を這わせて自生します。

直径は6㎝~10㎝ほど、、
木に絡まっている蔓をナタで切り落とし、その場で樹皮を採取してゆきます。

この樹皮をとれるのは、な、なんと1年に1度…!
僅か3週間程度、とても貴重な天然素材となります。

梅雨時期、が収穫なのですが水分をたっぷり含んでいると皮がむきやすいそうです。
逆にこの時期を逃すと全くむけなくなってしまいます。

大量に映えているものでもないですし、
蔓1本ではお財布ひとつもつくれないくらいです。

また、一度切った山葡萄は再生に時間がかかる為、今後はさらに希少となってゆきます。

ちなみに、
こちらがつくりての才木良隆さん。
とても山が似合いますよね?
私はchotaroさん(ご本人の通称)と勝手にお呼びしております。今後そうしますね.


自然の中からおすそ分け頂いた貴重な樹皮。
一度に運べる量も限られます。

原生林、
写真で見る限りは気持ちがよいですが、
大変なことも多々あります。

そう、
このような熊の爪痕も…

ず、ずいぶん深くありませんか?
お腹へってそうですし!
命がけとは大げさかもしれませんが、ものづくりの魂がこめられるのも納得です。
ここまでして、材料をとりにいくわけですから。

でも、可愛いコもおりますからね↓

いろんな生き物に出会いながら、
長い道のりを経ています。

採った蔓は乾燥させなめし、籠として編めるよう準備してゆきます。

chotaroさんはこのような過酷な山々への採取、
そして籠として編める技術を併せもったつくりてさん。


山葡萄は他の樹皮よりも硬いため、ほとんどのつくりてさんは男性が多いです。

さて、だいぶ纏めてしまいましたが、籠の完成です!

chotaroさんの籠には、すこしのユーモアが感じられます。
実物にて探してみてくださいね。それが使い手さんへ世界でひとつだけの籠の証です。
.
ぜひ育てていく様をお楽しみ頂き、
20年後、30年後にかけがえのない山葡萄籠になることを願っております。

店頭にて、ご覧頂けますが、
一部online shop(おそらく25日〜)でも掲載いたします彡


最後に独り言‥、
数年前、若い頃に使っていたブランドもののバックなど時代や趣向の変化もあり、いくつも断捨離しました。
.
すこし、考えなきゃな‥
.
瞬間的な満足度、
劣化するものでなく、
ゆっくりと愛着の湧くもの。
.
山葡萄籠は、
そういった大事な心をもっていると
思っています

 

花カベ、マドラー入荷いたしました。

2019.7.11 
今年はしっかりとした梅雨で、陽射しがすくないですね。
明けるまであと少し、いや暑いのも…。

さて、4か月ぶり?でしょうか。
菅原博之さんの〝花カベ〟入荷となりました。
マグネット取り付けの、壁面一輪挿しです。

今回は多樹種でおつくりくださいました。


店頭は7/11(木)~
online shop掲載 7/11(木)21時~となっております。

また、木工作家 里見裕子さんにマドラーをつくってくださいました。


小指ほどの先端はオーバル型に削られ、
良く混ざるようになっています。

樹種は、


上がウォールナット、
下が山桜です。


柄の部分も丸型ではなく、
縦に厚みを出しながら削られていて、強度をつくっています。

こちらも、7/11より店頭・onlineshopへ21時掲載いたします。
どうぞお気軽にご覧くださいませ。

花カベ、入荷と販売のお知らせ

2019.7.8
人気の壁面一輪挿し〝花カベ〟入荷となりました。
ご存知の方も多いと思いますが、画鋲にて壁面取り付け可能です。
写真は鉄の看板につけております~。



店頭販売 →7/11(木)~
online shop  →7/11(木)21時~
同日スタートです。

online shopには約80個掲載予定です。
前回はなんと2日でsoldout.

ご希望樹種がある場合はお早めにポチッとしてください。
店頭も100個近くご用意ございます。

他の一輪もあるので、ぜひ比較しながらお楽しみ頂けましたら幸いです。

天気はどうなのでしょう、
よい3連休となりますように。。

丸盆と角盆。

2019.7.8
今年の梅雨はすこし長いようですね。
夏が待ち遠しい、というわけではないですが、湿気に弱い男なので早め希望です。

さて、
左側:田澤祐介さんの白漆丸盆、
右側:酒井桂一さんのクリ角盆、
同時に入荷となりました。


木って、どこか土台といいますか、支えといいますか。
そんなイメージありませんか?

