Notes

森井隆介さん。カッティングボード入荷のお知らせ

今回初となる家具職人〝森井隆介さん〟のカッティングボードが、
初の入荷となりました。

長く家具製作を経験され、昨年東京青梅市にてご自身の工房を構えられました。
確かなスキルに加え、温和で優しく力持ち。そんな印象を感じ、ぜひお願いすることとなりました。
そうなんです、いつもお人柄から‥なのです。

今回は、まずカッティングボードをつくっていただきました。
大きめのサイズを希望しており、切ったパンや食材がそのままプレートとして
置けるものです。



我が家は毎朝アボガドレモン、
気に入っています。



持ち手のRが握りやすく、手にかかり運びやすいです。
もっとおしゃれな使い勝手も沢山あると思いますが‥!
実用面でも活躍してくれます◎


木取りも好みで、
面取り、仕上げもよくて安心してお使いいただけます。

こちらもonline shop・店頭にてご覧いただけますので、
どうぞお気軽にお声がけください~!

2.23 20時よりonline shop更新のお知らせ

2018.2.22
今年は平壌オリンピックが面白いですね。
日々努力を重ねている方が結果をだす姿に毎度感動しています。スポーツはいいですね。最高です。

さて、ひさしぶりの入荷がまとまりましたので、online shopの更新をいたします。

<日時:2/23(金)20時~>
online shopはこちらです

入荷のアイテムはこちら、加賀雅之さん。
Pan皿、Onigiri皿、一輪挿しなどです。

他にもconoguさん制作のスープカップ、カトラリーなどもご用意しています。

寒波の中での制作は本当に大変だったことと思いますが、
その分、温かみを感じる木の道具が仕上がっております。

どうぞお気軽にご覧くださいませ。。
もちろん店頭でもお声がけいただけましたら幸いです。

入荷のお知らせ

2017.02.02
今年2度目の雪、
いちばん寒い時期となりました。
できるだけ体を動かし、温かいものを食べて春を待ちわびているところです。

さて、このような寒さの中でもつくってくださいました、、
手作業の多いものたちですので、作家さんたちはとても大変だったかと思います。

酒井桂一さん
レンゲ匙、木べら、ジャムスプーン、とりわけ匙

殆どがヤマザクラです。
ジャムスのみウォールナット材もございます、、

我が家でもレンゲと木べらはほぼ毎日使用しています。
ジャムスはデザートスプーンとしても◎

続いて人気の花カベも到着しています。
菅原博之さん(奥様のわかこさんも!)お二人で凄いご夫婦です。


左から、
ウォールナット
サクラ
オーク
メープル
となります。

銘木たちですね、、
ご存知の方も多いと思いますが、画鋲を壁面に挿し、本体裏のマグネットをあてて、壁面に取り付けています。

最後はこちら、
陶器ですが竹口要さんの豆皿、箸置きを入荷しています。


木のものとよく合い、個人的に使っていてとてもよかったので、ご無理を言い制作をお願いしたものです。
こちらは初めてということもあり、今回は店頭のみとさせていただきます。

その他はonline shop・店頭どちらでもご覧いただけます。
どうぞご覧いただけましたら幸いです。


2018.2月 営業日時のお知らせ

2018.1.23
元気でパワーがあるからこそ生まれた雪だるま。
目の前の公園でどなたかがつくったみたいですね、、

丸々太っています。
き、気を付けなくてはいけないですね。最近私太ってきました。

さて、2月のお休みはこちらです。

6日(火)、7日(水)、13日(火)、14日(水)、20日(火)、21日(水)、28日(水)とさせていただきます。

2月から徐々に納品が増えてまいります。
どうぞお楽しみにして頂けましたら幸いです。

まだまだ寒いようですので、
皆さんどうかお体お気をつけください。

カッティングボード

ひさしぶりにカッティングボードを制作しました。
手作業の多い木工品、
30分も彫り続ければ体が暖まってきます。

今回は1枚だけですが、ヤマザクラの大きいサイズつくりました。
少し荒々しい感じで雰囲気がよいです。

王道の形はとても使いやすく、おすすめです◎

春にはもう少し多くお目見えしますので、
どうぞお楽しみに。。

家具、無垢、テーブル。納期のお知らせ。

まだまだ寒い日が続きますが、
一足先に少し春の気配を感じます。


それはきっとお引っ越しの方とお話しする機会が多いからかもしれません。

せっかく毎日を共にするもの、ですので本当に気に入ったものと出会えるといいですね。

現在、テーブル、収納、椅子のオーダー制作は約4か月~を頂いております。

ひとつひとつを懇切丁寧に作らせて頂きますので、何卒ご了承くださいませ。


花の匂い。

最近はセールにでかけても手ぶらで帰り、
花屋や材木屋にいくと、異様にテンションがあがります。

店内の枝を入れ替えて、、


花の匂いに春を感じて。
とにかく寒さに負けず、健康だけは気を付けていきましょう。

花の名は、ライラック…だったかな?

