Notes

1歳4か月。

2020.12.26
娘も自由に歩けるようになり、
言葉の理解もよくなってきました。

先日いただいたお休みはまた公園に、

はじめてのシャボン玉、
つかみたくてしょうがないね。

クリスマスはおうちで。
妻が葵葉ようのケーキをつくってくれました。
生クリームはまだだめなので、ヨーグルトのケーキです。


じーっ


わしづかみケーキでハッスルし、
食べ過ぎて寝てしまった。

1歳児ですが、
木の器、カップ、お盆を好んでいます。

大人が使っているものを欲しがりますよね、
全力で笑。

国立天文台。

2020.12.10
ひさしぶりのオフ、
近くの国立天文台へ。



プラネタリウムや望遠鏡などの施設は休業中でしたが、
絵本の家をすこしみて、



家族でお散歩して、

歩くの大好きね。

原生林に近い森に囲まれ、
空気がとても綺麗なところ。

またこよう、、ばいばーい 

萩原英二 web展12.11.21時~

2020.12.8
こんにちは、
寒さがすこし和らぎ、ぎっくり腰からも復活してきました。
12/11 21時~萩原英二さんのweb展、
なんとかなりそうでホッとしています笑。

来週から寒さ戻るそうなので、
どうか皆さま、体調などお気をつけ下さいませ。


さて、大まかなラインナップのご紹介してゆきますね。
解説、サイズ、価格は当日アイテムページにてご確認頂ければと思います。

・ハンドル型テーブルbox 小と大、

曲げ木、木組み、
いろんな技術がつまっていますが、
とてもシンプルな木の道具。

カップや調味料入れ、小物入れなど、
ご自由にお使い頂けます。

正面からも見てみましょう、
上段です。

ここにございませんが…、
同じような仕様で、カトラリーbox/レターboxもございます。

ちなみに、
萩原さんはクルミやウォールナットをメインでつくられています。

・花器、キャンドルスタンド、壁面はしご花器
其々の個性感じられますね、


クルミの花器、
中に鉄製の針山があり、生けやすいです。

キャンドルスタンド、
ガラス付き。
火つけてみましょうか、

クルミの質感、
高さがあるのと、ガラスがいい雰囲気をだしてくれます。

こちらは梯子花器、


お部屋でのインパクトとてもあります。
真鍮との相性もいいですね、

中の筒も真鍮となります。


・白漆/クルミの菓子台

Φ250あります、
クリスマスケーキ、タルトやフルーツなど、
楽しいひとときの道具ですね。
安定感もあっていい感じです、、

・たまご型カッティングボード


クルミです、
ふっくら可愛らしい感じです。

こちらは持ち手、アクセントいいですね。

カッティングボードは厚みが20mmくらいでないととても反りやすい。
そうするとすこし重くなりますので、このようなハンドル仕様はとてもおすすめです。

・ちいさな木箱、バターケース
小箱はチーク材で刳り貫いたもの、


山桜のバターケースは、
木を組んだもの。ちいさなヘラ付きです

同じ箱物でも、
まったくつくりが変わりますね。

日本の箱もの文化、ぜひ残してゆきたいです。

・木の匙、白漆の八角皿
今回数種類の匙をつくってくださいました。

コーヒー豆スプーン、


八角皿/表白漆・裏クルミ木地


フォークは別の作家さん、
コースターはオリジナル開発中のもの、
りんごのタルトは妻へのお土産です。

細やかな彫り跡、
すこし荒々しさがあるのも味わいです。

漆なので、気兼ねなくお使い頂けます。


集合してみましょうか、

大きな匙はカレーやシチュー用の匙です、
スープスプーンもございます。

萩原英二さんのイベントは今回初となります。

師走のお忙しい時期に恐縮ですが、
どうぞお楽しみながらご覧くださいませ!