家や柱、
大きく言えば、建物や街路樹なども。

お盆もちいさな器たちをまとめ日々の食卓を支えるのに適材なのだなと、
常々感じます。

中々幅広の材はとれないのですが、
色んな作家さんがつくられています。

お好みにあったものとであるといいですね。

蝶皿。

2019.7.8
木工作家 森田孝久さん制作の蝶皿。


分厚いウォールナットの一枚板を刳り貫き、
緩やかな縁が何とも美しい器です。

ここまでのもの、中々ございません。
制作数は僅かですので、ぜひ注目してみてくださいね。

スープカップはアトリエ・ドゥオル長谷川さんのものです。
9月の木工市にまた入荷予定です。

tvboardご納品

2019.7.8
先日ですが、東京都H様邸へtv boardをご納品させて頂きました。
写真はお届け前岐阜の工房にて、

樹種は最近希少性が高くなってきたウォールナット材、
総無垢材です。

最近疲れ目ではないですか?
無垢材オイル仕上げのものは光を吸収するので最適です。

手触り、質感、木目、佇まい。
ひとつでも無垢材家具があると、心がとても落ち着きます。
写真でのお伝えは難しいですが笑、ぜんぜん違いますよ~。

H様邸にてぜひ末永くご愛用頂けることを願っております。









2019.7月 open day

2019.6.29
今年も半年が過ぎ、折り返しとなりました。
あっという間ですね、このまま穏やかな日々が続くといいです。

さて、2019年7月のお休みは以下の通りです。

online shopの更新日を入れることとしました。
月に一度のペースでできればと思っております。

ではでは、どうぞ下半期もよろしくお願いいたします。




2019.6.27.thu 21時~ onlineshop更新

2019.6.24
10日間のふるいともかず展、無事終了です。
梅雨時期でしたが、沢山のご来店誠にありがとうございました!
木の器たちが、日々お食事の支えとなりましたら幸いです。


さて表題の件、ただいま準備中(一旦close)となりますが、目安が経ちましたのでお知らせさせて頂きます。

<ふるいともかず>
・タナカド 全サイズ+柵付き
・一輪挿し
・筒挿し/カラー
・帽子フック 
・さざなみプレート S/L/LL/305角
・ざぼん 各種 φ220/Φ300/Φ330
・丸盆/角盆 φ285/Φ300/Φ325
・パスタ深皿、ケーキ皿
・ぶあつい角皿
・棚板 各種
・キッチンスツール
<オオタガラス研究室>
・リム皿/豆皿 各種
・花器
・ボウル
<アトリエ ドゥオル>
・スープカップ
<里見裕子>
・ティースプーン
<ふじい製作所>
・コーヒーキャニスター 追加分
<酒井桂一>
・ジャムスプーン
<オリジナル>
・コースター角/丸
・小枝挿し
・ハンドルボード丸
・オーバル敷
その他、随時入荷したもの

体調もくずしやすい時期ですし、
食卓やインテリアに木のもので癒しを感じて頂けましたら幸いです。

どうぞお気軽にご覧くださいませ。

また、以下注意点となります。
———————————————————————————-
※ご注文は必ずご一緒にいただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。ご決済後におまとめはシステム上難しくなっております。
※一部地域、G20サミットの影響により、配送が遅れる可能性がございます。
.
〈大阪全域、兵庫県:芦屋市、尼崎市、伊丹市、西宮市〉
日時指定も7/2まで中止となりますので、予めご了承くださいませ。

掲載のお知らせ。

2019.6.17
今回ふるいともかずさん制作のクリの丸盆、
以前よりお使いいただいている@ururun_u.u さんが出された本に掲載頂きました。


自然体で飾らない日常がとても素敵で、優しさがギュッと凝縮。

とても穏やかな気持ちになります彡ぜひ書店にて!

ちなみにちょっとだけ…

いろんな食材からすこしずつ、、和食いいですね。器も可愛いです~。
ではでは、ご参考くださいませ。

無垢材チェスト。

2019.6.13
チェリー材のオリジナルチェスト、新たに入荷となりました!!


W900×D400×H800、
もちろんオーダーですので、
サイズ・仕様などアレンジ可能です。

取っ手は真鍮のツマミ、
抽斗がとてもスムーズなので、取っ手も真鍮のツマミにしてみました。
とても心地よいです。

制作は家具職人の森井さん。
いつもテーブルなどつくってくれています。

*抽斗の中にも木の小物が沢山、
ぜひご覧くださいませ。



PAGE TOP