Notes

白樺かご 入荷販売のお知らせ

はるばる北海道より、
〝真心のかご〟さんがつくってくださった白樺のかご達が到着いたしました。

3/28(水)より店頭にて、
その後一部を3/30(金)20時より online shop更新時に掲載予定です。

大自然の北海道、
まもなく冬を超えて春の到着ですね。
厳しい寒さのあとだからこそ、春の心地よさは格別に感じそうです。




さて、白樺の樹皮が生まれるのはここから。
つくりての真弓さんは自ら森に入り樹皮を採取。

大地からのおすそ分け、必要な分だけをありがたくつかわせていただきます。

太陽を浴び、寒さにも耐えながら逞しく育った木々。
樹皮は身を守る為堅くなり、その分編むのは大変ですが、使い込むと柔らかくしっとりとしてゆきます、、
育てていく様がとても楽しみですね。




こちらは今回はじめての入荷
〝大地のかご 流木のバケツ〟です。
いい表情していますね、いかがでしょうか?

持ち手の木がとても握りやすく、手にしっくりと馴染みます。
技術もさることながら、いろんなアイデアが盛り込まれていて楽しくなってきました!

ちいさなコたちもおります、


〝森の宝箱〟
〝こぎん刺しのクッション〟
〝かぐや姫のおうち〟
〝ミニワンハンドルかご〟

優しい雰囲気で癒しの存在に。
インテリアとしてもお楽しみいただけます。

さて、最後に集合写真です。




同じ森でも育ってきた環境で様々な表情を見せてくれます。
天然ものならではですね、、

ぜひ店頭にてお手に取っていただき、
スケジュールお忙しい皆さま、hp上にてご覧いただけましたら幸いです。

ふじい製作所 際立つ漆器。

数か月の製作期間を経て到着した木の器、漆器。
現在個展中のものたちが、その一部をそっとご紹介いたします。

まずは全体の雰囲気から、、


オイル制作のものと、漆仕上げのものがございます。
ちいさま木皿からφ300の丸盆まで、色々と揃っています。
人気のコーヒーキャニスターも健在!


こちらが、豆皿と豆ボウル。

下段は豆リム皿。
左からヤマザクラ←とても硬く滑らか!
漆・茶←珍しい!そしてかっこいい!
漆・黒←王道です!我が家は毎日キムチ食べるので、キレイに映えています!
漆・淵白←淵の白漆がアクセント!何層にも重ねる漆だからこそですね。

上段の豆ボウルは、淵が薄く仕上げられちいながらも非常に精度の高い!
でも漆は強度がありますし、サクラやウォールナットも硬い木ですから安心です。

我が家は和食がメインなので、薬味などで毎日愛用中。
今回残ればこちらの白をゲットします!

すこしざらつきある手触り。
漆は海水に1年付けても染みができないほど、優れた仕上げです。
作家さんの手間は何倍もかかりますが、その分使い手さんにはお手入れなしです。

また、陶器よりも軽いのが特徴ですね。
お盆などにいくつも載せても軽い、軽いです!

さて、こちらは漆の角皿と菓子切。

最近年を重ねたせいか、和菓子が多くなってきました。
志向も好み、味覚も変化を感じたりします。

菓子切は特に人気のアイテム。
黒いのはコクタン。とても硬い木です。

さて、こちらは漆の平皿。
写真だとわかりづらいのですが、茶色です。黒もございます。

陶器のような質感と、木ならではの軽さ、漆による強度、
いろんな要素が絡み合ってできた木皿です。

食材が映える絵が見えてきますね。

こちらは1点もの、ナラの文箱。
小箱の精度も藤井さんお手のもの。

0.何ミリの仕上げによって生まれた生涯使える道具箱。
何をいれようか、考えるのも開閉も楽しみですね!

最後はこちら。
漆のカップ、お弁当箱、コクタンお箸、コーヒーキャニスターS、M、Lです。

お弁当箱、ちょっとお値段しますが、
毎日つかうものと考えるとそうでもないですね。
頻度の高いものはいいもの使うと幸せ度が高い!←持論です笑、、

ということで、お仕事・学業頑張っている方にお使いいただきたい。
丸は小さめなので女性向きです。

木の活かし方、は作家さんによってそれぞれで、
色んな考えのもと生まれた道具たちです。

共通しているのは、木が癒しの存在で使いやすいものが多いということ。
ぜひ居心地の良い暮らしをお届けできたら‥と思っています!