スヴェイル
店主

萩原 英二 web展開催のおしらせ

2020.12.4
こんにちは、
今年もあと1か月を切りました。

コロナ禍の中で、大変な1年だった方も多いと思います。
私達も個人のお店なので、
当初はどうなることやら…と心配が尽きませんでしたが、
お陰様で、健康を維持しながらご提供させて頂いております。

改めて感謝申しあげます。

さて、今年最後のイベントとなります、
〝萩原英二web展〟

どこか個性が光る萩原さんのものづくり。
繊細なところとクルミの素朴さ、たまに見せる荒々しさなど、
妙に懐かしく感じるものたちです。

主なラインナップ
・テーブルbox 
・カトラリーbox
・レターbox
・八角皿
・オーバル皿
・カトラリー(スープスプーン、ジャムスプーン、バターナイフ、ケーキサーバー、シチュー用匙等>
・キャンドルスタンド
・カッティングボード
・菓子台
・花器
・はしご花器
・バターケース
・刳り貫き小箱

などとなります。
上からも見てみましょうか、


今回は個別のご紹介を割愛させていただきます、すみません、、!
価格、サイズなど当日ご覧頂けましたら幸いです。

ではでは、
年末お忙しいかと思いますが、
息抜きを兼ねてぜひご覧くださいませ。

——————————————————————–
萩原英二web展
☑2020.12.11 fri –  12.19 sat  
☑店頭休業中です
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
☑ご注文後のお支払い変更はシステム上お受けできませんので、
予めご了承くださいませ。


ちいさな一歩。

2022.12.4
娘は1歳3か月になり、歩くのが楽しい日々を送っています。


帰ろうとするとまだまだ、
体力の限界まで歩く姿は活力そのもの。

走るようになったら、追いつけるかな…

ぎっくり腰の40歳にはきつい。


大きな木に囲まれて。

2020.11.18
近くの野川公園へ。

ゆっくりと紅葉もはじまり、冬への準備がはじまりました。

どこか懐かしく、切なさも感じたり、落ち着いたり。
人の世はどんどん変わりますが、
木は変わらず、そこに立ち続けじっとがんばってんだな、
と感じたりしています。

最近は週に一度くらい、こちらにきています。
素晴らしく大きな公園です。
なにもないですけど笑

葵葉の歩く練習も兼ねて、
1歳3か月、すたすた歩きはじめました。

















2020.11.19 21時~ web更新

2020.11.15
こんにちは、
今年は秋晴れが多く、気候としてはとても過ごしやすいですね。
2020年も1か月半となりました。

先日まで、フナハシトモハルさんのweb展をご覧頂き、
またお求めくださった皆様、誠にありがとうございました。
メールやインスタのDM,タグ、プレビューとお声がけいただいたり、お見かけするととても嬉しい気持ちになります。
ぜひ、沢山お使い頂き、美味しいごはんで心も体もなるといいです。


さて、そんな余韻もありますが、
クリスマスものが絡みますので、月末web更新を1週間早めます。

☑11/19 thu 21時~
☑店頭休業中
☑発送に3,4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
☑ご注文後のご決済変更はお受けできませんので、予めご了承くださいませ。

ラインナップ、いきましょう!

・ギザギザの針葉樹、モミの木、サンタさん


コロナ禍で心配でしたが、
遥々ドイツよりやってまいりました。
ベティーナ・フランケ工房さんのサンタたち。

モミの木は、S,M,Lと3サイズ。

ギザギザ針葉樹は、5サイズもございますが、
詳細寸法はwebshopにてご覧ください。

こちらは、正面よりもやや上からの眺めがいいです。


今年はゆっくり、
おうちでクリスマスがいいですね。

・青庭製作所(岡山県)川本知史さん
今回クリスマス限定のシェーカーボックス、
ホワイトカラーボックスをおつくりいただきました。
メープルの木肌が滑らかすぎて、気持ちがいいです。

人気のカトラリースタンドも再入荷となりました!
オーク材左とチェリー右です、

また、マグカップも新たにおつくりいただきました。


こちらはオーク材ですが、
ウォールナットもございます。

すこし肉厚で木の感触を存分に味わえます。
川本さん、素晴らしいものに仕上げてくださいました。
いつも試行錯誤を繰り返す姿がとても懸命で、印象的な作家さんです。



・藤野智朗さん(長野県)
久しぶりの入荷となりました!
人気のカップたち、
スープカップ、
お椀、
マグカップ、
山桜のコースター、カッティングボードΦ240、
大き目のピックフォーク
盛りだくさんです、

心も体も暖まるカップたち、
ケーキやパンなどにも使えるカティングボード、
コースターもひさしぶりですね!

