Notes

花カベ入荷いたしました。

11/10、東京は気温23度とかなり温かい1日となりました。
外を歩く皆さまがとても気持ちよさそうです。

さて、木工作家菅原博之さんの〝花カベ〟が今年最後の入荷となりました。
植物の力をすこしおすそ分け頂きましょう。

定番のナラ、メープル、サクラ、ウォールナットはonlineshopでも、
他にも神代ナラ(写真いちばん右)、ケヤキ、クリなど多樹種で揃っております。

少数のものは店頭にてご覧いただけます。

ヤマザクラへの拘り。

今月もコツコツと削り、
ヤマザクラの道具を制作させて頂きました。

今回新たにデビューいたしますのは、〝ハンドルボードs〟
sはスリムの略称です。

色々試しましたが、結局直線の方が圧倒的に使いやすい、
と感じましたのでシンプルになりました笑。

マフィンを載せるとこんな感じです。

サクラの色はあまりケンカしないので、いいですね。

持ち手はきちんと握れますし、
もちろん面はとっていますので、角などのディテールは柔らかくなっています。
主に、おにぎり皿やパン、菓子皿、我が家では豆皿で薬味を並べて使用中。
皆さんの方がうまく使っていただけると思います。

樹種は山桜、ヤマザクラ。
硬くて強くて美しい、、
彫っている最中もガッガッガッと手ごたえが違います。
メープル並みの感触なのです。

皆様にもご遠慮なくお使いいただける材ですので、
とてもおすすめしております。

他にも、コースターや折敷も追加制作しています。
箸置きやレストも常に補充、補充です。

店頭、online shopでもごゆっくりご覧くださいませ。

いつかの朝ごはん。

少し前の朝昼ごはん。
ちょっと撮影用って感じしますね。
普段はざっくりとしているので、かしこまっています笑


使用しているのはサクラの折敷と隅切コースター。

載せるとバラバラだった器がまとまり、食材や器が映えてきます。
彫りを入れているので、運ぶ際も器が動きにくく安定します~。おうちご飯で活躍することを願っています。

これからすこしずつ寒くなりますが、食事が美味しい季節ですね。体の内側から健康を保てますように…。




11/9 21時~ online shop掲載アイテムのお知らせ

11月に入り、あっという間に1週間が過ぎてしまいました。
朝晩と冷え込みますが、それでも例年よりは寒くない様に感じます。

さて、ドイツエルム地方の作家さんより、
手づくりのサンタ、モミの木が到着しました。

忙しそうに歩く姿が特徴です。
9日12時より店頭でもご覧いただけますので、
どうぞお気軽にお越しくださいませ。

<online shop追加掲載アイテム>
・手づくりのモミの木、サンタクロース等
・花カベ
・ハンドルボードs

17日からは個展もございますので、合わせてお楽しみ頂けましたら幸いです。

 

2018.11月 Open day

今年も残り2か月となりました。
すこしずつ、来年に向けて準備し心機一転気持ちよく迎えたいものです。

さて、11月のお休みを掲載いたします。
個展が17日~25日で入っておりますので多少イレギュラーいたします。



秋も深まり、少しずつ気温下がりますのでどうか皆さまお体ご自愛くださいませ。


10.26. online shop 更新のお知らせ

 

今年もあと2か月と少し、
平成最後ですので、どこか寂しさを感じたりもしますが、
それでも元気にいかないとですね!

さて、10月26日21時より、onlineshopを更新いたします。
とはいえ、今回は少量となりますがいいものまだまだ揃っています。

・サクラの折敷
・隅切コースター
・小川綾さん 一輪挿し
・sunao_na_katachiさん、木のブローチ

一輪挿し、ブローチなど女性作家さんも今後増えていきます。
皆さんにご満足いただけますよう、じっくりと進めてまいります。

ぜひお気軽にご覧くださいませ。
svale 店主より

 

秋冬リネン、キッチンクロス新入荷。

落ち着いたトーンの秋冬キッチンクロス入荷となりました。
Lino e Linaさんのもので、
お皿拭きや敷きもの、お弁当箱を包んで…として重宝いたします。
また、速乾性もよいので我が家も毎日愛用しています。

こちらのデザインはイエローとグレーの2色にて、

 

チェック柄はグリーン、パープル、ブルーとご用意ございます。

落ち着いた新生地も◎

正方形無地の新色もございます。

26日~online shopの更新時に詳細をご覧いただけます~

木のブローチ、@sunawo_na_katachiさん

滋賀県の工房より、
深澤すなをさん制作の木のブローチが入荷となりました。
動物には躍動感、植物には繊細さ、
語るよりも作品をご覧いただく方がよさそうです!


人気のwaccaシリーズ、
リーフ型やベーグルのお花など、
デザインやディテールにとても女性らしさを感じます。

今回、すでに殆ど旅立ってしまいましたが、
春ごろミモザのブローチもあるので、どうぞお楽しみに…。

小塚 晋哉さん、個展のお知らせ 11.17.sat~

秋も深まる頃、
京都から木工作家 小塚晋哉さんの個展を開催いたします。



□期間 11.17.sat – 11.25.sun
□20,21日お休み
□22日 21時よりonline shop掲載
□初日作家在廊

ひとつひとつ丁寧に仕上げられた木の器たちが揃います。
体を温めてくれるスープボウル、
口当たりの良いサクラのスプーン、
手触りの良いカップなど様々です。

食欲の秋、にはもちろんのこと、
日々の食卓へ木の器。どうぞお試しいただきたいです。

器、を通して食の大切さが広まっていくことを願っています。

戸隠、竹籠の旅。

2018.10.10
長野県戸隠の竹籠を見にいってまいりました。
片道4時間半の弾丸日帰り旅、すこしハードでしたが、お出かけは気持ちがいいですね。

標高1000m、山道をかけのぼりすでに寒さも感じる気候の中到着。
こんな素敵な茅葺屋根が残っているような風情があります。



今回お伺いしたのは、
〝根曲がり竹〟を使用した籠づくり職人の
井上竹細工店さん。


気さくで芯の通った素晴らしいつくり手のご主人に沢山お話をお聞きしました。
親子代々、そして竹籠や蕎麦文化とのつながり、街をあげての活性化、職人育成など…。

ひとつのモノを通して、
皆さんが協力し、支え合っている姿はとても感慨深いものでした。

その歴史はこちのちいさな竹籠にも。

約70年近く日常的に使い続けたものだそうです。
雪の中で根っこが曲がりながらも成長した竹は堅く、非常に丈夫で飴色へと非常に深みを増していました。
後ろの新しいものと比べると一目瞭然ですね。


それにしても、
出会う人、すべてが優しくて陽気でほのぼのしていて、何とも居心地の良いところでした。

まだわかりませんが、
きっと来年には、竹籠やそばさるなど、皆さまにもご紹介できると思います。

どうぞお楽しみに…。




PAGE TOP