店頭販売は~25日(日)までとなります。

ふじい製作所 〝木の器、漆展〟

先日もお伝えした通り、
3/16(金)~〝木の器、漆展〟を開催いたします。

作家のふじいご夫妻のお気遣いもあり、
すこしずつできたてのものから作品が到着しております。


木目、仕上がりともに最高に美しいものが
揃い始めました。

どの道具たちからも、木の表情が活かされ大切につくられているのを感じます。

今回は、サクラ材と漆のものがメインとなります。
黒、赤、そして白漆もまもなく到着予定です。

薄く丁寧に削られたディテールも、漆がしっかりと強度をつくってくれています。

あぁ、惚れ惚れします。

私もいくつか欲しいですが、個展終了までガマン、ガマン。

どうかご覧いただくだけでも手にして頂きたいものです。

オーダーデスク、ご納品いたしました。

2018.3.11
ご納品少し前の工房で撮った写真となりますが、
オーダーいただいていたデスクの制作、ご納品をいたしました。

ご長男くんのデスクとして、
オーク材、シンプルで気持ちの良い仕上げです。



真鍮の取っ手もいい感じですね。
全体的な直線のディテールに合わせて、角取手をお選びいただきました。

お好きな椅子やスツールと合わせて、



沢山の学びの場として、
頑張ってね!と期待を込めた、親から子へのプレゼント。無理しても大丈夫。木がきっと癒してくれます、、


おこさんのデスクを
ご両親が引き継いでお使いになられる方も無垢では多いと感じています。

ぜひぜひ末永くお供させてください。

無垢材サイドテーブル

2018/03/10
ひさしぶりにカメラを手に取って、
目に入ってきたのはちいさなサイドテーブル。

本当はソファやパーソナルチェアに合わせた方がいいですが、
今回は椅子にて。
こちらウォールナット材。

真鍮のテーブルランプともよく合います◎

チェリー材、明るく元気な印象が魅力です。
時間の経過とともに、落ち着いた飴色へと変化してゆきます。


オークも負けじといい感じです。
光が当たると爽やかですし、夜は穏やかに落ち着きます。

どの素材もよいので、
店頭にて見比べていただけます。

キャスター付きなので、そのあたりの動作もぜひぜひご覧ください。

 

ふじい製作所 個展開催 2018/3/16fri – 25sun

この冬は比較的おとなしく過ごし、
時間がゆっくりと流れていくように感じていました。
ひさしぶりのお伝えですが、皆さんお変わりないでしょうか。

すこしずつ風の冷たさや朝晩の冷え込みなども変わり、
荒れ模様も含めて、あぁ、春来るな‥と感じている方も多いと思います。

さて、気温と共にテンションもあがります。

〝ふじい製作所〟さん個展開催いたします!
まだまだ荷物の到着がないのでこの1枚でのご紹介となります。

ヤマザクラのトレイ、
ツルツルでとても滑らかなに仕上げられています。

やっぱり日本人。
サクラは華やかで落ち着きもあって、美を感じる素晴らしい材です。

他にも、
木皿、
コーヒーキャニスター、
お盆、
トレイ、
お箸、
お弁当箱
豆皿、
など多数ご覧いただけます。

せっかくのよい気候になると思いますので、
散策がてら、お手に取ってご覧いただけましたら幸いです。

2018年 3月営業日時のお知らせ

気分を新たに、3月のお休みをお伝えさせて頂きます。


1(木)、6(火)、7(水)
14(水)、15(木)、20(火)、26(月)、27(火)

とさせて頂きます。
16-25日に個展を予定しおりまして、イレギュラーとなりますが、
どうぞ宜しくお願いいたします。

テーブル、チェアご納品。

2018.2.27.
2月も僅かとなり、春の気配を感じる季節となりました。
まだまだ寒暖差、そして花粉症、私は喘息がでやすいので気を付けないとですね。

さて、埼玉県D様邸へ、
先日オーク材のダイニングテーブル、ペーパーコードのチェアをご納品させて頂きました。

配送時間とスケジュールが合わず、
今回は工房にて職人さんに撮影いただいた1枚。

制作には数か月、
いきものを扱ううえ多少遅れたりもある中で、
快くお迎えくださいました。

毎日家族と食事ができること、
あたりまえのようで、とても幸せなことです。

テーブルや椅子は、その場所や時間を長く支える土台のようなもの、
ご遠慮なくお使いいただきたいです。

仕上げは〝オイル仕上げ〟
オスモさんのノーマルクエイアーというオイルを使用しています。ウレタンのような薬品は使っておりません、、木であって木でなくなってしまうので‥。

10年後、20年後、オイルの無垢材はその家族にしか出せない〝味〟がでてきます。
お嬢さんがつけた傷は、結婚するころには涙がでるものに変わるのではないでしょうか。
ものを通し記憶がよみがえったり、そんな経験はございませんか?

ぜひ、ご家族の皆さまとともに木も逞しく成長していっていくことを願っています。



森井隆介さん。カッティングボード入荷のお知らせ

今回初となる家具職人〝森井隆介さん〟のカッティングボードが、
初の入荷となりました。

長く家具製作を経験され、昨年東京青梅市にてご自身の工房を構えられました。
確かなスキルに加え、温和で優しく力持ち。そんな印象を感じ、ぜひお願いすることとなりました。
そうなんです、いつもお人柄から‥なのです。

今回は、まずカッティングボードをつくっていただきました。
大きめのサイズを希望しており、切ったパンや食材がそのままプレートとして
置けるものです。



我が家は毎朝アボガドレモン、
気に入っています。



持ち手のRが握りやすく、手にかかり運びやすいです。
もっとおしゃれな使い勝手も沢山あると思いますが‥!
実用面でも活躍してくれます◎


木取りも好みで、
面取り、仕上げもよくて安心してお使いいただけます。

こちらもonline shop・店頭にてご覧いただけますので、
どうぞお気軽にお声がけください~!

2.23 20時よりonline shop更新のお知らせ

2018.2.22
今年は平壌オリンピックが面白いですね。
日々努力を重ねている方が結果をだす姿に毎度感動しています。スポーツはいいですね。最高です。

さて、ひさしぶりの入荷がまとまりましたので、online shopの更新をいたします。

<日時:2/23(金)20時~>
online shopはこちらです

入荷のアイテムはこちら、加賀雅之さん。
Pan皿、Onigiri皿、一輪挿しなどです。

他にもconoguさん制作のスープカップ、カトラリーなどもご用意しています。

寒波の中での制作は本当に大変だったことと思いますが、
その分、温かみを感じる木の道具が仕上がっております。

どうぞお気軽にご覧くださいませ。。
もちろん店頭でもお声がけいただけましたら幸いです。

PAGE TOP