無垢材、テーブル。

2017.12.05
すっかり寒さも定着してきましたね。
来春に向けて、新たな準備をされる方が増えてきました。

環境だけでなく、実際触れる家具が変わるとお引っ越しの実感がとても湧いてきますね。

スヴェイルでは、間取りのご相談やレイアウトプランを無料で行っております。
ごゆっくりのご相談はご予約いただけますと打合せ場所をご準備いたします←お店が狭いので笑。

テーブルに関しては、
・樹種、
・サイズ、
・天板仕様(形や彫り入れ)、
・場合によっては足の仕様、
・高さ、
など意外と選択肢が多いものです。

というのも、体やお部屋にあっているかどうか、
この先何十年とお使いになるうえで微調整は欠かせないものとなります。

こちらは丸テーブル、オーク材です。
φ900~1300くらいまで制作いたします。


丸はリラックス度も高く、1~4名様に最適でしょうか。たまには増えても囲めます。

サザエさんのような団らんを思い浮かべるとイメージしやすいでしょうか。
オーク材は空間があかるくなり、表情も穏やかに感じます。

続いてこちらはウォールナット材。
時間をゆっくりと感じる落ち着きあるダイニング空間をつくれます。
上のオーク材とガラッと印象変わりますね、光の吸収率も変わります。



よく量販のものと何が違うのですか?とご質問をいただきますが、とても簡単なことです。

それは、〝材料費〟と〝加工費〟です。

天板の接ぎ目を見ていただくと、板幅が均一なものとランダムなものが出てきます。

悪いことではありませんが、
ランダムのものは端材のような板も使えてしまうので、格安です。

しっかり揃っているものは、職人が一枚一枚セレクトしてその目にかなった板に厳選しておつくりいたします。考え方の違いですね。材を余すことなくつかうこともよいですし、毎日目を合わせる表情に拘るのもよいと思います。スヴェイルは後者となります。もちろん材は大切に、最後までありがたく使わせてもらっていますが…、、

もう一点は加工費。
家具業界における安さはほぼアジアの安い人件費、職人ではないですし分業制でつくられたもの。効率重視ですね。安心なのは、誰がどこでつくっているかということ。お洋服でも食材でもみ~んな同じです。食品偽装などよく見かけますが、家具はニュースになりません。
安くていいものも多いですが、いちばんの違いは〝メンテンナンス〟できないことですね。

10年後、日本はゴミだらけになるといわれています。
皆さんはどんなビジョンを持って家具を選ばれていますでしょうか。

職人は自身がつくったものを子供を送り出すような気持ちになるといいます。
だからこそ、何かあれば必ず直す、削り直す、など必ず何十年と心地よく使えるようにいたします。

できれば、皆さんにはその家具たちに、
思い出を刻んでほしいのです。

例えば、おこさんが20歳に成人し、
就職し、
結婚するとき、
お孫さんが生まれ、
笑って、泣いて、などなど。

テーブルに触れて幼い記憶が戻るような、
そこにひとつのものがあることで、かけがえのないものになることを願っております。

ほぼ独り言のようなお伝えですが…
とにかく毎日を共に過ごすもの。いい出会いのお役に立てましたら幸いです。

長文失礼しました。


webshop更新のお知らせ

新年早々、入荷がございましたので
webshopを更新させていただきます。

□1月6日 20時~
□入荷アイテム
高塚和則さんの花型コースター、オーバル皿、ひとり膳丸・角
藤野智朗さんのカッティングボードなど様々です。

 

 

こちらよりご覧いただけます☆彡

木の道具で食卓に温かみがでることを願っております。
お気軽にご覧ください、、

2018年。

新年、あけましておめでとうございます。







この木のようにしっかりと地に足付けて。
枝を伸ばして元気が皆さんに届きますよう、夫婦で力を合わせたいと思います。
どうぞ今年も宜しくお願いいたします。

PAGE TOP