特にお椀は我が家でも大活躍、
豚汁やお茶漬け、丼ものと頻繁に愛用しています。

藤野さん、いつも気持ちよくつくってくださるので、
こちらも嬉しくなってしまうくらい気持ちの良い方です。

・ふるいともかずさん(京都府)
ちいさなテーブル〝ざぼん〟が再入荷となりました。



Φ330→チェリー、ウォールナット、クリ
Φ300→ウォールナット

となります、
数点ずつですのでご希望の方お早めに…、

クリは初めてですね、

表面もさりげない彫りがあってとても雰囲気があります。

年末年始はお茶にお酒と、
こちらでゆっくりお過ごしいただけます。

・ハンドルボードs、サラダボウルΦ200、輪花盆Φ240/Φ300
今月のラインナップとなりますが、
サラダボウルがデビューとなります、


栃の木ですね、
色んな色素を持った木ですが、基本明るめの爽やかな感じです。

ずっとつくりたかったので念願です、
仕上げはガラスコーティングにしました。
撥水効果、高いですね。
それでも完璧なコーティングではないので、
表面はオイルを軽く塗ったり、経年変化も楽しめます。
素晴らしいですね、ガラス塗料。

我が家もサラダボウルは毎日愛用しています。

輪花盆Φ240、
こちらは彫り有、無しと数点ずつとなります。


最近はお茶時間を大切にしているので、
Φ240もつくりたかったです。

Φ300はひとり膳にぜひぜひ、、

ささっとご紹介させて頂きました!
其々の特徴がとても感じられると思います。

ぜひお楽しみ頂きながら、ごゆっくりご覧くださいませ。


休日。

最近の休日は専ら近くの公園です。
娘の歩く練習も兼ねて、、
陽ざしを浴びています。


もう1歳2か月、
言葉の理解もはじまり、
意思もでてきました。

できるだけ一緒にいて、
全力で遊ぶようにしていますが、
40過ぎの体力低下はいなめません。

世のおとうさん、おかあさん、
皆さんタフですね。

自分もがんばらないといけません!

鍛えようかな…、、

追加便。

2020.11/5 21時~のフナハシトモハルweb展に向け、追加の木瓜皿、亀甲皿が入荷となりました。

こちらは亀甲皿、

流線的で山桜とも相性良く、とても美しいです。

こちらは木瓜皿、
入隅が深くてメリハリありますね、
どこか動物的な柔らかさを感じます。

フナハシさん、
最後まできっちりつくってくださいました。
とても真面目で誠実な方です、集中力・継続力が凄いですね。こんなにたくさん、中々つくれないと思います。

それでは、web展ぜひぜひお楽しみに…!!

———–

世の状況は以前コロナ禍、
北海道、大阪など全国的に感染増えているようですね。gotoしましたから、予想の範囲内でしょうか。

いつの間にか慣れてきた風潮をすこし懸念しています。経済との両立もあるので、難しい局面です。

個人的な経験ですが、15年前入院時に人工呼吸器の経験があります。
ほんとうにくるしかった、
もういい、と思えるほど嫌な記憶。
その後ショックからか2か月原因不明で声がでなくなりました。

その時の後遺症は今も体に残っていて、うまく付き合うようにしています。
ぜんぜん元気ですが笑。

一度病にかかると、とても、とても面倒です。
ですので、皆さんどうかお気をつけて、、
ご自身とご家族と、大切な方を普段の行動からお守りくださいませ。
最後は自分次第、そう感じております。

一度本気でお伝えしたかったので、
この場をお借りして。

店主

フナハシトモハル web展 11/5 21時~

2020.10.30
朝晩とだいぶ気温が下がってきましたね。
今年も残りわずか、1日1日を大切にしながら…ですね。

さて、〝フナハシトモハルweb展〟開催いたします。
——————————————-
☑2020.11.5.thu 21時~ onlineshopにて
☑店頭休業中
☑発送に3、4日頂く場合がございます
☑ご注文はお纏めにてどうぞ宜しくお願いいたします。
☑ご決済後の支払方法変更はシステム上承れませんので、予めご了承くださいませ

では、ラインナップのご紹介をしてまいります。
まだ第一便のみです!

まずは大まかに、
サイズや価格は当日のアイテムページにて、ご覧くださいませ。

・輪花皿

なんと7サイズ(本当は1番ちいさなサイズがもう1枚、忘れました笑)、
揃いました。

輪花のディテールが美しいですね、
木目の優雅さは大きいほど感じて頂けると思います。
樹種は、サクラ、チェリー、クリ、ウォールナットが混在します。

一番小さなサイズはΦ123~大きいものはΦ305迄、
こちらはΦ184、


実例はできるだけ、
同じものを使用しました。

比較しやすいのと、
時間の余裕がないのと…両方です!


・角丸トレイ/オーバルトレイ



こちらも沢山揃いました。
曲げ木の技術を活かしたトレイ、

このように銅の釘で仕上げられています。
すっきり軽やかですね、
この写真以外のサイズや樹種もございます。

こちらは、オーバルトレイの大サイズ、
(一番大きいのは特大というのもあります)


お茶セットがゆったり、
ひとり膳としてもお使い頂けます。

・輪花小皿、彫り有3種。


其々の個性、溢れていますね。
裏面はこちら、


フナハシさん、
裏面も素敵にけずってくださいました。
見た目も手触りも◎

・生木のボウル、


生木というのは、
乾燥前の材を使用し、乾くにつれ木が動くのでその自然の動きをそのまま形にしたもの。

つくってみて、
どのような形になるかが見えてきます。

こちらはクヌギ、木目が個性的で可愛いですね彡


4人家族様~に丁度良さそうです。

奥は山桜の大きくて、深いボウル。
このサイズは初めて見ましたが、素晴らしい存在感。

こちらは一番ちいさなサイズ、


我が家はこのくらいかな、
3人家族ですし。

ちいさいのも、使い勝手良さそうです。


・シェーカーボックス
オーバルボックスとも呼ばれますね、
まさか今回入荷するとは…!


オーク、
オーク鉄媒染、
ウォールナット、
曲げ木の小箱、
といったラインナップです。

ほぼ1点ものとなります。

あ、右端にコンポート皿(台皿)もございます。

表情はどれも穏やかでいい感じです。
写真はすこし反射しましたけど!

小箱は、このような蓋や、

こんな貫禄も、

こんな可愛さもございます。
其々1点ものとなります、


・丸盆


シンプルな丸盆。
Φ260→クリ、
Φ300-310→栓、カツラ

フチの丸みに厚みがあり、
とても優しい持ちやすさ。

どこかさりげなく気のきいたところが
フナハシさんらしいつくりです。

続いては、
・リム盆/隅切盆


大きな一枚板を深く刳り貫いてできたお盆たちです。

正方形はややリム仕様、


これは凄い、、
はじめてですね。

ひと手間どころではありませんね笑

長方形の盆もとてもいい感じで、
其々鉄媒染なので、木目が活きるのがいいですね。

そう、木は木目が命です。


最後に、
・山桜の五角小鉢

裏面が星形で…、、


素敵すぎます。

もちろん正面も、


見事な美しさ◎、
言葉いらずですね、

眺めるだけで十分癒されます。




さてさて、
現在hpを制作中ですが、
今回はページ数が多く、見ごたえあると思います。

今年はコロナ禍の影響で、
少なからず皆さま大変な思いをされた方も多いと思います。

でも、色んな気づきもあったはず。
家族や大切な人とのひと時、
普段当たり前におもっていたことの有難さ、
すべてを糧に、
と思えばなんてことないと思ったりもします。


ではでは、
美味しいごはんを食べると自然と力も湧いてきますね。
ぜひ、今回のweb展も楽しいご飯を想像しながご覧いただければと思います。


店主

PAGE TOP